音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: イヤホン

    The Dash Pro 年内に国内版発売!M-2、JBL FREE尻目に!?  2017年12月14日

    final Make3 ほか、847通り以上の“音のカスタマイズ”が可能なイヤホン  

    Oriolus RebornおよびMellianus ハイエンドイヤホン2機種!  

    JPRiDEの600円・800円イヤホン、メルカリで転売されまくる【宴の後】  2017年12月13日

    KZ ZS6 2017年ハイコスパ中華イヤホン代表機!ZS5との比較、違いは?  2017年12月12日

    TB

    桜木電子は、ドイツのBRAGI(ブラギ)製品の取扱いを開始。完全ワイヤレスイヤホンに音楽プレーヤー機能や心拍計なども内蔵した「The Dash Pro」を12月22日に発売。オープン価格で、店頭予想価格は46,400円前後(税込)。e☆イヤホンとフジヤエービックでは、12月16日から先行発売します。

    11月初旬に12月上旬発売としていたものが正式に決まったかっこう。もともと輸入品は発売されていたので、すでに入手している完全ワイヤレスイヤホン愛好家も多い機種です。

    完全ワイヤレスイヤホン界期待の新機種・EARIN M-2が依然、発売日が不透明。さらには大手のJBL初の完全ワイヤレスイヤホン・FREEも本当に12月末に発売されるのかも不安視されているなか、先に買わせてしまおう、ということでしょうか。

    とはいえ、JBLはともかく、M-2が出てから2機種を比較して買いたいという人はいそうです。何しろ、両機はいずれも完全ワイヤレスイヤホンでは珍しいBA型機でありますから。

    The Dash Proの内容、仕様についてはこちらでご紹介済みです。
    Bragi The Dash Pro ついに国内発売!価格が…高め?

    【The Dash Pro 年内に国内版発売!M-2、JBL FREE尻目に!?】の続きを読む

    TB

    final_Make3

    finalブランドはイヤホン新プロジェクト「Make」の第1弾製品として、「Make1」、「Make2」、「Make3」という3機種を開発。クラウドファンディングサイトのMakuakeにおいて、14日の11時からサポーターの募集を開始しました。

    Makeシリーズのイヤホンは、finalでは初となる、IEMタイプのデザインを採用。ハウジングは、装着感を徹底的に追求したという形状で、「カスタマイズしたかのような自然で圧迫感の無い装着感を実現した」というのもポイント。

    さらに、音質調整フィルターを交換する事で、ユーザーが好みの音を作る事ができるのが大きな特徴。組み合わせにより「Make1」は 77通り、「Make2」と「Make3」は実に847通り以上の音が楽しめるというのが売り。

    ユニット構成は「Make1」はバランスド・アーマチュア(BA)×3、「Make2」がBA×1とダイナミック型×1のハイブリッド、「Make3」はダイナミック型×1。

    筐体の素材はステンレスで共通。仕上げはモデルで異なり、「Make1」は鏡面、「Make2」はガンメタリック、「Make3」はマットブラック仕上げ。ケーブルはOFCで、Make1はシルバーコート、残りの2モデルはブラックケーブル。MMCX規格でのケーブル着脱も可能。

    finalのイヤホンにしては高価すぎず、一番安いMake3で12,600円コースからあり、Make3で最高59,800円。3つ全部で75,800円など、なかなか現実的。イヤホン愛好家としては3つ買うのが当たり前のようです?

    一般販売しても幅広く人気になりそうな印象です。
    【final Make3 ほか、847通り以上の“音のカスタマイズ”が可能なイヤホン】の続きを読む

    TB

    【ご予約受付中】Oriolus(オリオラス) Oriolus Reborn【ハイブリッド型 ユニバーサル イヤホン イヤフォン】【送料無料(代引き不可)】【12月16日発売予定】

    サイラスは、Oriolusブランドのハイエンドイヤホン「Mellianus」と、「Oriolus Reborn」を12月16日より発売。いずれもオープン価格で、店頭予想価格はMellianusが26万8,000円前後(税込)、Oriolus Rebornが109,800円前後(同)。

    Mellianusはこれまで国内のイヤホン関連イベントで参考展示されていた機種。Oriolusブランド初のフルバランスドアーマチュア機で、同ブランドのフラッグシップモデル。完全受注生産品。

    10基のバランスドアーマチュア(BA)ドライバーを搭載。周波数特性は10Hz~40kHz、インピーダンスは36Ω。

    ケーブルには、高純度の銀線を採用。プラグは2.5mmバランスで、3.5mmステレオミニと、3.5mmバランス、4.4mmバランスへの変換プラグが付属。フォームイヤーチップ(M)や、シリコンイヤーチップ(SS/S/M/L)、革ケースなどが付属。

    「Oriolus Reborn」は「Oriolus 2nd Gen.」を復活させた機種で、ダイナミック型×1とBA×3のハイブリッド構成。周波数特性は5Hz~40kHz、出力音圧レベルは114dB/mW、インピーダンスは16Ω。入力は3.5mmステレオミニ。

    フォームイヤーチップ(M)や、シリコンイヤーチップ(SS/S/M/L)、アルミケース、ソフトケースなどが付属。

    【ご予約受付中】【お取り寄せ】Oriolus(オリオラス) Oriolus Reborn【ハイブリッド型 ユニバーサル イヤホン イヤフォン】【送料無料(代引き不可)】【12月16日発売予定】
    【Oriolus RebornおよびMellianus ハイエンドイヤホン2機種!】の続きを読む

    TB

    1: 風吹けば名無し 2017/12/11(月) 18:18:52.99 ID:2N/KlQpUa
    no title

    引用元: ・【悲報】Amazonイヤホン、メルカリでさっそく転売されまくる

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1512983932/ 【JPRiDEの600円・800円イヤホン、メルカリで転売されまくる【宴の後】】の続きを読む

    TB
    ハイコスパな中華イヤホンメーカーを代表するKZによるハイブリッドイヤホンZS6。樹脂ハウジングでこれまたハイコスパ機として確立されているZS5の上級機で金属ハウジング。上級機とはいえ、アマゾン価格で6500円、本国からの購入では数千円以内ということもあり、かなりコスパは高いと評されています。

    KZ5自体が型番が同じまま内容を一新していて、KZ6の内容はその新KZ5とドライバー構成は同じで、筐体素材と一部内容の違いくらいとのことで、両機の音質もそれほどは違わないという人もいます。

    とはいえ、全く同じということはないようです。
    新ZS5とZS6の基本的な内容について

    また、以下のまとめではあまり触れていませんが、ZS6自体に前期ロットと後期ロットがあり、チューニングが違っているとの情報を載せているサイトがあります。販売店への問い合わせ結果ということで、確かなようです。


    20: 名無しさん┃】【┃Dolby (ニククエW 8781-z22W) 2017/11/29(水) 17:22:45.41 ID:lu3Li7+y0NIKU
    20あれば大丈夫なんだっけ?
    zs6のmmcx化どうしようかなぁ


    引用元: ・低価格でナイスな中華イヤホン Part52

    http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/av/1511879086/ 【KZ ZS6 2017年ハイコスパ中華イヤホン代表機!ZS5との比較、違いは?】の続きを読む

    このページのトップヘ