音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    SENNHEISER IE 80 S 国内発表! IE 80との比較、違いは?  2017年10月12日

    JBL T110BT ブランド最エントリーのBluetoothイヤホン!  

    WI-1000X ノイズキャンセリング性能と音質は?  2017年10月11日

    WF-1000X 購入ユーザーの感想続々!① 音質、安定性、遅延は?  2017年10月10日

    カナルワークス CW-L72 ほか新IEM! CW-L71ほか9機種は生産完了!  2017年10月09日

    TB
    senn_ie80s1

    ゼンハイザーは、IFA2017のプレイベントであるShowstoppersにおいて発表していた、IE 80の後継機となるカナル型イヤホン・IE 80 Sを国内正式発表しました。10月26日に発売。オープン価格で予想実売価格は4万円です。。欧州では9月に発売され、価格は349ユーロでした。
    【SENNHEISER IE 80 S 国内発表! IE 80との比較、違いは?】の続きを読む

    TB

    ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのエントリー向け「Tシリーズ」から、Bluetoothイヤホン「T110BT」を20日より順次発売。価格はオープンプライスで、直販価格は3,380円。カラーは全6色で、ブラック/ホワイト/ブルー/グレー。
    【JBL T110BT ブランド最エントリーのBluetoothイヤホン!】の続きを読む

    TB


    ソニーのネックバンド型Bluetoothイヤホン新機種・WI-1000X。10月7日に発売で、実売35,000円程度。続々購入ユーザーの感想、インプレッションが出始めています。

    WI-1000Xの詳しい内容についてはこちらで、
    SONY WI-1000X BOSE QC30などとの比較も早速!

    同じソニー製の同時発売の新製品でもあり、購入比較対象ともなっている完全ワイヤレスイヤホンWF-1000Xとの内容面での違いについてはこちらでご紹介済みです。
    SONY WI-1000X 海外発表!WF-1000Xとの比較、違いは!?

    また、比較的ソニー製品に甘いと思われる?ユーザーが多そうな「ソニーのヘッドホン」専門板からの感想を既にまとめてあります。
    WI-1000X 到着ユーザーの感想続々!

    今回は、より中立的な感想が多いであろう「Wirelessノイズキャンセリングヘッドホン総合」板からの感想まとめです。ここはノイズキャンセリング性能の的確な評価と、他の有力機種(BOSE QC30が主ですが)との比較で参考になることが期待できます。タッチノイズの有無や大きさにも踏み込んだ細かいレビューもこの板ならではでしょう。

    【WI-1000X ノイズキャンセリング性能と音質は?】の続きを読む

    TB

    ソニー初の完全ワイヤレスイヤホンとして幅広く注目を集めているWF-1000X(実売2.3万円程度)。10月7日発売、5日には予約者の一部に届きはじめ、この数日でかなりの数の感想がネット上に上がっています。

    その数は同時発売で同じ1000Xシリーズである、 WI-1000X(ネックバンド型Bluetoothイヤホン) 、WH-1000XM2(BT&NCヘッドホン)と比べてもかなり多いです。

    第一号機ということや、現時点での完全ワイヤレスイヤホン全般が抱える技術的な困難もあり、機能、音質面で諸手を上げて賞賛できるほどでもないというのが、大体一致している印象ですが、とにかく注目機なのは確かです。

    ここでは主にソニー製のヘッドホンユーザーが集う、「ソニーのヘッドホン」板からまとめます。明日にでも幅広いユーザーが集まる「完全ワイヤレスイヤホン」板からもまとめますので、感想の違いも興味深いところです。

    ただ、ソニー製品に甘いはずの「ソニーのヘッドホン」板でも実用上の問題があれば、容赦ない感想が続出しています。音質以前に接続安定性に不安定さものぞくようで、製品としての完成度がまだまだということなのでしょうか。遅延についてもそもそも対応コーデックの時点で予想がつくだけに無いものねだりかもしれません。

    WF-1000Xの内容についてはこちらでご紹介済みです。
    SONY WF-1000X 対応コーデックが…aptXは無し! 【WF-1000X 購入ユーザーの感想続々!① 音質、安定性、遅延は?】の続きを読む

    TB
    cl72_s
    カナルワークスは、カスタムIEMのハイエンドモデルとして、片側に3ウェイ8ドライバーを搭載した4製品を発売。受注開始は11月3日。ニュートラルなチューニングの「CW-L72」と、パワフルなチューニングの「CW-L77」を用意し、直販価格は各157,000円。これらにサウンドチューニングシステムを加えた「CW-L72PSTS」、「CW-L77PSTS」は各168,000円。耳型採取費用が別途必要です。 【カナルワークス CW-L72 ほか新IEM! CW-L71ほか9機種は生産完了!】の続きを読む

    このページのトップヘ