音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    Rhapsodio Infinity mk2 6BAのフラグシップイヤホン!多ドラ時代の終焉?  2021年02月15日

    水月雨 AutumnMoon-秋月 ブランド初のリケーブル!2/5発売!  2021年02月13日

    Unique Melody 3D Terminator 3DDで約5.5万円のイヤホン!  2021年02月12日

    KZ DQ6 3DDの低価格中華イヤホン!音質の感想は大好評!  2021年02月11日

    SOUNDPEATS TrueAir2+ aptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン  

    TB
    宮地商会M.I.Dは、Rhapsodioブランドから、イヤホンの新フラグシップモデル「Infinity mk2」、およびアップグレードケーブル「Evolution Silver」「Evolution Copper」を発売。

    いずれもオープン価格でInfinity mk2が360,000円前後、Evolution Silverが300,000円前後、Evolution Copperが200,000円前後での実売が想定。

    片側あたり20基のBAドライバーを搭載していた従来モデル「Infinity」に対し、本モデルでは片側6基のBAドライバーと独自技術「C.T.T.(Coil Turbo Technology)」を搭載と大幅に構成を変更。BAドライバーの構成は、フルレンジ2基/低域2基/中高域1基/超高域1基。

    独自技術C.T.T.は、フルレンジ/中高域/超高域の4基のドライバーを銅製コイルで包み込むことで、ノイズ低減と各ドライバーの駆動力向上を行い、より高い解像度を実現したとしています。

    再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、インピーダンスは12.5Ω、感度は109dB±3dB(1kHz)。質量は片側約8g。

    ケーブルは2pin端子による着脱に対応し、同ブランドのハイブリッドケーブル「RSD Hybrid cable」が付属。ほか、シリコンイヤーチップ6ペア、レザータイ、ロゴ入りレザーケース、木製ケース等が同梱。

    Evolution Silverはプラス極側に0.08mmの単結晶銀線を70本、マイナス極側に0.08mmの単結晶銀線を96本、グラウンドに0.06mmの古河電工PCUHD線を192本採用。

    Evolution Copperはプラス極側に0.05mmの超高純度OCC線を200本、マイナス極側に0.06mmの超高純度OCC線を140本、グラウンドに0.06mmの古河電工PCUHD線を192本採用。

    ケーブルはいずれもメディカルグレードPVCのシールドにより取り回しや耐久性も高めているとしています。

    いっきに14BAも減らすとは。多ドラBA時代の終焉を意味しているのでしょうか。あるいは本機のような30万円以上の高級イヤホン自体が曲がり角に来ているのでしょうか。

    【Rhapsodio Infinity mk2 6BAのフラグシップイヤホン!多ドラ時代の終焉?】の続きを読む

    TB


    【水月雨 AutumnMoon-秋月 ブランド初のリケーブル!2/5発売!】の続きを読む

    TB



    ミックスウェーブは、Unique Melodyからダイナミックドライバー3基搭載したカナル型イヤフォン「3D Terminator」を1月29日より発売。実売価格は54,890円前後。

    低域に7mm複合振動板を搭載した2基と、中高域に10mmカーボンナノチューブ振動板を搭載した1基で構成。

    筐体にはスタビライズドウッドを採用。天然木材を着色した樹脂で、染めることで素材ごとに異なる色彩を放ち、世界に1台しかないデザインになるというのが特徴。

    筐体はCNC切削加工でデザインだけでなくフィット感も考慮した設計。また内部パーツを3Dプリンターによって作成し、筐体内のスペースにドライバーなどを効率的に配置し、コンパクトに仕上げたとしています。また細かな部分はハンドメイドでの製造のため、ベントポートの影響による左右のサウンドの差をなくすよう、金属製ベントポートを採用したとしています。

    再生周波数帯域は20Hz~20kHz。感度は113dB。インピーダンスは25.4Ω。イヤフォンケーブルは長さ約122cm。入力プラグは3.5mmのミニ端子。Dignis製オリジナルレザーケース、クリーニングツール、イヤーチップなどが付属。

    音だけでなく、見た目にも価値を置いたイヤホンと言えそうです。

    【Unique Melody 3D Terminator 3DDで約5.5万円のイヤホン!】の続きを読む

    TB

    【KZ DQ6 3DDの低価格中華イヤホン!音質の感想は大好評!】の続きを読む

    TB
    TrueAir2+





    SOUNDPEATS(サウンドピーツ)は、完全ワイヤレスイヤホン「TrueAir2+」を1月30日に発売。価格は税込み5,280円。カラーはブラックとホワイトの2色。

    2020年10月に税込み4,990円で発売された「TrueAir2」の後継機。

    新たに低遅延のゲーミングモードを追加、aptX Adaptiveに新対応、Qi規格のワイヤレス充電にも対応といった新機能が追加されています。

    そのほか、完全ワイヤレスイヤホンとしてのデザインや基本スペックなどは踏襲されています。

    ドライバーは14.2mmのダイナミック型で、バイオセルロース振動板を採用したインナーイヤー型。チップセットにはQualcomm「QCC3040」を採用し、「TrueWireless Mirroring」による接続元機器を選ばない左右同時接続に対応。片側のイヤホンを外した際に音を反対側に切り替えるロールスワッピングにも対応。

    コーデックはSBCとAACのほか、上述の通り新たにaptX Adaptiveをサポート。通信帯域に応じてビットレートを変動させることで、最高でaptX HD相当の再生が可能。また、「ゲーミングモード」を新搭載し、シビアな操作タイミングが要求されるアクションゲームにも対応できるとしています。

    再生時間はイヤホン単体で約5時間、ケースとの併用で約25時間。1.5時間でフル充電が可能なほか、新たにワイヤレス充電にも対応。なお有線での充電は従来どおりUSB Type-C端子から。

    左右イヤホンに2基ずつのマイクを搭載することで高い通話品質を実現。cVcノイズキャンセリング技術にも対応。ケースの外形寸法は52.5×52.5×21.5mmで、質量は約40g。イヤホンの質量は約3.5gで、IPX4の防水に対応。

    SOUNDPEATSは近作のSonicなど、5千円以下程度でaptX Adaptiveに対応する完全ワイヤレスイヤホンを続々投入しています。この価格帯では大手ではまだそのようなモデルはなく、中華メーカーのハイコスパぶりを痛感させます。

    【SOUNDPEATS TrueAir2+ aptX Adaptive対応の完全ワイヤレスイヤホン】の続きを読む

    このページのトップヘ