音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    FiiO FD5 D型フラグシップイヤホンの国内発売決定  2021年02月21日

    SHICHIKU.KANGEN-糸竹管弦- 発売が4月に延期!漆が乾かないから?  2021年02月20日

    TFZ No.3 19th 「印籠」みたいなデザインのイヤホン!「遠心脱水機」と迷う!  2021年02月19日

    水月雨 ILLUMINATION-光 音質レビュー・感想は?  2021年02月18日

    DUNU ZEN 独自D型ドライバー技術「ECLIPSE」採用イヤホン!  2021年02月17日

    TB

    エミライは、同社が取り扱うFiiOのイヤホン “FDシリーズ” より、フラグシップモデル「FD5」を2月26日より発売。オープン価格で実売価格は43,000円程度。 【FiiO FD5 D型フラグシップイヤホンの国内発売決定】の続きを読む

    TB

    finalとDITAがコラボすることでも話題の高級イヤホン「SHICHIKU.KANGEN-糸竹管弦-」の発売が4月に延期されました。

    当初は2月下旬発売予定だったものが、上記のとおり4月発売に延期。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、生産スケジュールに大幅な遅れが生じているためだとしています。 正確な発売日は確定次第改めて案内するとしています。

    【SHICHIKU.KANGEN-糸竹管弦- 発売が4月に延期!漆が乾かないから?】の続きを読む

    TB
    224: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイW 8101-uK3v) 2021/01/06(水) 13:56:52.84 ID:/rrTFXUp0
    印籠がまた下がってきてるな、遠心脱水機とどっちにするか迷うわ




    引用元: ・【5000~】中価格の中華イヤホンPart38【~30000】

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1609059621/ 【TFZ No.3 19th 「印籠」みたいなデザインのイヤホン!「遠心脱水機」と迷う!】の続きを読む

    TB


    水月雨(MOONDROP)ブランドより、新たなフラッグシップモデルとなる有線接続のカナル型イヤホン「ILLUMINATION-光」が発売中。実売価格は税込み9万円程度。

    本機の紹介記事


    46: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイ ffa5-5z1F) 2021/01/12(火) 12:59:49.86 ID:RpRrFp/M0
    ILLUMINATIONも輸入したのは音が固かったなんていうのを、ツイッターで書いてた人が居たな
    9万も払ってシャレにならん


    引用元: ・【30k~】高価格の中華イヤホンPart14

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1610266506/

    【水月雨 ILLUMINATION-光 音質レビュー・感想は?】の続きを読む

    TB


    サウンドアースは、同社が取り扱うDUNUのイヤホン「ZEN(禅)」を2月下旬に発売。オープン価格で、税込79,780円前後での実売が予想。

    ダイナミックドライバーのハイエンド機として開発したというモデルで、独自のドライバー技術を進化させた「ECLIPSE」を採用しているのが最大の特徴。

    振動板には、W字型構造のMg-Al合金ドームを採用し、ナノポーラスアモルファスカーボンコーティング(ナノDLC)を施しています。また、振動板の周囲には高分子エラストマーを使用した完全独立型のサスペンションを搭載。外周には制振スタビライザーリングを採用。

    ドライバーのマグネットには、1.8テスラの高磁力カスタム・ネオジム磁石を採用。専用のPCBを設計し、アナログ・デジタル制御とEQ制御を行っています。

    筐体の素材はS316ステンレススチールで、内部は特許取得済みのACISシステムで空気圧を調整。

    付属ケーブルは1.2メートルの8コア高純度単結晶銀メッキ銅リッツ線で、プレーヤー側プラグはモジュラープラグシステムを採用。4.4mm バランス/3.5 mm シングル/2.5mm バランスの付け替えに対応。

    再生周波数帯域は5Hz - 40kHzで、感度は112±1dB、インピーダンスは16Ω、全高調波歪みは0.2%@1kHz。

    【DUNU ZEN 独自D型ドライバー技術「ECLIPSE」採用イヤホン!】の続きを読む

    このページのトップヘ