音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: PCオーディオ

    ESOTERIC N-03T ネットワークオーディオトランスポートに参入!  2018年02月02日

    ティアック NT-505発売!購入者の感想も到着! Sonica DACとの比較も  2018年01月30日

    PCで音楽聴くときの再生ソフトのおすすめはfoober2000 一択?  2018年01月27日

    アイ・オー Soundgenic HDL-RA2HF OpenHome対応オーディオNAS!  2018年01月25日

    ASUS ROG STRIX Z370-F GAMING 国産オーディオコンデンサとはどこ産?  2018年01月21日

    TB

    TEAC(ティアック)のネットワークオーディオプレーヤー新機種・NT-505が1月27日に発売されました。実売価格は168,000円前後。

    購入されたユーザーの方々の感想、レビューも早速届き始めています。

    NT-505の機能についてはこちらでご紹介済みです。
    TEAC NT-505、UD-505との比較、違いは?

    対応音声フォーマットはDSDが22.5MHz、PCMが768kHz/32bitまでのハイスペック。USB伝送には一定のデータ量をコンスタントに転送して安定したデータ転送を実現する「Bulk Pet」技術を新採用しているのもトピックです。外部10MHzクロック入力にも対応。

    OpenHome対応のほか、Spotify ConnectやRoon Ready対応、MQA対応、TIDALやQobuzへの対応などネットワークオーディオプレーヤーとして現在求められる機能をうまく装備している印象です。

    バランスヘッドホン端子が無いのが惜しいくらいで、ラインアウト/プリアンプとしては相当コスパは高いように見受けます。現在はOPPOのSonica DACがその座にあるエントリーからミドルクラス程度のUSB-DAC/ネットワークプレーヤーの新たな定番となれるでしょうか?

    【ティアック NT-505発売!購入者の感想も到着! Sonica DACとの比較も】の続きを読む

    TB

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/24(水) 18:55:07.249 ID:e9MSlEh/0
    なんのプレーヤーがええですか?

    引用元: ・パソコンで音楽聴く時

    http://hebi.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516787707/ 【PCで音楽聴くときの再生ソフトのおすすめはfoober2000 一択?】の続きを読む

    TB

    HDL-RA2HF

    アイ・オー・データ機器は、ネットワークオーディオサーバー用NAS「Soundgenic」を2月中旬より発売。「HDL-RA2HF」はHDD容量 2TBで実売予想価格は35,000円前後。また、オーディオ専門店向けに1TBのSSDを搭載した「RAHF-S1」も発売。実売予想価格は83,000円前後。

    オーディオサーバー利用のために、振動の抑制や静穏性にこだわったNAS。「fidata」で培ったソフトウェア技術を継承しているのも売り。メディアサーバーは「Twonky Server 8」を採用。ジャンルやアルバムを自由に設定できるほか、データベースのリスキャン高速化などで使いやすさを向上。DSDやWAV、FLAC、Apple Lossless、MP3、AACなどのファイルに対応。

    DLNAやUPnP AVに準拠した各種ネットワークプレーヤーと組み合わせて利用可能。同社のオーディオNAS「fidata」シリーズ用に開発したiOSアプリ「fidata Music App」など、DLNA/UPnP AV対応のアプリからSoundgenic内の楽曲を指定して再生できます。

    また、SoundgenicのUSB端子にUSB DACを接続し、USB DACをネットワークプレーヤーとして扱えるのも特徴。対応USB DACはデノン「PMA-50」やiFI Audio「micro iDSD」、ラックスマン「D-05u」、マランツ「HD-DAC1」、OPPO Digital「SonicaDAC」、「HA-1」、クリエイティブ「Sound Blaster X7」など。詳細は製品ページで案内しています。

    USB DAC接続時のDSDファイルはDoP対応で、11.2MHzまで対応。WAV、AIFFは705.6kHz、768kHzまで対応。

    パソコンからの楽曲転送に加え、e-onkyo musicからの楽曲自動ダウンロードに対応。CD/BDドライブからのリッピングや、USBメモリからの楽曲コピーにも対応。

    USB Audio Class 2.0に対応。USBスピーカーをつないで、Soundgenic内の楽曲を再生もできます。

    NAS初心者向けというより、USB接続を活用したPCオーディオ向け機という印象です。幅広いニーズに対応しようという意図はなかなか意欲的に思います。

    本機の価値は、この価格でOpenHomeに対応していることと、USB入力を持ったDACさえあれば、本機・Soundgenicとの組み合わせでネットワークオーディオが簡単に楽しめるという2点に尽きます。OpenHomeによる操作性の確保はかなり大きいでしょう。

    初心者に限らず、ニーズのある内容に思いますので、他メーカーからも同じくらいの価格で機器を出してもらえれば、もっとネットワークオーディオは盛り上がるかと思うのですが。 【アイ・オー Soundgenic HDL-RA2HF OpenHome対応オーディオNAS!】の続きを読む

    TB
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/19(金) 06:15:18.180 ID:RRmf3wiw0
    国産w
    no title

    引用元: ・ASUSが日本企業ヅラしてて草

    http://hebi.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516310118/ 【ASUS ROG STRIX Z370-F GAMING 国産オーディオコンデンサとはどこ産?】の続きを読む

    このページのトップヘ