音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 新製品

    X7 (FiiO)技適未取得が判明し販売休止&回収!  2016年02月20日

    NFJ UPA-152J いきなり売り切れの超廉価USB-DAC/アンプ!  2016年02月18日

    AKG Y30U Yシリーズ初となるセミオープン型。あれ、どこかで見た?  

    FOSTEX TH610 密閉ダイナミック型ヘッドホン新機種!  2016年02月17日

    Klipsch R6 Bluetooth クリプシュ初のBluetoothイヤホン!  2016年02月16日


    小柳出電気商会は、ハイレゾポータブルプレーヤー「FiiO X7」について、電波法に基づく技術基準適合証明を未取得であることが判明したため、製品回収を行うと発表。

    X7はWi-Fi、Bluetooth機能を搭載しており、日本国内にて所持、使用する際には技術基準適合証明が必要ですが、取得していなかったことが判明。これにより同製品を日本国内で所持・使用すると電波法違反となってしまうため、同社が一時的に製品を預かり、同社にて技術基準適合証明を取得完了次第返送する形で対応することになりました。

    製品の返却時期は、技術基準適合証明取得完了後、3月下旬から4月初旬を予定。またその間の代替品として、FiiO X3 2ndないしFiiO X5 2ndを用意し、希望者に貸し出すとしています。

    【返送先】
    〒113-0034 東京都文京区湯島 1-9-6 
    株式会社小柳出電気商会 FiiO X7係 行き
    電話/03-5684-2151

    【問い合わせ先】
    小柳出電気商会(オヤイデ電気)
    専用Eメール:fiio_x7_support@oyaide.jp
    電話/03-5684-2151

    引用元: ・【音質】DAP総合スレ56 (apple・SONY製品・AMP除く)

    http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1452098936/ 【X7 (FiiO)技適未取得が判明し販売休止&回収!】の続きを読む


    (株)ノースフラットジャパンは、同社が展開するNFJブランドから、USB-DAC/ヘッドホンアンプを搭載する小型のデジタルアンプ「UPA-152J」を発売開始。価格は2,980円(税込)。

    入力にUSBのみを搭載したコンパクトなデジタルアンプ。音声出力用にスピーカー出力端子(L/R)と3.5mmステレオミニを備えており、スピーカー駆動だけでなく、ヘッドホンアンプとしても使えます。バスパワー駆動なのも特徴。

    本体サイズは66W×84H×27Dmm(突起部除く)で、質量は135gと小型、軽量。

    C-Media製のDACチップ「CM108」を搭載し、48kHz/16bitまでの入力に対応。デジタルアンプ部にはTI製の「TPA3130」を採用。

    基板は専用設計で、オーディオ専用部品を搭載。また、新開発の専用回路「CURRENT ADJUSTED CHARGING SYSTEM」を採用することで、USB1.1/2.0規格内の電流量で最大出力を大幅に向上させたことにより、USBバスパワー接続ながらスピーカー接続時に最大約15W×2の出力を発生させることができます。

    本体ボタンはソフトウェアコントロールであり、内部アンプのゲインコントロール用ではありません。

    この価格でこの装備、機能は低価格中国メーカー製品があるといってもコストパフォーマンスが高いです。USBバスパワーでこれだけの出力をひねり出すのも技術的にも立派です。対応外ですが、一部モバイル端末(AndroidOS)での動作も確認していますというのも興味深いところ。

    難点は「買えないこと」。各ニュースサイトには本日発表されましたが、当日中に売り切れとなっています。

    ノースフラットジャパンが扱う、FX-AUDIO-などの似たような製品で買えるもので我慢するしかないようです?

    引用元: ・[NFJ]NorthFlatJapan part29

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1455202471/ 【NFJ UPA-152J いきなり売り切れの超廉価USB-DAC/アンプ!】の続きを読む


    ハーマンインタナショナル(株)は、AKGより、セミオープン型のオンイヤーヘッドホン「Y30U」を2月23日に発売。価格はオープンで、同社直販サイト価格は5,880円(税抜)。

    Yシリーズ初となるセミオープン型。

    コンパクトな筐体に40mm径のドライバーを搭載。オープンエアならではの開放感あるサウンドを実現したとしています。周波数特性は13Hz~27kHz、感度は110dB/mW。インピーダンスは32Ω。

