音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: PCオーディオ

    Numbus Data ExaDrive DC100 世界初100TBの3.5インチSSD! 5MBの音楽データなら2000万曲収まる!?  2018年03月23日

    PCに「サウンドカード」つけてる? Sound Blasterってまだあったんだ…  2018年03月13日

    LUXMAN AUDIO OSECHI BOX ラズパイ搭載ネットワークプレーヤー!  2018年03月07日

    中学生ワイ「mp3は音質悪いんか!flacがええんやな!よし!」  2018年03月05日

    Marantz NA8005 中古機に突入もアプリが改善しないことには…  2018年03月04日

    TB
    no title

    628: Socket774 2018/03/21(水) 10:25:31.37 ID:XmjZ0W8Q
    容量100TBの3.5インチSSD発表。5MBの音楽データなら2000万曲収まるデータセンター向け製品

    サムスンが30TBの大容量SSDを発表したのはほんの1か月前でしたが、ライバルとなるフラッシュストレージメーカーNumbus Dataは、その3倍以上の容量となる100TBのSSD「ExaDrive DC100」を出してきました。フォームファクタは3.5インチ、SATAインターフェースを備え、内部には100TBぶんの3D NANDフラッシュが詰め込まれています。

    Nimbus Dataはその容量をわかりやすく伝えるため、家庭用PCに収まる大きさのストレージに、2000万曲分の音楽データが保存できると説明していますが、数字が大きすぎてかえって想像できません。どうせ例えるなら「Spotify収録の全曲(およそ4000万)をExaDriveDC100 2台でカバー可能!」などと書くほうがわかりやすいというものです。

    価格は公表されてはいないものの、データーセンターなどで利用する大容量ストレージであるため、おそらくは数万ドル級、安い車が買える価格帯になるはずです。

    https://japanese.engadget.com/2018/03/20/100tb-3-5-ssd-5mb-2000/

    これ一個で一生分だな、けど飛んだらと思うと怖い ('A`)

    引用元: ・('A`)情熱が枯れてしまった人のスレ82( ´A`)

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/jisaku/1518637505/ 【Numbus Data ExaDrive DC100 世界初100TBの3.5インチSSD! 5MBの音楽データなら2000万曲収まる!?】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [BR] 2018/03/08(木) 12:07:11.82 ID:69Ced+Uk0 BE:422186189-PLT(12015)
    PC用サウンドカード「Sound Blaster」シリーズや様々なスピーカーやヘッドホン等を開発し、
    ワールドワイドで展開をしているCreative Technology Ltdの日本法人であるクリエイティブ
    メディア株式会社(東京都千代田区外神田4-7-7、略称:クリエイティブメディア)から以下の
    情報をご案内致します。

    http://www.4gamer.net/games/004/G000421/20180307052/TN/001.jpg

    http://www.4gamer.net/games/004/G000421/20180307052/

    引用元: ・PCに「サウンドカード」つけてる?

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1520478431/ 【PCに「サウンドカード」つけてる? Sound Blasterってまだあったんだ…】の続きを読む

    TB
    AUDIO OSECHI BOX
    ラズパイなどのワンボードコンピュータによる新しいオーディオプラットフォームの規格策定を目指す「ワンボードオーディオコンソーシアム」は、ボードメンバーのラックスマンが開発した「Raspberry Pi 3」搭載オーディオの試作機・AUDIO OSECHI BOXを披露。

    6.5寸の重箱サイズの筐体のコンポ。Raspberry Pi 3搭載DAC/ネットワークプレーヤー「JU-001」と、同サイズのUSBハードディスク「JU-002」から構成。

    JU-001はD/Aコンバーターおよびネットワークプレーヤー。Raspberry Pi 3によるコア部と、そこにI2S接続されたD/Aコンバーターを内蔵。DACチップはTI製「PCM5122」を採用。ネットワークプレーヤーはDLNAおよびOpenHomeに準拠。専用設計の電源トランスとシリーズレギュレーターによる電源回路を備えるなど、ラックスマンの音質技術やノウハウが投入されているのが特徴。外部クロック機器への接続対応もポイント。

