音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: PCオーディオ

    ネットワークプレーヤーが流行るのは もう無いと思うよ?  2015年12月03日

    Cambridge Audio CXN DSD対応ネットワークプレーヤー/プリアンプ  2015年11月30日

    サンディスク ウルトラ プレミアムエディション microSDX UHS-Iカード世界初の200GB microSDカード!  2015年11月11日

    DSDストリーミング視聴ソフト「PrimeSeat v1.1.0 beta」 無償提供 ショパン国際ピアノコンクール・受賞者コンサートのDSDライブ配信実施5  2015年10月22日

    SONY 「Media Go 3.0」 提供開始 ハイレゾ対応オーディオプレーヤーソフト  2015年10月19日

    引用元: ・ネットワークプレーヤー総合22

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1443274939/
    381: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/28(土) 12:13:53.00 ID:/Hb2q759.net
    LANとUSBで音が変わるのもオカルトだと思われてて
    値段も二倍程だし、操作も不便だからネットワークプレーヤーが流行るのは
    もう無いと思うよ

    【ネットワークプレーヤーが流行るのは もう無いと思うよ?】の続きを読む


    ナスペックは、Cambridge Audioのネットワークプレーヤー「CXN」を11月25日に発売。オープン価格で、15万円前後での販売が予想。カラーはシルバーとブラックの2色。

    USB-DAC機能も備えたネットワークオーディオプレーヤー。AirPlayやインターネットラジオにも対応。

    最大2.8MHz DSDおよび192kHz/24bit PCM(WAV/FLAC/ALAC/AIFF)に対応。DACにはWolfsonの「WM8740」を2基搭載し、差動モードで駆動。ジッターノイズを低減しているとしています。また、Cambridge Audio独自の高音質アップサンプリングシステム「ATF2 upsampling」を備え、MP3などをアップサンプリング可能。

    入力端子には光デジタル/同軸デジタル端子を各1系統用意。USB tyepA端子を2系統、USB tyepB端子を1系統搭載。USB tyepA端子はフロントと背面に1系統ずつ。USBメモリーの再生や、別売のBluetoothレシーバー「BT100」を接続して、ワイヤレス再生(aptX対応)も可能。出力端子には、光デジタル/同軸デジタル端子を各1系統、RCA1系統、XLR1系統装備。

    また、デジタル入力専用プリアンプとしても使用可能。ボリュームコントロールはBlackfin DSPによりデジタルで行われる。ボリュームを絞った際もデータのビット落ちを防ぎ、音質をキープするという触れ込み。

    筐体は高剛性メタルシャーシ。フロントパネルには日本語表示対応のカラーディスプレイを備えます。

    外形寸法は430W×85H×305Dmm、質量は4.0kg。

    英国メーカーながら、日本メーカー製と対等に渡り合えるコストパフォーマンスを備えたメーカーという定評のあるCambridge Audioからの新製品。今回も機能をうまく合理的に選別、搭載することでコストパフォーマンスの高さを感じさせます。

    引用元: ・ネットワークプレーヤー総合22

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1443274939/ 【Cambridge Audio CXN DSD対応ネットワークプレーヤー/プリアンプ】の続きを読む


    サンディスク(株)は、世界初の200GB microSDカードとなる「サンディスク ウルトラ プレミアムエディション microSDXC UHS-Iカード」(SanDisk Ultra 200GB Premium Edition)を12月に発売。オープン価格で4万円前後での販売が予想。

    128GBのmicroSDXCカードで培った独自技術を継承し、ストレージ容量を56%拡大。容量を200GBまで増やしたことで、動画やハイレゾ音源、写真などを大量に保存することが可能になるとしています。同社の試算では、フルHD動画を20時間分保存できるとしています。最大転送速度は90MB/秒。

    ハイレゾ対応DAPでmicroSDXCカードを使用しているユーザーにとってはうれしい大容量でしょう。

    すでに本製品の平行輸入品がさらに安価に発売されているので、国内品の価格はもっと安くなって欲しいところです。

    どこかのSDカードのように、ハイレゾ対応と謳ってはいても、高音質になるSDカードという意味ではないようです。

    microSDカードの高容量化もまだまだ進化しそうです。

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/01(日) 16:18:07.778 ID:MovDPw3+0.net
    今市販では512GBが最大って聞いたけど

