音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    TFZ KING II & KING LTD 参考展示!試聴感想もご紹介!  2018年10月09日

    RHA CL2 Planar ポタフェスに展示!感想もご紹介!  

    ATH-CKR7TW & ATH-SPORT7TW 試聴感想をご紹介!  2018年10月08日

    IER-M7 発売!購入者の感想などをご紹介  

    IER-M9 発売!購入者の感想をご紹介!MDR-EX1000などとの比較は?  2018年10月07日

    TB

    KINGII

    ポータブルオーディオイベント「ポータブルオーディオフェスティバル 2018秋 大阪・梅田」(ポタフェス)が、本日10月7日に開催。

    TFZブランドからは10月発売予定のイヤホン新製品「KING II」「KING LTD」が参考出展。「KING II」がEXCLUSIVE KING」(実売約1.4万円)の後継機で、「KING LTD」は「KING II」のケーブルアップグレードモデルとのこと。

    【TFZ KING II & KING LTD 参考展示!試聴感想もご紹介!】の続きを読む

    TB
    ポタフェス大阪において、ナイコムは英国・RHAブランドから登場の平面振動板採用カナル型イヤホン「CL2 Planar」を国内初出展。国内ではすでに9月中旬に発売中。価格は11万3,500円。

    CL2 Planarには3.5mmプラグのケーブル、バランス対応のφ2.5mm銀メッキケーブルのほか、12時間の動作が可能なaptX対応Bluetoothネックバンドケーブルが付属。そのため、世界初の平面駆動型Bluetoothイヤホンでもあります。


    世界初の点も含め、アンバランス、バランス、Bluetooth対応の3つのケーブルが付属する標準装備も魅力で、MMCXリケーブル対応の汎用性も備えますので、内容的にはなかなかに思えますが、メーカーのイメージに比して高価であることがあるのか、反応はいま一つ鈍いように思われます。


    【RHA CL2 Planar ポタフェスに展示!感想もご紹介!】の続きを読む

    TB
    ポータブルオーディオ関連イベント「ポータブルオーディオフェスティバル 2018秋 大阪・梅田」(ポタフェス)が、10月7日に開催。

    オーディオテクニカは、(仕切り直しの)同社初の完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR7TW」「ATH-SPORT7TW」をはじめ、Bluetoothヘッドホン「ATH-SR50BT」「ATH-SR30BT」など9月に発表した新製品を展示していました。

    ここではいろいろと話題の「ATH-CKR7TW」「ATH-SPORT7TW」について試聴感想を含むまとめをお届けします。なお、「ATH-CKR7TW」「ATH-SPORT7TW」については一部店舗で同じ10月7日に試聴会が行われたため、その感想も含まれていると思われます。


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part44

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1538624903/

    【ATH-CKR7TW & ATH-SPORT7TW 試聴感想をご紹介!】の続きを読む

    TB

    SONYの高級マルチBAイヤホン・IER-M7が上位機のIER-M9と同時に発売されました。購入者の方の感想をご紹介しますが、どうもIER-M9に比べて少ない印象。それだけ上位機の影に隠れているということでしょうか。それでもIER-M9より音源によっては好みという人もいるので、高い方を買えばよいという単純なものでもないようです。

    【IER-M7 発売!購入者の感想などをご紹介】の続きを読む

    TB


    41: 名無しさん@お腹いっぱい。 (JP 0Hd6-CR0y) 2018/09/12(水) 22:40:39.40 ID:KHgU2350H
    開発者インタビュー読んでも800STに比べて全然気合い入ってなくね
    800STのインタビューでは現場の意見聞きまくってかなり試行錯誤してたのに


    引用元: ・【SONY】IER-M9 / IER-M7 【イヤホン】

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1536138883/ 【IER-M9 発売!購入者の感想をご紹介!MDR-EX1000などとの比較は?】の続きを読む

    このページのトップヘ