音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 新製品

    Razer Project Valerie 4K×3画面のノートPC!【CES2017】  2017年01月09日

    ONKYO DP-CMX1 ハイレゾスマホ HI-RES SMARTPHONE(仮) 参考出展!  2017年01月08日

    サムスン QLED Q9 4K/HDR対応・量子ドット液晶テレビを一新!  

    SONY BRAVIA X940E/X930E 4K/HDR対応LED液晶テレビ!  

    beyerdynamic Xelento remote テスラ技術搭載の新イヤホン!  

    1: 峠 ★ 2017/01/06(金) 16:10:36.83 ID:CAP_USER
     こういうの、ずっと欲しかったんです。

     ゲーマーやガジェットオタクの夢、「広がるディスプレイ」。スマートフォンでは折りたたみ
    ディスプレイの登場が近いなんていわれますよね。ゲーミングデバイスメーカーのRazerは
    ひと足早く、スライド展開される4K解像度/3画面搭載ラップトップのコンセプト「Project Valerie」を CES 2017にて公開しました!

     3つの17.3インチディスプレイを搭載したこのProject Valerie、内蔵グラフィックスチップや
    プロセッサーもNvidiaの「GeForce GTX 1080」にIntelのKaby Lake世代Core iプロセッサーと最先端。 VRだってどんとこいです。そしてラップトップを開くと、メインディスプレイの両脇から自動で
    4K解像度ディスプレイがせり出してくるんです! すげえよ、こういうのを待っていたんだよ!

     実に残念なことに、Project Valerieはまだコンセプト段階。ただし米Gizmodoの記者が試用したところ、 その感想は「素晴らしい」の一言。パワフルなNvidia 1080は3モニターを苦なく駆動できた…のですが、 『バトルフィールド1』をプレイしたところ常にファンが回りっぱなしになり目玉焼きを焼けるくらい 本体が熱くなってしまったのは考えものです。

     発売予定なしの価格設定なし、さらに貸し出し品ではモニターの自動展開機構が実装されて
    いませんでしたが、Project Valerieの提案する「4K解像度x3枚=12K解像度」という提案はあまりにも魅力的。 ガチなゲーマーなら絶対に欲しくなるはずの1台ですね!

    CES 2017:
    ・ゲーマーのためのWi-Fiルーターが、ある
    ・Acerによる超豪華スペックのゲーミングラップトップPC「Predator 21 X」

    no title


    ソース
    http://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_117729/

    引用元: ・【PC】ゲームセンターが家にきた! 4K/3画面搭載ラップトップ、Razer「Project Valerie」の威力を見よ

    http://carpenter.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1483686636/ 【Razer Project Valerie 4K×3画面のノートPC!【CES2017】】の続きを読む


    ONKYO_HI-RES_SMARTPHONE

    オンキヨーはCES 2017において、かねてより開発を明らかにしている、ハイレゾ対応スマホを参考展示しました。まだ型番はなく、「HI-RES SMARTPHONE」という仮称で紹介されました(DP-CMX1という型番ではないかという情報も以前から出ています)。発売時期やキャリアなどは未定です。 【ONKYO DP-CMX1 ハイレゾスマホ HI-RES SMARTPHONE(仮) 参考出展!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/01/07(土) 12:30:41.94 ID:CAP_USER
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1037791.html
    no title


    Samsungは、「CES 2017」のプレスカンファレンスで、液晶テレビやUHD Blu-rayプレーヤー、
    ワイヤレスオーディオなどの新製品を披露。テレビは量子ドット(Quantum Dot)採用のモデルを新たに 「QLED TV」として展開することなどを発表した。


    同社はこれまで量子ドット採用の液晶テレビを「SUHD」として展開し、 '15年のCESでは、それまでの有機EL(OLED)から量子ドット採用液晶へ一本化。有 機EL(OLED)と比べても色再現や消費電力などで優位であるとアピールしてきた。

     '17年の新モデルも方式は同じく量子ドットだが、新たな量子ドット素材を採用することで、
    表現できる色域をDCI-P3比で100%まで拡張。ピーク輝度は1,500~2,000nitsとしている。
    これを“世界初のQLED TV”と呼び、曲面型の「Q8」シリーズと、フラット型の「Q9」シリーズで展開。 「テレビのカテゴリを再定義し、テレビの新時代の到来を告げる」とアピールしている。

    (以下略)

    引用元: ・【家電】サムスン、量子ドット採用の液晶テレビを発表 有機ELより高画質の「QLED TV」

    http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483759841/ 【サムスン QLED Q9 4K/HDR対応・量子ドット液晶テレビを一新!】の続きを読む

    ソニーはCES 2017において、数多くのオーディオ・ビジュアル製品を発表しました。最大の話題は、画面から音を発するという4K有機ELテレビ「BRAVIA A1E」ですが、同時にエッジ型LEDながらハイコントラスト映像再現と、薄型化を実現した「BRAVIA X940E/X930Eシリーズ」も発表しました。

    有機ELはまだ早い、高いといった方にはまだまだ液晶テレビが現実的な選択肢になることでしょう。

    【SONY BRAVIA X940E/X930E 4K/HDR対応LED液晶テレビ!】の続きを読む

    beyer_Xelentoremote
    beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)はCES 2107において、開放型ヘッドホン「AMIRON HOME」とともに、テスラ技術搭載の新イヤホン「XELENTO REMOTE」を展示しました。ヨーロッパでの価格は999ユーロ。 【beyerdynamic Xelento remote テスラ技術搭載の新イヤホン!】の続きを読む

    このページのトップヘ