    引用元: ・microSDの容量はどのくらいのスピードで進化してんの

    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446362287/ 【サンディスク ウルトラ プレミアムエディション microSDX UHS-Iカード世界初の200GB microSDカード!】の続きを読む

    TB
    5
    PrimeSeat
    第17回ショパン国際ピアノコンクール「受賞者コンサート」が、DSDライブ・ストリーミングによってハイレゾ音質で全世界に生中継されることになりました。日時は10月23日(金)と24日(土)、日本時間で深夜午前02:00より。ポーランド・ワルシャワの会場からDSD 5.6MHzで生中継。 受賞者の第1位~第6位が演奏。

    両日とも、前半に第6位から第2位までの受賞者がピアノソロ(各10分)を演奏し、休憩を挟んで後半に第1位を受賞したチョ・ソンジンが協奏曲を演奏。指揮者はヤツェク・カスプシク、管弦楽はワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団。

    第17回 フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール 受賞者

    チョ・ソンジン(第1位)
    シャルル・リシャール=アムラン(第2位)
    ケイト・リウ(第3位)
    エリック・ルー(第4位)
    イーケ・トニー・ヤン(第5位)
    ドミトリー・シシキン(第6位)

    DSDライブ・ストリーミングを視聴するには、パソコン(Windows/Mac)に専用ソフトウェア「PrimeSeat v1.1.0 beta」を無料インストールする必要があります。対応OSはWindows 7/8/8.1/10とMac OS X 10.8~10.10。Mac OS X 10.11(El Capitan)には非対応。

    従来のPrimeSeatではDSD 5.6MHz/1bitに対応したKORGまたはソニー製のUSB-DACが必要でしたが(従来のVer.1.0では、コルグのDS-DAC-10/100/100mやソニーのUDA-1/PHA-2/PHA-3接続時のみ利用できた)、この度、DACのメーカー限定仕様を解放することになりました。また、DACを接続しない場合でも、手持ちのパソコンの再生能力に応じた音質(例えば、PCM 96kHz/24bitなど)に自動コンバートして再生することができるようになっています。DSD対応のUSB-DACを接続すれば、DSDで聴取できます。

    なお、DSDネイティブ再生には、Windowsの場合ASIO DSDモードに対応したDACなどが必要。また、MacはCore Audioに対応した端末で、上記のコルグ製端末またはDoP(DSD over PCM)に対応した端末が必要となります。

    コルグhttp://www.korg.com/jp/
    DSD Live Streaming
    http://dsd.st/ja/
    ニュースリリース
    http://www.korg.com/jp/news/2015/1019/

    引用元: ・2015 ショパン国際ピアノコンクール part3

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/piano/1445332788/ 【DSDストリーミング視聴ソフト「PrimeSeat v1.1.0 beta」 無償提供 ショパン国際ピアノコンクール・受賞者コンサートのDSDライブ配信実施】の続きを読む

    ソニーは、オーディオプレーヤーソフト「Media Go」の最新バージョンMedia Go 3.0を提供開始。新たにWindows 10に対応したほか、新ハイレゾコンポの「CAS-1」などの対応機器追加が行なわれました。対応OSは、Windows Vista/7/8/8.1/10。

    新たにWindows 10に対応したほか、ASIO再生の応答を向上。また、拡張されたThrow機能を用いてメディア再生や機器を操作できるオプションを追加したほか、ポッドキャスト ディレクトリの話題のポッドキャスト コーナーで、人気の新着コンテンツを見つけられるようになりました。

    対応機器も追加・拡充され、ウォークマンNW-A20やNW-ZX100などの最新ハイレゾウォークマンや、サウンドバー「HT-RT5」、ハイレゾ対応小型オーディオシステム「CAS-1」、ポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-1A ポータブル」などに対応。対応機種リストはソニーのホームページで案内されています。

    引用元: ・○○●Media Go 5th●○○

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/software/1432643723/ 【SONY 「Media Go 3.0」 提供開始 ハイレゾ対応オーディオプレーヤーソフト】の続きを読む

    このページのトップヘ