音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 新製品

    SANSUI SDN20-B11 音質にこだわったという液晶テレビ!? あのサンスイが…  2015年07月13日

    ULTRASONE Edition M ポタ研で国内初公開!  2015年07月12日

    ALO audio Continental Dual Mono DSD対応真空管ポタアン デカイ!?【ポタ研】  

    Astell&Kern AK100II 花澤香菜コラボモデル約12万円で7月31日発売!  2015年07月11日

    楽器に塗るだけ。軽いタッチで音が鳴り、聞いた人間の感受性を高め、安らぎを与える『音響水』!?  2015年07月10日

    SDN20-B11
    (株)ドウシシャは、SANSUIブランドより、和紙技術を応用した新開発の“W-RPM(WASHI Relative Pulp Mold)スピーカー”を搭載する液晶テレビを7月中旬より発売。20型の「SDN20-B11」と16型の「SDN16-B11」。価格はオープンだが、20型は35,000円前後、16型は28,000円前後での実売が予想。

    音質にこだわったという液晶テレビで、コーン紙表面に和紙素材を使用したW-RPMスピーカーを搭載することが特徴。使用した和紙素材は、伝統的な美濃和紙の紙抄き技術を応用し、2つの性質の異なる素材を1枚の紙に抄きあげたもの。

    W-RPMスピーカーは、使用した和紙素材のもつハリとしなやかさにより、従来のスピーカーと比べ高音から低音域までクリアで広がりのあるサウンドを表現するとのこと。

    チューナーは、地上デジタル×1。入力はHDMI端子を2系統、アナログAV端子を1系統、出力はヘッドホン端子。

    引用元: ・サンスイ ■ SANSUI総合スレッド 55 ■ 山水

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1417391891/
    598: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/10(金) 22:35:19.27 ID:1rzuWd7Py
    >>597

    SANSUI、和紙技術を応用した“W-RPMスピーカー”搭載の液晶テレビ
    http://www.phileweb.com/news/d-av/201507/10/37063.html

    「音質にこだわり」ってもねえ…。

    【SANSUI SDN20-B11 音質にこだわったという液晶テレビ!? あのサンスイが…】の続きを読む

    TB
    ULTRASONE_Edition_M
    フジヤエービック主催のポータブルオーディオイベント「ポタ研2015夏」が7月11日、中野サンプラザで開催。

    OPPO Digital Japan、ULTRASONEとCHORDを扱うタイムロードのブースでは、発売が正式発表されたばかりのULTRASONEのオンイヤー型ヘッドホン「Edition M」を披露。発売時期は8月中旬。12万円前後での実売が予想。

    ULTRASONEの最上位「Edition」シリーズで初となるオンイヤー型ヘッドホン。5月に開催された独「HIGH END」にて実機が初公開されていたモデルが国内初披露。

    146gという軽量設計を実現しつつ、チタンプレーテッドドライバーやエチオピア・シープスキンによるヘッドバンド/イヤーパッドなど、Editionシリーズの技術や仕様を継承。モバイルヘッドホンとして新規設計されたモデル。

    Edition Mは高級ヘッドホンEditionシリーズにおいて、これまでのモデルより小口径のφ30mmドライバーを採用し、ポータビリティーを追求したモデル。しかし、φ30mmであっても、Edition 8などと同様にチタニウムプレイテッドドライバーを採用しており音質に妥協はないとしています。

    スライダー部分の金属を薄くするなど、軽量化を図った結果、260gのEdition 8に対して、Edition Mは145gと軽量なのも特徴。

    エチオピア・シープスキンによるイヤーパッドはEdition 8と同じ厚みがあり、さらに側圧も強すぎないため、オンイヤータイプでありながらも、長時間リスニングでも負担は少ないよう配慮。

    スピーカーのような自然な音の広がりと定位を実現する「S-Logic Plusテクノロジー」や、電磁波低減提言技術の「Ultra Low Emittionテクノロジー」ももちろん搭載。

