音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 新製品

    シャープ 有機ELテレビ開発へ!  2017年06月22日

    Pioneer RAYZ Rally XW-LTS5 世界初Lightningスピーカーフォン!  

    aiwa CDラジカセ 新機種!往年の名機との違いは大きい?  2017年06月21日

    FX-AUDIO- TUBE-01J LIMITED 6,480円の真空管式プリアンプ!  

    LE-5050TS4K-BK 予約生産販売中止!安過ぎて人気過熱!  

    sharp
    シャープが有機ELパネルの自社開発をしたうえでの有機ELテレビ開発に乗り出します。

    シャープは6月20日に株主総会を行い、6月末に東証一部への復帰申請も行うというタイミング。

    早期黒字化に向けた3つの構造改革として、「経営資源の最適化」、「責任ある事業推進体制」、「成果に報いる人事制度の具体化」の具体化に注力。2017年度は、「技術への積極投資」、「グローバルでのブランド強化」、「新規事業の加速」により、反転攻勢に向けた競争力を強化し、当期純利益の黒字化を目指す姿勢を示しました。

    この一環が有機ELテレビ開発と言えましょう。

    有機ELテレビについては、戴正呉社長は、「有機ELの試作は行なっているが、いまは、有機ELパネルはLG電子のものしかなく、供給数が少ない。また、価格が高い。シャープは、日本の有機ELパネルで出したい」などと述べました。一方、「日本製の有機ELを出したいが、戦略はまだ長い」とも述べていて、自社製パネルを実際に供給できるかはまだまだ道のりは長そうです。

    1: ノチラ ★ 2017/06/21(水) 08:49:50.19 ID:CAP_USER
    シャープは20日、株主総会後に開いた経営説明会で、大型テレビ向けの次世代パネル「有機EL」の生産に乗り出すことを明らかにした。有機ELテレビはパナソニックなど日本の家電メーカーが相次いで発売している。ただ、基幹部材となる有機ELパネルは先行する韓国メーカーがほぼシェアを独占しており、後発のシャープは厳しい競争を強いられそうだ。

    ■“日の丸パネル”で大型TVを

     有機EL事業担当の伴厚志氏は「スマートフォンやノートパソコン向け中小型パネルの開発と並行し、大きなテレビに結びつけていきたい」と話し、大型パネルの生産への意欲を示した。事業化の時期は明らかにしていない。現在、有機ELパネルは大型はLG電子、中小型はサムスン電子と韓国メーカーが市場をほぼ占めている。

     シャープは、平成30(2018)年春の稼働を目指し、堺事業所(堺市)と三重事業所(三重県多気町)で有機ELパネルの生産設備の建設計画を準備している。中小型パネルを量産するほか、堺事業所でテレビ用大型パネルの開発を進める。
    http://www.sankei.com/west/news/170620/wst1706200077-n1.html

    引用元: ・【製造】シャープ、有機ELテレビを開発へ。シェア独占の韓国勢との競争必至

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498002590/ 【シャープ 有機ELテレビ開発へ!】の続きを読む

    Pioneer_RAYZRally
    オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、LightningコネクタでiPhone/iPad/iPod touchと接続できるパイオニアブランドのスピーカーフォン「RAYZ Rally」(XW-LTS5)を7月下旬より発売。オープン価格で実売予想は14,000円前後。カラーは2色で、アイス(W)が7月下旬発売、オニキス(B)が8月下旬発売。

    これに先駆けて、Apple Storeで6月21日から順次販売開始。Apple Store限定カラーのスペースグレイ「XW-LTS5(S)CU」を6月21日、オニキス「XW-LTS5(K)CU」を6月22日から発売。
    【Pioneer RAYZ Rally XW-LTS5 世界初Lightningスピーカーフォン!】の続きを読む



    aiwa_CD

    昨日からお伝えしているように、往年のオーディオブランド・aiwaが復活します。当時の関係者がそのまま復活して立ち上げるというわけでもないようですが、オーディオ機器には自信のある十和田オーディオという国内企業が立ち上げるとのことで、なんとか期待したいところです。

    予想通り?CDラジカセ(CDラジオを含む)も投入。3機種をラインナップ。最上位機種はCDラジオにBluetooth機能、MP3録音機能を備えたもので、想定売価は9,800円前後。中位機種はCDラジカセタイプで、Bluetooth機能は非搭載。想定売価は5,980円前後。また下位機種としてCDラジオにBluetoothを組み合わせたモデル(カセットデッキ無し)も用意し、5,480円前後で販売する予定。

    もはやドルビーIC自体も入手できず、往年のバブルラジカセのような製品はさすがに無理でしょうが、これぞaiwaというCDラジカセはできないものでしょうか?東芝あたりは意外にも頑張っているわけですし、新生aiwaにも奮起を期待します。

    【aiwa CDラジカセ 新機種!往年の名機との違いは大きい?】の続きを読む

    FX-AUDIO-TUBE-01J_LIMITED
    ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-ブランドの真空管プリアンプ「TUBE-01J LIMITED」を22日より発売。価格は6,480円(税込)。

    従来機「TUBE-01J」をベースに、より高音質な部品を採用した数量限定の上位版。

    【FX-AUDIO- TUBE-01J LIMITED 6,480円の真空管式プリアンプ!】の続きを読む

    no title
    ドン・キホーテは、6月15日に発売開始した50型4Kテレビ「50V型 ULTRA HD TV 4K液晶テレビ(LE-5050TS4K-BK)」の販売台数が、1週間で初回生産台数3,000台に達したと発表。

    予約生産販売に切り替えましたが、それも追いつかず、予約受付を一時休止しました。このまま販売終了ということはなく、増産の見込みがわかり次第予約再開するとしています。

    本機は東芝映像ソリューション株式会社が開発したメインボードを採用していることもあって、安いわりに性能も良さそうという評判も広がり、名前を出された東芝は困惑しているのか、

    東芝、同社製ボード搭載の他社テレビに「当社が性能や品質を保証するものではない」
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1066501.html

    という異例のコメントを出す事態にまでなっています(ジェネリック東芝という言葉も一人歩きしています)。

    本機に関してはヤフーのトップニュースでも扱われるなど、話題は広がる一方で、少なくとも4Kテレビの存在を世に広く知らしめた点では大いに活躍したと言っていいでしょう(4Kテレビの抱える事情や問題点も多くの人に知って欲しいところですが)。

    引用元: ・【家電】ドンキの「ジェネリックREGZA」4K 安くて売れすぎ、予約生産販売を中止

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498033632/ 【LE-5050TS4K-BK 予約生産販売中止!安過ぎて人気過熱!】の続きを読む

    このページのトップヘ