    本体はYシリーズのなかで最軽量となる106gで、イヤーパッドも柔らかな素材を採用。長時間使用でも疲労しにくいとしています。

    本体は折りたたみが可能。専用キャリングポーチも付属、持ち運んで使用するにも向いています。

    スマートフォン向けのマイク付き1ボタンリモコンを搭載。ハンズフリー通話にも対応。ケーブル長は1.2mで、プラグはL型。

    本体色はブラック、カーキ、レッド、ティールブルー、イエロー、ホワイトの6色を用意。

    カラバリが豊富でおしゃれな新モデルが登場したように見えますが、どうも本機は生産完了機・K420の本体色を変更し、新たにスマートフォン向けのマイク付き1ボタンリモコンを搭載しただけのモデルのようです。そうすると、折りたたみの方式の独自の「3D-Axis」機構、という名前のものです。

    スペックも重さが1グラム違う意外は物理特性は全く一緒です。Yシリーズにしては控えめなAKGのロゴの入り方などデザインも一緒です。K420が欲しかった人にも朗報でしょう。それだけK420の完成度に自信があるということなのでしょう。

    ただ、軽量オープンタイプで手ごろな価格帯というとKOSSのポタプロがあります。また、本機をアウトドアや公共の場所で使うのもどうでしょうか?

    引用元: ・AKG ヘッドホンスレ K90

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1454586855/ 【AKG Y30U Yシリーズ初となるセミオープン型。あれ、どこかで見た?】の続きを読む

    FOSTEX_TH610

    フォステクスは、ポタ研2016において、新ヘッドホン・TH610を参考出展。

    プレミアム リファレンス シリーズの密閉ダイナミック型ヘッドホン新機種。

    既発売のTH600をベースに、ハウジングをマグネシウムからブラックウォールナット材にしたこと、そしてリケーブルに対応したモデル。ハウジングが替わったことにより、音質チューニングも新たにやり直したとしています。

    今年春~夏頃の発売を予定。価格は未定で、「最高8万円程度」とのこと。

    ベースモデルになったTH600は、2013年に8万円(税別)で発売。50mm口径ダイナミックドライバーに、テスラテクノロジー採用のMg筐体を持つ密閉型ヘッドホン。

    上級機TH900の廉価機という位置づけ。1テスラ強の磁束密度を持たせたテスラテクノロジーを採用しているのが特徴。外観は漆仕上げを施していたTH900とは異なり、ハウジング部にマグネシウムを採用したブラック仕上げ。ケーブルは両出し式で、着脱は不可でした。

    TH600のドライバーはダイナミック型で、サイズは50mm口径。振動板には「バイオダイナ」を採用。イヤーパッドの革には出光Grancuir(グランキュール)を採用した合皮の立体縫製でした。

    このあたりはTH610でも同様でしょうか?

    引用元: ・【FOSTEX】フォステクスのヘッドホン 7【FOSTER】

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1454088758/
    58: 名無しさん┃】【┃Dolby 2016/02/12(金) 15:49:51.16 ID:x44H7UFP0.net

    【FOSTEX TH610 密閉ダイナミック型ヘッドホン新機種!】の続きを読む



    Klipsch(クリプシュ)初のBluetoothイヤホンが登場。フロンティアファクトリーは2月19日、Klipschとしては初となるBluetooth対応イヤホン「R6 Bluetooth」を発売。同社オンラインストアでの価格は、1万8144円(税込)。 2月13日に開催されたポタ研2016でも展示されました。

    「Reference R6」をベースにした「Klipschらしい音、装着感、使い心地を目指した」Bluetoothモデルで、ドライバーユニットは、口径6.5mmの「KG-065 Dynamic moving coil」マイクロドライバーを搭載。

    Blutoothのバージョンは4.0で、コーデックはSBC/AAC/aptXに対応。6.5mmの「KG-065 Dynamic moving coil」ドライバーを搭載、再生周波数帯域は10Hz~19kHzで、感度が110dB、インピーダンス(1kHz)は18Ω。

    独特な耳掛けタイプのデザインが特徴的。「一見したサイズに反して23.5gと軽量」だと同社は説明。約1時間の充電で最大8時間の連続再生が可能。

    ネックケーブル部には、iPhoneやAndroid機器での音楽再生操作と通話が可能な汎用3ボタンリモコンマイクを装備。環境ノイズがある場所でもクリアな音声通話が可能だというcVc技術も採用。

    イヤーチップはS/M/Lの3サイズに加えてフランジタイプ(Sサイズのみ)も付属。そのほかキャリングポーチと充電用USBケーブルも付属。

    引用元: ・【Klipsch】クリプシュのヘッドホン16

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1437398360/ 【Klipsch R6 Bluetooth クリプシュ初のBluetoothイヤホン!】の続きを読む

    このページのトップヘ