音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    イヤホンにローン組むってヤバイだろ?  2018年12月03日

    Master & Dynamic MW07発売!音質、接続安定性などの感想をご紹介!  2018年12月02日

    TaoTronics TT-BH052 最大120時間再生の完全ワイヤレスイヤホン!  

    final E1000 発売!絶賛の嵐!E2000/E3000との比較では?  2018年12月01日

    SENNHEISER IE 40 PRO 新モニターイヤホンはSE215対抗!?  2018年11月30日

    TB
    486: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイ ffc9-C0zt) 2018/11/30(金) 22:04:59.27 ID:asT3VU/C0
    イヤホン沼にはまらないための方法教えてほしい
    高いの買うともっと高いのが欲しくなってくるわ


    引用元: ・【5000~】中価格の中華イヤホンPart23【~20001】

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1540799390/ 【イヤホンにローン組むってヤバイだろ?】の続きを読む

    TB
    MW07


    309: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 5aff-wE8y) 2018/11/29(木) 13:40:31.14 ID:z6KtYnwn0
    mw07視聴できた方いますか?


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part49 【ステマ禁止】

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1543231457/
    【Master & Dynamic MW07発売!音質、接続安定性などの感想をご紹介!】の続きを読む

    TB
    TT-BH052_1

    サンバレージャパンは、「TaoTronics」ブランドの新製品として、IPX7準拠の防水性能を備える完全ワイヤレスイヤホン「TT-BH052」を発売。価格は5999円(税込)。Amazon.co.jpを通じて販売され、クーポンコード「6VRNOK7I」を使えば、12月2日いっぱいまで1000円割引されます。

    Bluetoothのバージョンは5.0。対応プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP、コーデックはSBC/AACをサポート。

    側面にタッチセンサーを搭載し、音楽の再生や一時停止、音量調節、電話着信時の応答などを操作できます。両耳セットで使えるほか、片方のイヤホンだけ利用できるモードも用意。自動ペアリングと自動電源オンオフ機能を装備。

    イヤホン収納ケースには、3500mAhのバッテリーを内蔵。約39回分の充電が可能。ケースでの充電を挟むことで、最大120時間の音楽再生が楽しめるほか、バッテリーケースからスマートフォンなどへの給電もできます。S/M/Lのイヤーチップ、USB充電ケーブルなどを同梱。

    バッテリー内蔵ケースを大型化して、最大駆動時間を長く見せようという手法。1回の充電での使用時間は3時間です。

    完全ワイヤレスイヤホンとしても廉価な部類ですがIPX7もの防水性はかなり高いほうなので、せっかくの防水性を生かせる使い方のできる人に向いていると思います。

    【TaoTronics TT-BH052 最大120時間再生の完全ワイヤレスイヤホン!】の続きを読む

    TB
    finalによるエントリーイヤホン・E1000が予定どおり11月30日に発売されました。約2500円という手頃な価格ながらも、これまでfinalが培ってきた技術やノウハウを盛り込んだ意欲作として発売前からイヤホン愛好家には大きく注目されていました。

    (内容、仕様についてはこちらでご紹介ずみ)

    発売当日から多数の感想がツイッター上に上がっていて、売れ行きのよさを示しています。しかも、ほとんどがその音質を絶賛している状況で、エントリークラスのハイコスパイヤホンの新たな定番機となりそうです。

    明るめで元気のよい、しかしバランスの良いサウンドという評価に見受けます。上位のE2000/E3000との比較に言及する感想も多いです。

    シンプルなダイナミック型1基で国内メーカー製ということで、最近エントリークラスイヤホンの大きな選択肢となっている3千円前後で多数のユニットを使った複雑な機構を持つことが多い中華イヤホンとは対照的です。

    【final E1000 発売!絶賛の嵐!E2000/E3000との比較では?】の続きを読む

    このページのトップヘ