音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    Campfire Audio ANDROMEDA S 日本国内400台限定で発売!  2018年10月26日

    TE-D01a 発売!感想をご紹介!“萌えアナウンス”が気になる?  2018年10月25日

    MOMENTUM True Wireless ヘッドフォン祭りにて国内初披露へ!  

    DITAイヤホンの代理店がアユートからS'NEXTへ移管  2018年10月24日

    ATH-CK2000Ti 発売!感想をご紹介!  

    TB


    香港など海外で発表され、国内での発表が待たれていたCampfire Audioのイヤホン・ANDROMEDA S。日本では10月26日から発売と明らかになりました。世界2,000台限定生産で、日本向けには400台を用意。129,300円前後での実売が予想されます。

    既存モデルの5BAイヤホン「ANDROMEDA」に、特注のステンレススティール筐体と特別なサウンドチューニングを採用した限定モデル。

    ミッドレンジの再チューニングにより、「シンバルの音色はより繊細に、より鋭く再現され、ミッドレンジは非常にフラットで原音に忠実な再現」を目指したとしています。また「低域はよりディープな領域までサウンドレンジが拡張され、サウンド全体のバランスを絶妙に支えてくれる」としています。

    各ユニットは従来機と同様で低域用×2、中域用×1、高域用×2。ドライバーに音導管(サウンドチューブ)を使用しない独自の音響設計技術「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)」を採用しているのも同じ。

    周波数特性は10Hz~28kHz、感度は112.8 dB(SPL/mW)で、インピーダンスは12.8Ω(at 1kHz)。

    MMCX端子にはベリリウム銅を採用し、端子の強度を増すことで接続安定性の向上を図っています。約120cmのケーブルには銀メッキ銅導体を使用。

    本機は今週末に行われる「ヘッドフォン祭り」でも展示されます。また、Campfire Audio初のカスタムイヤホン「EQUINOX」が会場でのみ限定発売される予定となっています。

    Campfire Audioは他にも現時点で国内未発表の新モデルがあり、さらに国内発表があるかも注目です。

    【Campfire Audio ANDROMEDA S 日本国内400台限定で発売!】の続きを読む

    TB


    207: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ dfba-wG5D) 2018/10/13(土) 00:56:15.34 ID:Slj9f7XE0
    AVIOTよさげだけどあのアナウンスはないわ...


    引用元: ・【安物】1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンを語るスレ Part4 【TWS】

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1538999840/
    【TE-D01a 発売!感想をご紹介!“萌えアナウンス”が気になる?】の続きを読む

    TB
    MOMENTUMTrueWireless
    459: 名無しさん@お腹いっぱい。 (スッップ Sd8a-9LQp) 2018/10/23(火) 12:39:47.68 ID:V3Q6sIRLd
    今週の土日中野に
    ゼンハー聴きに行くひと

    https://www.fujiya-avic.jp/blog/?p=42521


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part45

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1539712427/ 【MOMENTUM True Wireless ヘッドフォン祭りにて国内初披露へ!】の続きを読む

    TB




    S'NEXTは、シンガポールのイヤホンブランド・DITAの全機種の国内輸入代理業務を、11月1日より開始。現在の代理店であるアユートから引き継ぎます。

    10月31日まではアユートが製品の販売とユーザーサポート業務を行ない、11月1日以降は全ての業務をS'NEXTが担当。11月1日以降の製品に関する問い合わせ、ユーザーサポート、保証対応と修理などは、S'NEXTに問い合わせることになります。

    高価なモデルが中心で、価格も安くはないブランドですが、高音質イヤホンメーカーとしてすでに確固たるポジションを日本でも築いています。あまりイヤホン初心者やライトユーザーがいきなり買うようなイヤホンでもないだけに、代理店が変更になってもそれほどの混乱はないものと思われます。

    finalという自社ブランドを持つS'NEXTが扱うようになることは意外な感じはします。DITAの得意とする価格帯や構成は自社とバッティングしないという判断があるのでしょう。

    finalはこれまでにないほどエントリークラスの新イヤホン・E1000も用意していて、価格レンジを広くして、総合的なイヤホンメーカーを目指しているのかもしれません。 【DITAイヤホンの代理店がアユートからS'NEXTへ移管】の続きを読む

    このページのトップヘ