音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ヘッドホン

    audio-technica ATH-M60x オンイヤー密閉型のモニターヘッドホン!HD 25が比較対象!  2019年01月11日

    WH-1000XM3 ほかAlexaに対応へ!  2019年01月10日

    Surface Headphones 日本でも発売へ!WH-1000XM3 / QC35 IIの比較対象足り得るか?  2019年01月07日

    イヤホン、ヘッドホンのバランス端子のゆくえ【2018年回顧】  2018年12月30日

    ATH-L5000 50万円のヘッドホンが限定分完売!?購入者の感想もご紹介!  2018年12月18日

    TB

    オーディオテクニカは、プロ向けモニターヘッドホン「ATH-M60x」を1月25日より発売。価格はオープンで、店頭予想価格は22,000円前後。

    密閉型オンイヤ—タイプで、既存のオーバーイヤータイプ「ATH-M50x」と同じCCAWボイスコイル搭載の45mm径ドライバーを搭載し、情報量の豊かな高解像度サウンドを実現するとしています。重量は220g(ケーブルを除く)で、M50xから約22%軽量化しているのもポイント。

    再生周波数帯域は15Hz~28kHz、出力音圧レベルは102dB/mW、最大入力は1,600mW、インピーダンスは38Ω。

    装着感がきつくなりがちなオンイヤー型ながら長時間の使用でも快適な装着感を実現するイヤーパッドとヘッドバンドを採用し、どちらもメンテナンス性を考慮して簡単に交換できるとしています。

    ケーブルは着脱可能で、3mカールケーブルと、長さが異なる2つのストレートケーブル(3m・1.2m)を同梱。いずれもプラグはステレオミニで、標準プラグアダプタも同梱。ポーチなどが付属。

    内容、価格からして明らかにゼンハイザーのオンイヤー密閉型モニターの定番・HD25を意識したもの。あちらは大変なロングセラーで定番の座も揺るぎないだけに、本モデルが新設計のアドバンテージを活かしてどのように戦えるのか注目です。装着性の程度も大いに気になります。


    【audio-technica ATH-M60x オンイヤー密閉型のモニターヘッドホン!HD 25が比較対象!】の続きを読む

    TB

    ソニーはCES2019において、Bluetoothヘッドフォンの「WH-1000XM3」、「WH-1000XM2」、「WI-1000X」の3機種を、1月末に実施するファームウェアアップデートにより、Amazon Alexaに対応させると発表。従来はGoogleアシスタントに対応していましたが、このアップデートによりAlexaも利用できるようになります。

    これにより、スマートフォンと連携した上で、ヘッドホンのボタンをタップし、Alexaに声で指示すると、音楽の再生やスマート家電の操作、ニュースなどを聞けるようになります。

    【WH-1000XM3 ほかAlexaに対応へ!】の続きを読む

    TB
    Surface_Headphones
    日本マイクロソフトはSurfaceブランド初のノイズキャンセルヘッドホン「Surface Headphone」の国内発売をアナウンスしました。1月29日より発売する。価格は39,938円(税込)。本日1月7日より予約受付が開始され、取り扱いは全国量販店グループ、Microsoft Store(オンラインストア)、全国の認定リセラー (法人向け)。

    【Surface Headphones 日本でも発売へ!WH-1000XM3 / QC35 IIの比較対象足り得るか?】の続きを読む

    TB
    2018年を振り返る。すっかりDAPの標準的装備として浸透した感のあるバランス・ヘッドホン端子。ただし、相変わらず規格は不統一で、2.5mm径陣営と4.4mm径陣営、さらには中国では3.5mm径陣営が出るなど混迷の度が深まっているようです。

    それでも、FiiOをはじめ海外メーカーは高級モデルを中心に4.4mm径側に傾いているような印象はあります。2.5mm径を引っ張る韓国のアイリバーと日本のオンキヨー&パイオニアがちょっと元気がなくなっていることも関係あるでしょう。

    ただ、ヘッドホンのバランスはいくらウォークマンの高級機で採用しているからといって、まだまだ一般に浸透しているとはとても言えず、真の意味での一般化が成されるかも不明です。

    第一、有線でのイヤホン、ヘッドホン端子の接続そのものがBluetoothワイヤレス接続にとって代わられ、線でつないで聴くこと自体が衰退するのは避けられない状況です。

    それでも、Bluetooth受信するバランス端子装備のポータブルヘッドホンアンプが登場するなど、ポータブルオーディオ業界もなかなかたくましいところを見せています。

    しばらくはバランス接続でイヤホン、ヘッドホンを楽しめる状態は続きそうです。

    【イヤホン、ヘッドホンのバランス端子のゆくえ【2018年回顧】】の続きを読む

    TB

    ATH-L5000
    38: 名無しさん┃】【┃Dolby (ササクッテロ Sp93-VFcb) 2018/10/25(木) 14:09:39.23 ID:IxtvnRjap
    L5000祭りで試聴できるってよ。整理券の15分だって


    引用元: ・audio-technica/オーテク ヘッドホン Part107

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1540023182/
    【ATH-L5000 50万円のヘッドホンが限定分完売!?購入者の感想もご紹介!】の続きを読む

    このページのトップヘ