音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ヘッドホン

    WH-1000XM2 購入者の感想続々!MDR-1000Xとの比較、違いは?  2017年10月08日

    audio-technica ATH-MSR7SE 実力派ヘッドホン限定機!バランス・リケーブルは不可!  2017年10月07日

    ゼンハイザー HD598SRがまた15,000円とお安く!【プリンの色違い?】  2017年10月06日

    ATH-ADX5000 価格約24万円、発売日11月10日に決定。  

    B&W PX ブランド初のBluetooth&NC対応ヘッドホン!aptX HD対応!  2017年10月05日

    TB

    ソニーのワイヤレス・ノイズキャンセリングヘッドホン新機種・WH-1000XM2。

    MDR-1000Xの後継機で、結構新機能が追加されていますが、どうもヘッドホンとしては同一で、内蔵アンプも同じようです。つまり、こと音質のみで見ると同じ。ただ、イヤーパッドが変わっているという話もあり、そうなると単に装着感が変わるでは済まないのが普通で、音にも若干の影響はあります。

    WH-1000XM2の詳しい内容とMDR-1000Xとの違いについてはこちらでご紹介済みです。
    SONY WH-1000XM2 国内発表!

    10月5日には予約注文者への到着が始まり、早速、音質、使い勝手の感想、レビューがネット上に上がってきています。ただ、今回同時発表された他の「1000X」型番モデル2機種(WF-1000X、WI-1000X)よりも目新しさがなかったためか、数は少ない印象です。実際、驚くほどの変化も少ないようです。

    それでもこれまでMDR-1000Xに興味があった人にとっては重要なものになるかもしれません。




     MDR-1000X

    引用元: ・【SONY】ソニーのヘッドホン Part60【MDR】

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1506742486/ 【WH-1000XM2 購入者の感想続々!MDR-1000Xとの比較、違いは?】の続きを読む

    TB

    オーディオテクニカは、ハイレゾ再生対応オーバーイヤー密閉型ヘッドホン「ATH-MSR7」に、特別仕様の限定モデル「ATH-MSR7SE」を追加。発売日は10月20日で、価格はオープン。実売予想価格は35,000円前後。ベースモデルとの違いも交えながらご紹介。
    【audio-technica ATH-MSR7SE 実力派ヘッドホン限定機!バランス・リケーブルは不可!】の続きを読む

    TB

    この7月のアマゾンプライムデーで約15000円の安さで話題になった、ゼンハイザーの開放型ヘッドホン・HD 598 SR(ブラックカラー)。ヘッドホンの超定番でプリンと称されたHD 598(生産完了)あるいは現行品のHD 599同等品(音質に関わる部分は。ヘッドバンドがHD 598とは違うとか)ながら、それらよりも5千円以上も安く買えるということで話題となったのでした(普段は21000円程度)。その色からプリンと言われたHD 598の色違いとも言えるもの。

    しばらくこれだけの安売りは無いと思っていましたが、なぜか今、また15000円で販売されています。いつまでこの価格で販売されるかわかりませんが、この価格で欲しいと思っていた人はチャンスでしょう。





    【ゼンハイザー HD598SRがまた15,000円とお安く!【プリンの色違い?】】の続きを読む

    TB

    海外での参考展示にてその存在が明らかになっていた、オーディオテクニカの新フラグシップ開放型ヘッドホン・ATH-ADX5000。国内での正式発売が決まりました。オープン価格で実売約24万円、発売日は11月10日です。
    【ATH-ADX5000 価格約24万円、発売日11月10日に決定。】の続きを読む

    このページのトップヘ