音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ヘッドホン

    XUELIN IHIFI780 安価なDSD対応DAP! 1万円台前半!  2017年03月13日

    NuForce HEM1 シングルBAながらハイレゾ対応イヤホン!  

    Boco WR-3 CL-1001 他、世界初、ハイレゾ級骨伝導型イヤホン「EarsOpen(EO)」!  2017年03月11日

    PHILIPS Fidelio M1 あえて狙う旧機種?  2017年03月08日

    SENNHEISER HD 4.40 BT 同社にしては手頃なBluetoothヘッドホン!  2017年03月07日


    IHIFI780は中国のメーカー・XUELINによるリーズナブルなDSD対応ハイレゾDAP。国内ではアマゾンと東映無線ラジオデパート店で発売中。東映無線ラジオデパート店では11,980円 (税込)、アマゾンでは13000円台程度で発売。

    この価格にしてDSD64/128/256にまで対応するのが魅力です。
    【XUELIN IHIFI780 安価なDSD対応DAP! 1万円台前半!】の続きを読む

    WR-3CL-1001

    BoCoは、クラウドファンディングサービスのGREEN FUNDING by T-SITEにおいて、耳を塞がずに音楽を聴ける上、“ハイレゾ級”の高域特性を持つ骨伝導イヤフォン「EarsOpen(イヤーズオープン)」の先行販売を開始。

    【Boco WR-3 CL-1001 他、世界初、ハイレゾ級骨伝導型イヤホン「EarsOpen(EO)」!】の続きを読む


    生産完了オーディオ製品情報。PHILIPS Fidelio M1はフィリップスの上級ヘッドホンの製品ライン・Fidelioシリーズ第一弾として2012年に発売。オンイヤー密閉型として折り畳み対応と、ポータブル使用も意識したモデルです。

    低音反響スピーカーシステム(バスレフレックスシステム)の搭載により、力強く高音質な重低音を体感できるとしています。また、締め付け感のないイヤーパッドを採用し、長時間着用していても疲れにくいとしています。

    【PHILIPS Fidelio M1 あえて狙う旧機種?】の続きを読む


    ゼンハイザージャパンは、Bluetoothヘッドホン「HD 4.40 BT」を3月16日に発売。オープン価格で、実売18500円程度の予想。

    ゼンハイザーのBluetoothヘッドホンのエントリーモデルで、これまでの機種より手頃な価格であることが魅力。

    Bluetoothのバージョンは4.0で、aptXコーデックにも対応。NFCによるワンタッチペアリングにも対応。フル充電で約25時間使用できるロングバッテリーも特徴。

    ヘッドホン本体は折りたたみ式を採用し、コンパクトにたたんで携帯、収納することが可能。付属ケーブル(1.4m)での有線接続も可能。

    型式はダイナミック密閉型、周波数特性は18Hz~22kHz、インピーダンス18Ω(パッシブ時)、音圧レベルは113dB。質量は約220g。キャリングポーチ、充電用USBケーブルが付属。

    典型的なゼンハイザーのヘッドホンのデザインを踏襲しているので、ブランドを知っている人にとっては違和感のない仕上がりです。

    有線接続も可能なので、ゼンハイザーの手頃なクラスの密閉型ヘッドホンとして使えます。ただ、ゼンハイザーを知る人にとっては、この価格で、Bluetoothまで備えたゼンハイザーの密閉型となると、それなりの音質に留まるのではないかという懸念もありそうです。

    始めてゼンハイザーを使う人にとっては、これがゼンハイザーの音なのかと刷り込むことになってしまうのも気になります。ゼンハイザーは開放型がメインであるのですが、最近のBluetooth、ノイズキャンセリング機能への需要は、そうした背景を薄くしてしまうような動きにも思えます。

    【SENNHEISER HD 4.40 BT 同社にしては手頃なBluetoothヘッドホン!】の続きを読む

    このページのトップヘ