音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 新製品

    TaoTronics TT-SK018 約2,700円のサウンドバー!  2018年05月24日

    GoogleとLG、VR用の4.3型高精細ディスプレイを発表。解像度4800×3840、1443ppi  

    flapFit FF-TW10 購入者の感想では高音質のもよう!  2018年05月23日

    KZ ED16 2BA+1DDのハイブリッドイヤホン!新製品出すぎ?  

    Anker Space NC ブランド初のBluetooth/NCヘッドホン!  

    TB
    1: あられお菓子 ★ 2018/05/19(土) 18:39:09.76 ID:CAP_USER
    AV Watch 2018年5月18日 15:11
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1122598.html
    TT-SK018
    no title

    no title


     ニアバイダイレクトジャパンは、サウンドバー型ステレオスピーカー「TaoTronics TT-SK018」を
    Amazon.co.jpで18日に発売した。価格は2,699円(税込)。5月20日23時59分までの期間限定で
    クーポンコード「TTSK018A」を入力すると20%オフになる。

     幅40cmのサウンドバー型の筐体に45mmドライバユニットを2基搭載。ステレオミニ入力を備え、
    テレビやパソコン、スマホなどと接続できる。本体前面に傾斜をつけ、机に音が反射する
    「バウンダリー現象」を防止。側面のLEDインジケータ付きボリュームダイヤルで音量調整できる。
    出力は3W×2ch、インピーダンスは4Ω。

     背面にステレオミニのヘッドフォン出力とマイク入力を各1系統備え、夜間の映画鑑賞やゲームも
    楽しめるという。
     PCなどのUSBから給電可能。外形寸法は400×55×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約645g。

    引用元: ・【AV機器】テレビやPCの音を強化、2,699円のサウンドバー。USB給電(5/18発売)

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1526722749/ 【TaoTronics TT-SK018 約2,700円のサウンドバー!】の続きを読む

    TB
    wXByuZsi

    GoogleとLG、VR用の4.3型高精細ディスプレイを発表。解像度4800×3840、1443ppi
    https://japanese.engadget.com/2018/05/23/google-lg-vr-4-3-4800-3840-1443ppi/

    4.3インチで解像度は4800×3840。画素密度は1443ppiとなります。リフレッシュレートは120Hzで、視野角は水平120度、垂直96度。視野角1度当たりの解像度(角解像度)は40ppd。

    なお、ディスプレイの性能的には120Hz駆動が可能ですが、モバイル用SoCで最適な表示を得るために75Hzでの駆動を選択したとのことです。

    これだけ高精細、高解像度なディスプレイとなると、映像を表示させるだけで相当な負荷がかかりますが、これを解決するため、「Foveatedレンダリング」を利用するとしています。

    これは、画像をレンダリングする際、視野の中心は高解像にしつつ、視野の外側にいくにつれ、解像度を落としていくという手法です。これにより、レンダリングの負荷を大幅に減らし、データ量も軽減します。


    【GoogleとLG、VR用の4.3型高精細ディスプレイを発表。解像度4800×3840、1443ppi】の続きを読む

    TB

    20: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワンミングク MMa3-+ost) 2018/05/16(水) 06:05:50.53 ID:VK4HoJ/WM
    いよいよ明日はflapFitの発売日


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part32

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1526361035/ 【flapFit FF-TW10 購入者の感想では高音質のもよう!】の続きを読む

    TB
    中国・KZがイヤホン新製品を発売。これまでYZ34と仮称していたモデルをED16として発売します。AliExpress.comでは定価3500円程度(実売はもっと安いです)。

    2BA+1DDのハイブリッド構成で40kHz再生をクリアする広帯域。ZS5/6同様の2pinリケーブル型。
    KZは新製品を乱発していると言わざるを得ず、さすがの中華低価格イヤホン愛好家のみなさんも本機には食傷気味。

    ほかにもED15、ES4、ZSAなどあり、どれを買うのかもよく見極める必要が出てきているのかもしれません。


    271: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイWW 1ab3-xryl) 2018/05/17(木) 21:32:00.48 ID:aEHOTmGA0
    ed16w


    引用元: ・低価格でナイスな中華イヤホン Part63

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1525330014/ 【KZ ED16 2BA+1DDのハイブリッドイヤホン!新製品出すぎ?】の続きを読む

    TB


    アンカー・ジャパン(Anker)は、同社のオーディオ製品ブランド「Soundcore」のオーバーイヤー型Bluetoothヘッドホン2製品を22日より発売。価格は、ノイズキャンセリング機能搭載の上位モデル「Space NC」が14,980円(税込)、aptX対応の「Vortex」が5,999円(同)。なお、Amazon.co.jpでは各機種300個限定の発売記念セールを実施。Space NCを通常価格より3,000円安い11,980円(税込)、Vortexを1,000円安い4,999円で販売します。

    ここでは「Space NC」をご紹介。

    40mm径ドライバーを搭載するBluetooth 4.1準拠のワイヤレスヘッドホン。ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能により低周波音を最大93%、高周波音を最大96%抑えるとしています。

    ハウジングには音楽再生/停止や音量調整、曲送りができるタッチパッドを装備(ワイヤレス時のみ有効)。スマホとのハンズフリー通話もでき、通話時のCVC 6.0ノイズキャンセリング機能も搭載。ヘッドホンは折り畳み可能。重量は259g。

    内蔵バッテリーでは最大20時間の連続再生が可能(NC、Bluetooth併用時)。ケーブルが付属し、ノイズキャンセル対応の有線ヘッドホンとしても利用可能。その場合のバッテリー駆動時間は約50時間。キャリングケースが付属。

    Bluetoothの対応コーデックについては明記していないため、SBCのみ対応と推測されます。

    【Anker Space NC ブランド初のBluetooth/NCヘッドホン!】の続きを読む

    このページのトップヘ