音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    DUNU-TOPSOUND TITAN 5 ブランド初となるMMCXリケーブル対応ハイレゾイヤホン!  2015年11月16日

    DENON PROFESSIONAL DN-304S ペア1.5万円の手ごろなアクティブスピーカー!  2015年11月14日

    音漏れしないイヤホンってだいたいいくらが相場なの?  2015年11月07日

    茶楽音人 ちょんまげ君 語学リスニングに最適化したイヤホン!  2015年11月05日

    羽生結弦くんのイヤホンwwwwwwww【カスタムIEM何台も持ってる模様】  2015年11月03日

    DUNU_TITAN5

    サウンドアースは、同社が取り扱うDUNU-TOPSOUNDから、ダイナミック型ドライバーを搭載するハイレゾ対応のイヤホン「TITAN 5」を発売。価格はオープンで、19,800円前後での実売が予想。

    ダイナミック型ドライバーを搭載するイヤホン「TITAN 1」の上位モデル。

    ドライバーには、TITAN 1のダイナミックドライバーを元に新たに開発した13mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。チタニウム製ダイアフラム採用のハイレゾ対応ダイナミックドライバーとしています。再生周波数帯域は10Hz~40kHzとハイレゾに対応した広帯域。

    DUNU-TOPSOUND初となるMMCXリケーブル対応モデルであることもトピック。プレーヤーとの接続はステレオミニ。

    感度は108±2dB、インピーダンスは32Ω。 重量は24g。

    引用元: ・TopSound Electronics DUNU DN-1000 DN-2000 part.2

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1421503541/ 【DUNU-TOPSOUND TITAN 5 ブランド初となるMMCXリケーブル対応ハイレゾイヤホン!】の続きを読む


    inMusic Japanは、DENON PROFESSIONALブランドのアクティブスピーカー「DN-304S」を11月26日に発売。価格はオープンで、店頭予想価格は15,800円前後(ペア/税込)。

    磁性流体冷却式の1インチ径ドーム型シルク振動板ツイータと、ポリプロピレンコーティングの4インチ径ウーファを搭載した、2ウェイのアクティブスピーカー。独自の「Optlmageウェーブガイド・テクノロジ」も採用し、高音質化を図っているとしています。

    出力10W×2chのAB級アナログアンプをL側の本体に内蔵。入力は背面のアナログRCAと、前面のAUX(標準フォン)を装備。さらに前面に標準ヘッドフォン出力も備えます。

    エンクロージャは、ビニールラミネートされたMDF。外形寸法は188×146×213mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.43kg。

    スタジオ制作のほか、音楽リスニングでの利用も想定しているとしています。内容にしては安価に思えます。デスクトップ向けアクティブスピーカーとしてはやや幅が広いかもしれません。この価格にしては大きいことはお得感につながるかもしれませんが。

    DENONならではの音をこの価格でどれだけ実現できているのかも興味深いです。マッチするUSB-DACもやはりDENON製が好ましそうです。

    引用元: ・1万円前後でお勧めのアクティブスピーカーPart39

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/hard/1446893900/ 【DENON PROFESSIONAL DN-304S ペア1.5万円の手ごろなアクティブスピーカー!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/04(水) 08:56:45.198 ID:eeGXaZena.net
    一万は超えるよね?

    引用元: ・音漏れしないイヤホンってだいたいいくらが相場なの?

    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446595005/ 【音漏れしないイヤホンってだいたいいくらが相場なの?】の続きを読む

    茶楽音人ちょんまげ君
    TTRは、語学学習などに最適化した「茶楽音人」(さらうんど)ブランドのカナル型イヤホン「ちょんまげ君」を11月下旬より発売。オープン価格で、店頭予想価格は4,860円前後(税込)。

    10mm径のダイナミック型ドライバーを搭載、独自のトルネード・イコライザー方式に加え、新開発のエアー(A.I.R.)機構を搭載し、高密閉/高遮音性を実現。「A.I.R.機構」(エアー機構)は、Acoustic internal-pressure regulatorの略。ダイナミック型ユニットは前面と後面の密閉度を高めると、振動板への負荷が増し、最低共振周波数foが上昇するほか、筐体内部の音の反響が増大し音の拡がりが損なわれるという問題があったため、エアー機構ではユニット前後の空間を音響抵抗Ra、Maでつなぎ、ダイナミック型ユニットの背圧を低減。最低共振周波数foの上昇や筐体内部の反響の増大を防止できたというもの。さらに、周囲の音の遮断性能も高めているという機構。

    高い遮音性能に加え、音声帯域を聞き取りやすく、語学リスニングに最適なチューニングを行なうことで、適度な音量で音声帯域がはっきり聞き取れるとしています。

    出力音圧レベルは108dBSPL/mW、最大入力は200mW、インピーダンスは18Ω。ケーブルは1.2m。プラグはL型ステレオミニ。重量は15g。シリコンイヤーチップやSpinFitチップ(S/M/L)などが付属。

    名前のインパクトも強いですが、まずは新開発のエアー(A.I.R.)機構を搭載したイヤホンの第一弾製品群であることが売りです。

    しかも本機は、エアー(A.I.R.)機構を搭載した同時発売の機種、「Chonmage 3号」(11月下旬に発売。価格はオープン。店頭予想価格は19,440円前後(税込)。)よりもぐんとお求め安い価格であることも特徴。

    新開発のエアー(A.I.R.)機構搭載機がいきなり意外な安価で発売できるというのも不思議な感じもします。
    【茶楽音人 ちょんまげ君 語学リスニングに最適化したイヤホン!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 22:02:43.32 ID:l7NITuBu0.net
    18万円wwwwwwwwwwwww

    引用元: ・羽生結弦くんのイヤホンwwwwwwww

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1446296563/ 【羽生結弦くんのイヤホンwwwwwwww【カスタムIEM何台も持ってる模様】】の続きを読む

    このページのトップヘ