音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    Venture Electronics VE MONK+ 1500円のインナーイヤー型イヤホン!  2016年06月30日

    Fidue A91 SIRIUS BA4基+ダイナミック1基のハイブリッドイヤホン高級機!  2016年06月28日

    Klipsch X10 値下げした“創立70周年記念パッケージ” 通常モデルは出荷終了  2016年06月27日

    Astell&Kern AK T8iE MKII beyerdynamicコラボイヤホン 早くも第2弾!  2016年06月26日

    イヤホン「アンドロメダ」 その名前に何があるんだよw  

    VE_Monk2

    Juice Bar(ジュースバー)は、中国Venture Electronics(ベンチャーエレクトロニクス)のインナーイヤー型イヤホン「VE MONK+」を7月初旬に発売。価格は1,500円(税込)。

    最近では珍しいインナーイヤー型イヤホン(イントラコンカ型)。開放型なので、音漏れが大きいですが、空間性の広さや、閉塞感の少なさが魅力です。

    既発売の「VE MONK」の音質を強化したモデル。

    ダイナミック型で、ドライバーのサイズは15.4mm径。磁気回路にはネオジウムマグネットを採用。ケーブルは直出し1.2mで、60芯OFC線を採用。再生周波数帯域は16Hz~23kHz(±10dB)。インピーダンスは64Ω(1kHz)。最大入力は1,200mW。

    感度が122dB(1mW)と高いのも特徴で、ヘッドホンアンプ部が比切りなスマホなどでも十分な音量が取れます。

    中央に穴があいたタイプと、あいていないタイプの2種類のイヤーパッドが付属。

    【Venture Electronics VE MONK+ 1500円のインナーイヤー型イヤホン!】の続きを読む


    DMRは、同社が取り扱いの“Fidue”から、ドライバー5基搭載のハイブリッドイヤホン「A91 SIRIUS(シリウス)」を7月1日から発売。価格は94,800円(税込)。



    【Fidue A91 SIRIUS BA4基+ダイナミック1基のハイブリッドイヤホン高級機!】の続きを読む

    Klipsch(クリプシュ)の創立70 周年を記念して、イヤホン「X10」の記念プライスパッケージを数量限定で、6月24日から発売。直販サイト価格では従来の26,800円から新たに19,800円(ともに税抜)へ値下げ。

    “創立70周年記念パッケージ”ブランド創立70周年を記念した特別デザインのパッケージを採用しているのが魅力。製品のスペックなどはX10同様。

    また、従来の「X10 Rev.1.2」は販売を終了することも発表されました。




    【Klipsch X10 値下げした“創立70周年記念パッケージ” 通常モデルは出荷終了】の続きを読む

    AK+T8iE+MkII

    アユートは、 Astell & Kernと、独beyerdynamicがコラボしたカナル型イヤホン「AK T8iE MKII」を発売すると発表。

    詳しい価格や発売日は未定ですが、海外での価格は999ドルで7月発売予定。

    イヤホンとして世界で初めてテスラ技術を採用し、11mmのテスラドライバーを搭載したことで話題となった「AK T8iE」のマークⅡモデル。

    beyerdynamicは、1テスラ(=10,000ガウス)を超える強力な磁束密度を生み出すテスラテクノロジーを搭載したヘッドホン「T1」や「T5」、コンパクトな「T51i」などを開発。その技術をイヤホンに投入したのが「AK T8iE」。テスラヘッド本の特徴であるリング型マグネットをイヤホンにも採用。口径11mmのダイナミック型振動板に、1/100mmと、非常に薄い振動板を採用しているのも特徴です。

    「AK T8iE MKII」は昨年発売した「AK T8iE」に対して、ユーザーなどから寄せられた多くの意見を反映させ、進化したという後継モデル。

    モデルでは、新たなボイスコイルを搭載。幾何学的に最適化されたコイルを採用するなどの工夫で、大音量時の振動板の駆動を最適化し、さらなる歪みの抑制が可能になったとしています。ボイスコイルは、40倍に拡大できるデジタル顕微鏡を用いて、手作業で取り付けるなどの手間がかかっているのも特徴です。

    ケーブルも変更された。本機のケーブルは一般的な銅線ではなく、ハイグレードなシルバーメッキ銅ケーブル素材を採用しています。

    MMCXコネクターも変更。高純度な金メッキを施し、プラグの中の形状も工夫することで接合性能を高めることで、高信頼性に加えて音質的メリットもあるとしています。

    物理スペックは前モデルと同様。周波数特性は8Hz~48kHz、インピーダンスは16Ω、感度は109dB。質量は7g(ケーブル含まず)。

    通常の 3.5mm/3極ケーブルに加え、2.5mm/4極バランスケーブルも同梱。AKシリーズのバランス接続対応機とバランス接続できます。

    イヤーチップは独自デザインのシリコンイヤーチップが5サイズ、コンプライが3サイズ付属。

    ダイナミック型1発の高級イヤホンが早くもモデルチェンジ。ベイヤーダイナミックでは「AK T8iE MKIIはベイヤーを代表するヘッドホンであるT1をイヤホンに置き換えたと言える製品」と胸を張ります。AKシリーズユーザーならずとも注目の逸品なのか、あくまでAKシリーズ向けのイヤホンなのかも注目点でしょうか。

    引用元: ・【50,000~】高級イヤホン専用スレPart18

    http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1462108763/ 【Astell&Kern AK T8iE MKII beyerdynamicコラボイヤホン 早くも第2弾!】の続きを読む

    460: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイ 433c-om3J) 2016/06/24(金) 22:20:15.49 ID:8pd+qb4m0
    ANDROMEDAってバランスケーブルついてないんだよな
    どうせJupiterから大した進化してないだろうし微妙

    CampfireAudio_ANDROMEDA

    引用元: ・【50,000~】高級イヤホン専用スレPart18

    http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1462108763/ 【イヤホン「アンドロメダ」 その名前に何があるんだよw】の続きを読む

    このページのトップヘ