音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    Pioneer SE-CH9T MMCXリケーブル対応のハイレゾイヤホン!  2017年03月10日

    Pioneer SE-CH5BL バランス接続で8,500円のハイレゾイヤホン!  2017年03月09日

    TORQUE t103zV2 音質カスタマイズできるイヤホン!  2017年03月08日

    Magaosi K3 Pro 1D+2BAの3ウェイハイブリッド型イヤホン!  2017年03月07日

    SHURE RMCE MMCX対応リモコンマイク付きケーブル!SE846などで使用可能  2017年03月06日


    パイオニアはブランド初となるハイレゾ対応イヤホン3モデルを3月中旬に発売。オープン価格で、実売予想価格は、バランス接続ケーブルを備えた「SE-CH5BL」が8,500円前後、MMCX端子でケーブル交換できる「SE-CH9T」が12,000円前後、ステレオミニ接続の「SE-CH5T」が5,000円前後。いずれも9.7mmのダイナミック型ユニットを備え、40kHz以上も再生可能なハイレゾ対応。

    3機種とも、通気部にチューブを使った「Airflow Control Port」により低音の音圧バランスを最適化することで、引き締まった低域と、クリアな中域を実現。また、ノズルの内径を広げ、振動板の再生音をストレートに鼓膜へ届け、波長の短い高域が打ち消し合う反射波形を抑えられるとしています。

    ここではシリーズでは最も高額なSE-CH9Tをご紹介。
    【Pioneer SE-CH9T MMCXリケーブル対応のハイレゾイヤホン!】の続きを読む




    パイオニアはブランド初となるハイレゾ対応イヤホン3モデルを3月中旬に発売。オープン価格で、実売予想価格は、バランス接続ケーブルを備えた「SE-CH5BL」が8,500円前後、MMCX端子でケーブル交換できる「SE-CH9T」が12,000円前後、ステレオミニ接続の「SE-CH5T」が5,000円前後。いずれも9.7mmのダイナミック型ユニットを備え、40kHz以上も再生可能なハイレゾ対応。

    3機種とも、通気部にチューブを使った「Airflow Control Port」により低音の音圧バランスを最適化することで、引き締まった低域と、クリアな中域を実現。また、ノズルの内径を広げ、振動板の再生音をストレートに鼓膜へ届け、波長の短い高域が打ち消し合う反射波形を抑えられるとしています。

    ここではSE-CH5BLをご紹介。

    【Pioneer SE-CH5BL バランス接続で8,500円のハイレゾイヤホン!】の続きを読む

    TORQUE_t103zV2
    モダニティは、米国・TORQUEブランドのイヤホン「t103zV2」を3月中旬に発売。価格は12,800円。

    付属のパーツを付け替えて音質をカスタマイズできるというカナル型イヤホン。独自開発されたノズルバルブ「Passive Acoustic Valve」を交換する事で、音の変化が楽しめます。
    【TORQUE t103zV2 音質カスタマイズできるイヤホン!】の続きを読む


    新製品情報。K3 Proは、中国メーカー・Magaosi のハイブリッド型カナルイヤホン。国内アマゾン価格は15800円程度。

    Magaosiはこれまでもハイブリッド型イヤホンを販売してきおり、しかもラインナップは全てハイブリッド型という徹底したメーカーです。

    K3 Proはブランド最上位機。K3というProの付かないモデルもありますが、音質調節できるフィルターを搭載したものがProで他は同一。現在は基本的にProのみの販売です。

    構成は、1D+2BAの3ウェイ。グランフェンダイナミックドライバーなのも特徴。国内ではマクセルのみが使用している超高域までの特性を持たせることもできる素材です。ただ、本機では高域にBA型を使用していることもあり、周波数特性は20-30000Hzとなっています。ハウジングは金属素材。

    インピーダンスは16Ω、感度は120dB、MMCX規格によるリケーブル対応です。スマホ用のリモコンマイクは備えません。ケーブル長は120cm。

    中国メーカー製のハイブリッド型イヤホンとして完成度が高いと概ね高評価のようです。愛好家の方が中国からの購入前提での1万円以内の価格では大いに検討に値する一台のようです。


    【Magaosi K3 Pro 1D+2BAの3ウェイハイブリッド型イヤホン!】の続きを読む



    Shure Japanは、イヤフォン「SE215m+Special Edition」で採用している、マイク付きのケーブル「RMCE」を3月8日から単品販売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3,980円。MMCX端子を採用しており、SE215、SE315、SE425、SE535、SE846でも利用できます。

    3ボタンのリモコンとマイクを搭載。再生、音量、通話の操作ができます。

    ワイヤーフォームフィット機能付きで、長さは127cm。

    基本的にiOS用なので、Android端末の方は使用できないボタンがある可能性を意識した上でご購入ください。

    一般的には歓迎されるでしょうが、インラインリモコンが付くと音質が劣化すると思う人にとっては、考えられないオプションかもしれません。

    【SHURE RMCE MMCX対応リモコンマイク付きケーブル!SE846などで使用可能】の続きを読む

    このページのトップヘ