    JU-002はJU-001との組み合わせを想定しUSBストレージとなる部分。2機種の組み合わせでUSBメモリを挿すと自動で再生できる機能などを持ちます。

    Raspberry Pi上で再生された音楽は、I2S接続されたDAC部へと出力され、このI2S接続の他のUSBなどとの接続よりも音質的に優位であることがラズパイオーディオ製品のメリットです。

    まだ製品化は決まっていませんが、出すとすればDA-150と同じぐらいのグレードということで、10万円以内を目指したいとのことです。

    I2S接続の音質的メリットがオーディオ愛好家に広く認知されれば、ラズパイを使ったPCオーディオ機器の存在感は大いに高まると思います。もちろん、価格も手頃であって欲しいところ。ラズパイ自体が安いものであるだけに。その点でもラックスのこの取り組みは大いに期待できそうです。

    同じ筐体を用いたアナログ入力専用ヘッドホンアンプ「JI-003“AMP”」、USB接続のCDプレーヤー「JU-004“DISC”」も検討されているとのことで、こちらも気になります。

    【LUXMAN AUDIO OSECHI BOX ラズパイ搭載ネットワークプレーヤー!】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2018/03/01(木) 23:37:21.26 ID:2OYXybG+0
    kyoku.mp3

    kyoku.

    kyoku.flac

    ワイ「^_^」

    引用元: ・中学生ワイ「mp3は音質悪いんか!flacがええんやな!よし!」

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1519915041/ 【中学生ワイ「mp3は音質悪いんか!flacがええんやな!よし!」】の続きを読む

    TB

    生産完了オーディオ製品紹介。NA8005は2014年に129,500円で発売されたネットワークオーディオプレーヤー。

    徹底したノイズ対策が特徴の上位モデル「NA-11S1」(330,000円)の技術を投入しつつ価格を抑えたミドルクラス機。

    D/Aコンバーターにシーラスロジック製「CS4398」を搭載し、ネイティブDSD変換と192kHz/24bitのPCM信号に対応。接続したパソコンなどからの高周波ノイズによる音質への悪影響を排除する「デジタル・アイソレーション・システム」を搭載。

    DLNA 1.5準拠のネットワーク再生機能を備え、AIFF/WAV/FLACは192kHz/24bit、Apple Losslessは96kHz/24bit、DSDは2.8/5.6MHzまで対応。FLAC/WAVはギャップレス再生もサポート。USB DACは、ハイレゾのFLAC/WAVやDSDなどの再生に対応。DSDは2.8/5.6MHz対応で、ASIOドライバによるネイティブ再生と、DoP(DSD Audio over PCM Frames)の両方に対応。PCMデータは192kHz/24bitまでサポート。アシンクロナスモードにも対応。AirPlayに対応。

    スマートフォン用にリモコンアプリ「Marantz Remote App」を用意し、Wi-Fi経由で本機を操作することも可能。

    インターフェイスとして、USB×2、光デジタル入力×1、同軸デジタル入力×1、光デジタル出力×1、同軸デジタル出力×1、アナログ音声出力(L/R)×1、有線LAN×1などを搭載。本体サイズは440(幅)×105(高さ)×336(奥行)mm。重量は7.2kg。

    2018年11月に、後継機のND8006が発売され、本機はディスコンになりました。ND8006はCDプレーヤーも備えているので変則的な形での後継機ですが、価格は同じと、機能面ではお得になっています。さらにはUSB-HDDを接続可能、Bluetooth、AirPlay、Spotifyなどの音楽ストリーミングに対応する多機能ぶり。

    ND8006の詳しい内容はこちら。NA8005と比較しての違いもわかります。
    Marantz ND8006 ネットワーク一体型CDプレーヤー!

    普通に考えるとND8006のほうがCDのコスト分、オーディオ機器としての基本的な音質グレードではNA8005に劣りそうですが、メーカーではむしろ音は良くなっていると謳っています。当然の主張ではありましょうから、CDは全く不要というなら価格の安いNA8005の中古なども悪くない可能性もあります。

    ただ、問題はマランツも含めたD&Mグループ機器でのネットワークプレーヤーの操作性、ソフト、アプリの完成度の低さという悪い定評があること。ND8006が発売されてもなかなかその点が良くなっているという評判でもないようで、そうなるとNA8005もなかなか使いづらいかもしれません。
    【Marantz NA8005 中古機に突入もアプリが改善しないことには…】の続きを読む

    このページのトップヘ