音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 新製品

    SONY BRAVIA X9500H 発表!X9500Gと比較しての違いは?HDMI2.1非対応!  2020年04月02日

    Shure AONIC 215 約3万円で4/3発売!「RMCE-TW1」も単売!  

    発売前のEAH-AZ70WとMOMENTUM True Wireless 2の比較検討で熱いTWSイヤホン愛好家たち!  2020年04月01日

    TANNOY Platinum F6 & B6 新エントリースピーカー!FYNE AUDIOには負けない!?  2020年03月31日

    トイ・レコードメーカーが付録の『大人の科学マガジン』発売!購入者の感想など!  

    TB
    ソニーは、4Kチューナー内蔵テレビ液晶モデルのハイエンド機“BRAVIA”(ブラビア)「X9500H」シリーズを5月16日から順次発売。各サイズごとの発売と予想実売価格は以下のとおりです。

    ・KJ-75X9500H(75型)40万円前後 5月16日発売
    ・KJ-65X9500H(65型)30万円前後 5月30日発売
    ・KJ-55X9500H(55型)23万円前後 5月23日発売
    ・KJ-49X9500H(49型)価格未定 2020年秋以降発売予定


    2019年発売で、従来の「X9500G」シリーズの後継。より多くのサイズで独自広視野角技術を採用するようにしたほか、新音響システムで音質強化を図るなどしたことが主な違いです。

    【SONY BRAVIA X9500H 発表!X9500Gと比較しての違いは?HDMI2.1非対応!】の続きを読む

    TB
    AONIC215




    1月のCESでの発表をお伝えしていた、Shure(シュア)初の完全ワイヤレスイヤホンであるAOIC 215が4月3日に税抜き実売約3万円で発売されることが決定しました。




    イヤホン本体とMMCX規格で着脱可能なBluetoothレシーバー部からなる2ピース構造。最大8時間の連続使用が可能で、ケースによる3回の追加フル充電も可能。

    「ミュージシャンがステージでのインイヤーモニタリングに使用しているものと同じ設計を採用した」としていて、有線カナル型イヤホンのスタンダードモデルである・SE215に、Bluetoothレシーバーを別付けしたような形。イヤホン部はSE215とまったくおなじものであると明言されています。
    【Shure AONIC 215 約3万円で4/3発売!「RMCE-TW1」も単売!】の続きを読む

    TB
    755: 名無しさん@お腹いっぱい。 (スプッッ Sd12-9SqS) 2020/03/30(月) 14:53:59.02 ID:pgDA/duxd
    eイヤでテクニクスと木綿2試聴してきた。
    気付いたら木綿2予約してた。


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン Part92【TWS・左右分離型】

    https://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1584677041/

    【発売前のEAH-AZ70WとMOMENTUM True Wireless 2の比較検討で熱いTWSイヤホン愛好家たち!】の続きを読む

    TB


    エソテリックは、英TANNOY製のスピーカー、プラチナム・シリーズ2機種「Platinum B6」と「Platinum F6」を5月1日に発売。ブックシェルフの「B6」はペアで88,000円、フロア型のF6は1台85,000円。

    【TANNOY Platinum F6 & B6 新エントリースピーカー!FYNE AUDIOには負けない!?】の続きを読む

    TB
    1: みつを ★ 2020/01/07(火) 01:04:47.81 ID:qi9mQ8Ir9
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2001/06/news021.html


    2020年1月6日
    『大人の科学マガジン』最新号でオリジナルレコードをつくれる……! レコードのカッティング&再生ができる付録がアツい
    これは買い。
    [宮原れい,ねとらぼ]


     2020年3月26日発売の『大人の科学マガジン』(学研プラス)に、レコードのカッティング機能を体験できるふろく「トイ・レコードメーカー」が付いてきます。これはアツい。


     盤面にある溝を針がなぞることで音が再生されるレコード。その溝を刻む(カットする)ためには高価なカッティングマシンが必要で“夢のマシン”とされてきましたが、「トイ・レコードメーカー」ではそれが体験できます。


     同組立キットには「カッティング針」「5インチブランクレコード」なども付属。すぐにカッティングでき、さらに再生も可能です。一般的な3.5mmオーディオプラグで接続するので、スマホ等に入っている「音」ならなんでもレコードにできます。録音時間は33回転で約4分、45回転で約3分(片面)。


     なお、レコードが「黒5枚・白5枚」とカッティング針が「2本」同梱される通常版にくわえ、レコードが「黒5枚・白5枚・黄緑5枚・水色5枚(計20枚)」とカッティング針が「4本」入った増量仕様のAmazon限定版も発売されます。

     価格は通常版が7980円(税別)。Amazon限定版が1万428円(税込)で予約を受付中です。


    no title

    引用元: ・【大人の科学マガジン】最新号でオリジナルレコードをつくれる……! レコードのカッティング&再生ができる付録がアツい

    https://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578326687/

    【トイ・レコードメーカーが付録の『大人の科学マガジン』発売!購入者の感想など!】の続きを読む

    このページのトップヘ