音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: PCオーディオ

    Creative Sound BlasterX AE-5 ES9016K2M搭載サウンドカード!  2017年07月06日

    HUAWEI MateBook X 世界初Dolby Atmosサウンドシステム搭載ノートPC!  2017年07月05日

    Pioneer N-70AE(S) N-70Aとの違いは!  2017年06月19日

    Pioneer N-50AE N-50A後継機 比較、違いは?  2017年06月18日

    AirPlay 2 ハイレゾ非対応か? iOS 11からの新機能  2017年06月09日

    TB


    ファーウェイ・ジャパンは、日本のパソコン市場に参入。13型のノートパソコン「MateBook X」を7月7日に発売。オープン価格で実売144,800円からを予想。

    新規参入自体と、13型で世界最小クラスを謳うモバイルノートであることが大きな話題となっていますが、PCで世界で初となる、Dolby Atmosサウンドシステムを搭載しているのが大きな特徴です。
    【HUAWEI MateBook X 世界初Dolby Atmosサウンドシステム搭載ノートPC!】の続きを読む


    オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドの新ネットワークオーディオプレーヤー/USB DAC「N-70AE(S)」、「N-50AE」を7月上旬より発売。価格は188,000円、N-50AEは115,000円。

    パイオニアは、USB DAC/ネットワークオーディオプレーヤー「N-70A」と「N-50A」を11月中旬に発売。それぞれ従来機N-70A(142,000円)、N-50A(89,500円)の後継機です。

    ここでは上位のN-70AE(S)をご紹介。
    【Pioneer N-70AE(S) N-70Aとの違いは!】の続きを読む


    オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドの新ネットワークオーディオプレーヤー/USB DAC「N-70AE」、「N-50AE」を7月上旬より発売。価格は188,000円、N-50AEは115,000円。

    パイオニアは、USB DAC/ネットワークオーディオプレーヤー「N-70A」と「N-50A」を11月中旬に発売。それぞれ従来機N-70A(142,000円)、N-50A(89,500円)の後継機です。

    ここではN-50Aをご紹介。

    【Pioneer N-50AE N-50A後継機 比較、違いは?】の続きを読む


    iOS11の発表で、オーディオ面で気になったのはFLAC再生のデフォルト化がまず第一でしたが、次に、AirPlayの後継規格・AirPlay 2でしょう。

    ロスレス再生が可能なワイヤレスのオーディオ再生系ということで、登場当時の2000年代中ごろという時期としてはハイスペックで、注目を集めました。

    サンプリングレートは最大44.1kHz(Apple TVは48kHz)/ビット深度は最大16bit、対応するコーデックはPCMとApple Lossless、AAC、AAC ELD(AACの低遅延版)の4種。

    当時としては立派なものでしたが、その後のBluetoothの爆発的普及により、音質的優位性がありながらも、ワイヤレス再生のメインストリームにはなれなかった感があります。

    そこで、AirPlay 2となれば、今度はハイレゾ対応化か、と身を乗り出したくなります。近頃はとにかく何でもハイレゾ化で、新しさをアピールするのが当たり前。BluetoothさえLDACはともかく、aptX HDがあるくらい。ですから、AirPlay 2もハイレゾ対応化は当たり前と思っていましたが…。

    同時に複数のデバイスへオーディオストリームを出力できる「マルチルームストリーミング」の対応が主で、サポートするコーデックの追加やサンプリング周波数/ビット深度の拡張は行われていないらしいとのこと。

    明確jは発表はまだないとのことでもありますが、ほとんどの(AirPlay対応)Wi-FiシステムがソフトウェアアップデートでAirPlay 2に対応できる、ということでもあり、ハイレゾ対応化はなされていないと見るのが普通でしょう。

    ただ、電話の着信や通知があっても音楽再生が途切れないという新たな機能が付くなど、使い勝手の面での向上は確実にあるようです。

    AirPlay 2に対応するブランドとして、デノンやマランツ、マッキントッシュ、ボーズ、B&W、B&O、Polk、ディナウディオ、NAIM、DEVIALETなどが紹介されています。間違いなくこれら、お馴染みのメーカーからは対応製品が出ることでしょう。

    参考元:ファイル・ウェブの解説記事
    http://www.phileweb.com/review/article/201706/09/2567_3.html 【AirPlay 2 ハイレゾ非対応か? iOS 11からの新機能】の続きを読む

    このページのトップヘ