音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    ゼンハイザー CX 400BT True Wirelessを3月24日まで期間限定40%値下げ!  2021年02月06日

    Shureのイヤホン「AONIC 3/4/5」やSEシリーズなど値上げ  

    KEF Mu3 2/4発売も試聴機もなく音質の感想をネット上で見るのはまだ困難!  2021年02月05日

    intime 翔 DD 1/29発売!購入者の感想は?  2021年02月04日

    Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro 購入者の感想は?  2021年02月03日

    TB




    528: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 4947-T3n1) 2021/02/04(木) 03:14:22.03 ID:nKB1MS7y0
    cx400bt amazonタイムセール13500円
    すごい価格になってるな
    とりあえずポチった


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【TWS・左右分離型】 part129

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1611916881/

    【ゼンハイザー CX 400BT True Wirelessを3月24日まで期間限定40%値下げ!】の続きを読む

    TB

    完実電気は、同社が取り扱うShureブランドのイヤホンについて、一部製品を価格改定。「SEシリーズ」や「AONIC 3/4/5」を値上げすることを発表。


    同社は「物流コストおよび原材料の高騰により、本日より一部製品の価格改定を実施する運びとなりました」と説明している。該当モデルは以下の通り(全て税抜の実売価格)。

    ・SE112GR-A 6,100円(旧:5,480円)
    ・SE215-CL-A 12,600円(旧:11,800円)
    ・SE215-K-A 12,600円(旧:11,800円)
    ・SE215SPE-A 12,600円(旧:11,800円)
    ・SE31BABKUNI-A(AONIC 3) 21,700円(旧:19,800円)
    ・SE425-CL-A 31,800円(旧:28,800円)
    ・SE42HYBK+UNI-A(AONIC 4) 36,000円(旧:32,800円)
    ・SE42HYWH+UNI-A(AONIC 4) 36,000円(旧:32,800円)
    ・SE535-CL-A 56,800円(旧:49,800円)
    ・SE535LTD-A 56,800円(旧:49,800円)
    ・SE53BABK+UNI-A(AONIC 5) 60,300円(旧:54,800円)
    ・SE53BACL+UNI-A(AONIC 5) 60,300円(旧:54,800円)
    ・SE53BARD+UNI-A (AONIC 5) 60,300円(旧:54,800円)
    ・SE846-CL-A 109,700円(旧:99,800円)

    【Shureのイヤホン「AONIC 3/4/5」やSEシリーズなど値上げ】の続きを読む

    TB

    no title

    【KEF Mu3 2/4発売も試聴機もなく音質の感想をネット上で見るのはまだ困難!】の続きを読む

    TB

    【intime 翔 DD 1/29発売!購入者の感想は?】の続きを読む

    TB

    2021年1月下旬に発売されたAnkerのアクティブノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」。”ウルトラノイズキャンセリング”搭載を謳っています。価格は12,980円。

    下位モデルの「Soundcore Life A2 NC」と同時に登場し、HearID機能やワイヤレス充電などの機能性が増えています。

    6つのマイクを搭載し、アプリからモードを切り替えられる「ターゲットアクティブノイズキャンセレーション」を搭載。また、外音取り込み機能にも対応。操作はタッチ式。

    ノイズキャンセリングでは3つのモードを搭載。公共交通機関の騒音を最大90%削減するトランスポートモード、中低域をターゲットにノイズを抑えるアウトドアモード、耳への圧迫感を抑えながら話し声を削減するインドアモードを搭載。

    サウンド面では、11mmのPureNoteドライバーを採用。アプリでは先述のノイズキャンセリングモード切り替えのほか、個人の聴力プロファイルを分析する「HearID」に対応。22種類のサウンドプリセットやEQ、タッチコントロールのカスタマイズも行えます。

    コーデックはSBCとAACに対応。イヤホン単体で7時間、付属充電ケース併用で26時間の再生が行えます。ケースにはUSB Type-Cを採用し、15分で3時間再生の急速充電が可能。ワイヤレス充電にも対応。ほか、付属品として9組のシリコンイヤーピースを同梱。

    ANC性能の高さを謳っていますが、さすがに大手メーカー品の3万円前後の製品(ソニー、アップル、ボーズ)と同等とまではいかないようですが、価格を考えると検討していると言えそうです。音質や操作性も価格を考えると優秀ということでよさそうです。

    【Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro 購入者の感想は?】の続きを読む

    このページのトップヘ