音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    Brise Audio FUGAKU “アルティメットポータブルオーディオシステム” 250万円  2024年04月24日

    Maestraudio MAPro1000 約14300円のモニターイヤホン  2024年04月22日

    Nothing Ear (第3世代)/ Nothing Ear (a) LDAC対応になったTWSイヤホン  2024年04月19日

    水月雨「夢回–Golden Ages」平面駆動ドライバー搭載で約15300円の完全ワイヤレス  2024年04月14日

    qdc EMPEROR 55万円のユニバーサルイヤホン  2024年04月12日

    TB

    Brise Audioは23日、世界初「イヤフォン + 専用ポータブルアンプ + 専用16芯ケーブル」の“アルティメットポータブルオーディオシステム”「FUGAKU」の概要を発表した。全貌は近日発表するという。オープンプライスで、参考価格は250万円。近日受注開始、夏以降の出荷を予定している。

    イヤフォンと専用のポータブルアンプがセットになっている。イヤフォンは片側8ドライバーの5ウェイ構成(超高域:MEMSスピーカー×1/高域:BAドライバー×2/中域:BAドライバー×2/中低域:BAドライバー×1/低域:Φ8mmダイナミックドライバー×2)となっている。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1586610.html

    【Brise Audio FUGAKU “アルティメットポータブルオーディオシステム” 250万円】の続きを読む

    TB

    アユートは、オーツェイド独自のセラミックオーディオテクノロジーを使用したIEMブランド・Maestraudioの新シリーズで、「MAPro」の第1弾となる「MAPro1000」を5月11日に発売する。価格は14,300円。カラーはGaral Blue、Boost Red、Shower Blue。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1585368.html

    【Maestraudio MAPro1000 約14300円のモニターイヤホン】の続きを読む

    TB
    d6dfbf75-s

    Nothingは4月18日、東京・新木場で開催したコミュニティイベントにおいて、完全ワイヤレスイヤフォンの新モデルとして、前モデルのデザインはそのままに細部まで設計を見直したという「Nothing Ear」と、よりリーズナブルな「Nothing Ear (a)」を発表した。価格はNothing Earが22,800円、Nothing Ear (a)が14,800円で、公式サイトで予約受付を開始している。どちらも4月22日以降に順次出荷予定。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1585436.html

    【Nothing Ear (第3世代)/ Nothing Ear (a) LDAC対応になったTWSイヤホン】の続きを読む

    TB
    620: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 7fa2-xJYG [133.218.161.217]) 2024/03/29(金) 05:10:38.38 ID:bWOjmhq90
    水月雨のGolden Agesって日本でも出るのか
    向こうで注文してまった


    引用元: ・【総合】完全ワイヤレスステレオイヤホン Part225【TWS・左右分離型】

    https://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1710369834/0- 【水月雨「夢回–Golden Ages」平面駆動ドライバー搭載で約15300円の完全ワイヤレス】の続きを読む

    TB

    アユートは、qdcブランドとの共同企画のコンセプトモデル第3弾として、ユニバーサルIEM「EMPEROR」を4月27日に発売する。価格は55万円。EMPERORのカスタムIEM版の「EMPEROR-C」と、同じコンセプトモデルで、カスタムIEM専用モデル「EMPRESS-C」も同日より発売。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1583586.html

    【qdc EMPEROR 55万円のユニバーサルイヤホン】の続きを読む

    このページのトップヘ