    再生周波数帯域は10Hz~38kHzで、インピーダンスは40Ω。出力音圧レベルは99dB。

    ケーブルはMMCXプラグによる着脱式で、本体側のMMCXプラグは日本国内モデルのみ「Edition 8 Romeo/Julia」と同様のMMCX端子を採用。付属のケーブルは長さ1.2mで、リモートマイクを装備。

    引用元: ・ULTRASONE Edition66 ©2ch.net

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1435401290/ 【ULTRASONE Edition M ポタ研で国内初公開!】の続きを読む

    フジヤエービック主催のポータブルオーディオイベント「ポータブルオーディオ研究会 2015夏(ポタ研)」が中野サンプラザで開催。

    ミックスウェーブのブースでは、ALO audioから今月中に国内発表予定のUSB-DAC搭載ポタアン「Continental Dual Mono」を出展。

    本機は左右chを独立させたデュアルモノラル構成のポータブルアンプ。アンプ回路にサブミニチュア管「6111」を1本ずつ、合計2基搭載している構成。なお、2基の真空管は交換可能。

    DAC部にはWolfsonのフラッグシップチップ「WM8741」を採用し、USB入力経由で最大384kHz/32bit PCM、2.8MHz DSDまで対応。さらにアナログ音声入力として、通常の3.5mmのほかに2.5mmバランスも装備。音声出力にも、3.5mmステレオミニのほかに2.5mmバランス出力端子を装備。


    引用元: ・『ポータブルアンプ持ち歩いてる奴集合』 86台目

    【ALO audio Continental Dual Mono DSD対応真空管ポタアン デカイ!?【ポタ研】】の続きを読む

    AK100II_KANA_HANAZAWA
    アユートは、Astell&Kernのハイレゾオーディオプレーヤー「AK100II」の花澤香菜コラボモデル「AK100II KANA HANAZAWA エディション」を7月31日より発売。直販サイトでの価格は119,800円(税込)。300台限定での販売。7月10日より先行予約が開始。

    AK100IIと声優の花澤香菜さんのコラボモデルで、本体へのオリジナルのロゴ刻印やオリジナルケースの付属、未発表のハイレゾ音源のプリインストールなどが特徴。基本的な本体仕様は通常のAK100IIと同様。

    本体については、フロントパネルとリアパネルにそれぞれ、花澤香菜さんのオリジナルロゴマークをレーザー刻印。本体カラーはシルバー。またオリジナルロゴを刻んだイタリアPUレザー製オリジナルケースが付属。パッケージも独自デザインを採用。

    なお、先行予約者への特典として、花澤香菜本人による、録り下ろしメッセージボイスをダウンロードできる URL とパスコードを記載したスペシャルカードが付属。

    引用元: ・【iriver】 DAP AKシリーズ 統合スレ 8台目

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1436259455/ 【Astell&Kern AK100II 花澤香菜コラボモデル約12万円で7月31日発売!】の続きを読む



    1: ミッドナイトエクスプレス(家)@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 21:23:22.93 ID:kWhLMZxr0.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    楽器に塗るだけで効果があるという「音響水」
    ttp://srad.jp/story/15/07/09/0628258/
    ttp://www.onkyosui.com/

    楽器になるだけで「演奏性が向上」するという「音響水」なるものがあるそうだ。

    この音響水は管楽器のマウスピースやリード、ベル、ピアノのフレームや響板、弦楽器のブリッジやペグ、エンドピン、テールピース、ピックアップ、弦、さらにマイクグリルやケーブル端子、アナログ盤などにスプレーしたり、 布に付けて塗布するだけで効果があるというもので、「軽いタッチでも楽器が鳴るようになる」など、「みるみる音が変わる」という。

    なお、「使用方法」ページにある動画によると、「音響水は化学物質不使用なので安全」だそうで、成分は水と鉱石抽出ミネラルとのこと。販売価格は50mlで1500円(税込)。

    引用元: ・楽器に塗るだけ。軽いタッチで音が鳴り、聞いた人間の感受性を高め、安らぎを与える『音響水』

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1436444602/ 【楽器に塗るだけ。軽いタッチで音が鳴り、聞いた人間の感受性を高め、安らぎを与える『音響水』!?】の続きを読む

    このページのトップヘ