音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: PCオーディオ

    ドスパラ Diginnos Stick DG-STK4D Atom x5-Z8550搭載のスティックPC!  2017年02月05日

    Pioneer BDR-S11J-X 世界初のUltra HD Blu-ray対応のPC用BDドライブ!  2017年01月25日

    東芝 dynabook T85 ほかONKYOの技術を搭載したハイレゾ対応ノートPC!  2017年01月24日

    まさかヘッドホン厨が音場表現がどうのとか言ってるの?  2017年01月22日

    Raspberry Pi Compute Module 3 価格約4000円で発売 CPU性能10倍!  2017年01月19日




    ドスパラは、無線LANアンテナを筐体外部に装備したスティックPC「Diginnos Stick DG-STK4D」を発売した。税別直販価格は19,980円。

    すでに発売済みのDG-STK4に最新ステッピングのAtom x5-Z8550(1.44GHz、ビデオ機能内蔵)を実装。CPUの最大クロックとGPU性能が向上したスペック強化版となっている。


    主な仕様は、メモリがDDR3L 4GB、32GB eMMC、OSはWindows 10 Home。インターフェイスは、USB 3.0×2、Micro USB(給電用)、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMIを装備。


    本体サイズは約123×59×22mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約95g。付属品としてHDMI延長ケーブルとUSB AC変換アダプタを同梱する。


    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1042129.html


    http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/2/598/6620/0/



    【ドスパラ Diginnos Stick DG-STK4D Atom x5-Z8550搭載のスティックPC!】の続きを読む

    Pioneer_BDR-S11J-X
    パイオニアは、世界初のUltra HD Blu-ray対応のPC用BDドライブ「BDR-S11J-BK」と「BDR-S11J-X」を2月下旬より発売。実売価格はスタンダードモデル「BDR-S11J-BK」が22,000円前後、オーディオ仕様の上位モデル「BDR-S11J-X」が35,000円前後。 【Pioneer BDR-S11J-X 世界初のUltra HD Blu-ray対応のPC用BDドライブ!】の続きを読む

    T85

    東芝クライアントソリューションは、PCの店頭向け2017年春モデルとして、オンキヨーとAudysseyによるサウンド技術を搭載したノートPC「dynabook T」シリーズを2月上旬より順次発売する。

    ・「dynabook T85」(2月上旬発売、23万円前後)
    ・「dynabook T75」(2月上旬発売、20万円前後)
    ・「dynabook T55」(2月下旬発売、16万円台半ば)
    ・「dynabook T45」(2月下旬発売、13万円台半ば)

    dynabook Tシリーズは同社PCの中でも音質を強化したモデルで、オーディオブランドであるオンキヨーと、シアター音響補正技術を持つAudyssey Laboratoriesと共同で開発した「dynabookサウンドエンジン by Audyssey」を搭載。

    音の広がりや明瞭度に優れたスピーカーと、自然な音に近づける音響補正技術を融合することで、包み込まれるような立体音場と迫力のサウンドを体験できるとしている。また、音楽・映画・ゲーム・通話の利用シーンに最適化した4つのサウンドモードを選択、エフェクトやイコライザーで調整することで、自分好みの音にチューニングできる。

    Tシリーズのうち「T85」「T75」「T55」は15.6型フルHD(1,920×1,080)、「T45」は15.6型(1,366×768)の液晶ディスプレイを採用。ハイレゾ音源再生に対応するソフト「TOSHIBA Media Player by sMedio TrueLink+」がプリインストールされる。

    CPUにはインテル第7世代CPUと高速転送速度のDDR4メモリを、OSには「Windows 10 Home 64ビット(Anniversary Update適用済)」を搭載。T85は512GB高速SSD、そのほかは1TB HDDを採用している。カラーはT85がプレシャスブラックとサテンゴールドの2色展開、そのほかはリュクスホワイトを加えた3色がラインナップされる。

    また、2017年PC春モデルとして、ほかにも「dynabook RX73」が1月25日、「dynabook RX33」が2月下旬より発売される。dynabook RX73は13.3型モバイルノートPCで、豊富なインターフェースとBDドライブなどの光学ドライブを備える。後に発売される13.3型ネットノートdynabook RX33は、光学ドライブ非搭載シリーズとしてラインナップされるもの。

    http://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201701/23/726.html


    【東芝 dynabook T85 ほかONKYOの技術を搭載したハイレゾ対応ノートPC!】の続きを読む

    175: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 47dc-+PkI) 2016/12/27(火) 14:56:03.48 ID:8o3WpDrk0
    oji specialか。やっぱこのスレヘッドホンユーザー多いんだな。
    それにしても筐体ダサすぎて音良くても無理だわ。


    引用元: ・【ミドル級】民生用DACのオススメ【21台目】

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1479983150/ 【まさかヘッドホン厨が音場表現がどうのとか言ってるの?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/17(火) 13:50:49.91 ID:CAP_USER
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/17/news082.html
    no title


     英非営利団体のRaspberry Pi Foundationは1月16日(現地時間)、産業/組み込み用に特化した モジュールの最新版「Compute Module 3」(CM3)を発売したと発表した。日本ではアールエスコンポーネンツのサイトで 3949円(税・送料別)で販売している。eMMCフラッシュなしのライトモデルは3217円。

    「Raspberry Pi 3」で採用のBCM2837と1GBのRAMを搭載する。Compute Moduleのオリジナル版よりCPU性能は10倍、RAMは2倍になった。

     CM3はオリジナルと基本的に後方互換性があるが、オリジナルより高さが1ミリ伸びた。
    また、CPUの性能が上がった分だけ稼働中の発熱も高くなるため、利用方法によっては熱対策を考える必要がある。

    引用元: ・【PC】超小型コンピューター「Raspberry Pi」CPU性能10倍の「Compute Module 3」を約4000円で発売

    http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484628649/ 【Raspberry Pi Compute Module 3 価格約4000円で発売 CPU性能10倍!】の続きを読む

    このページのトップヘ