音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: news

    Appleは2019年に約6000万台のAirPodsを販売、ワイヤレスイヤホン市場の総収入の70%超を占める!?  2020年01月17日

    ワーナーとユニバーサルがディスク流通事業統合!円盤時代の終焉か?  

    BOSE 全世界の実店舗を全て閉鎖!ネット販売へ軸足!  2020年01月16日

    ヤマハ「楽器ケースに入らないで」異例の注意喚起「ゴーンごっこ」流行を危惧!海外でも報道!  2020年01月14日

    ウォール・ストリート・ジャーナルデジタル版の解約が難解で酷いと話題に!  2020年01月13日

    TB
    1: 風吹けば名無し 2020/01/16(木) 16:31:11.83 ID:JvSyTNCnM
    2020年01月16日 14時00分00秒
    Appleは2019年に約6000万台のAirPodsを販売、ワイヤレスイヤホン市場の総収入の70%超を占める

    AppleはAirPodsの販売台数に関する情報を公開していませんが、マーケティング企業のStrategy Analyticsが、近年成長をみせるワイヤレスイヤホン市場における販売台数データを公開しました。
    これによると、2019年のAirPodsの販売台数は約6000万台で、ワイヤレスイヤホン市場の総収入の70%超を占めるそうです。
    no title

    https://gigazine.net/news/20200116-apple-sold-nearly-60-million-airpods/

    引用元: ・AirPodsガチで売れまくる。ワイヤレスイヤホン市場の総収入の70%超を独占。一方クソニーは5%以下

    http://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1579159871/

    【Appleは2019年に約6000万台のAirPodsを販売、ワイヤレスイヤホン市場の総収入の70%超を占める!?】の続きを読む

    TB

    AT&T傘下のワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントと、コムキャスト傘下のユニバーサル・ピクチャーズ ホームエンターテイメントは15日(米国時間)、北米におけるディスクの販売と流通に関する事業を統合する合弁会社設立を発表した。新会社のトップは、ユニバーサル・ピクチャーズ ホームエンターテイメント社長のエディ・カニンガム氏が務める予定で、'21年第1四半期からの運営を目指す。

    設立を目指す合弁会社では、ワーナーとユニバーサル両者の新作映画、旧作映画、テレビ番組などのコンテンツを対象とし、アメリカとカナダで最大10年間、UHD BD、ブルーレイ、DVDなどのディスク販売と小売り向けのマーケティングを行なう。

    合弁会社設立後も、デジタル配信事業については両スタジオが独立運営。またディスク・デジタル配信共にコンテンツと消費者向けマーケティングもスタジオが引き続き行なうという。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1229500.html


    【ワーナーとユニバーサルがディスク流通事業統合!円盤時代の終焉か?】の続きを読む

    TB
    1: ニライカナイφ ★ 2020/01/16(木) 10:30:32.87 ID:cmahdaur9
    オーディオメーカーのBOSE(ボーズ)が、北米・ヨーロッパ・日本・オーストラリアで展開するすべての公式販売店舗を閉店することを発表しました。
    BOSEは全世界の公式販売店舗を閉店する理由として、ヘッドフォンやスピーカーといった主力製品が「ますますeコマースを通じて購入されるようになっているから」と説明しています。
    なお、BOSEが公式販売店舗を閉店することで、数百人の従業員が解雇されることになると予想されています。

    海外メディアThe Vergeによると、BOSEが公式の販売店舗を初めてオープンしたのは1993年のこと。
    それ以降、ショッピングセンターやモールの中に多数の販売店舗をオープンしてきたそう。
    なお、日本では東京・大阪・愛知・福岡といった主要都市を中心に、記事作成時点でBOSEの直営店が22店舗展開されています。
    近年のBOSEはノイズキャンセリングヘッドホンが好調なほか、イヤホンを兼ねるスマートサングラスなど、個性的な製品を展開しています。

    なお、BOSEは販売店舗の閉店に伴い職を失うこととなる従業員の数を明らかにしていません。
    BOSEのグローバルセールス担当バイスプレジデントであるコレット・バーク氏は、「当時、店舗販売は急進的なアイデアでしたが、それは顧客が必要としているものを、必要としている場所に提供した結果でした。そして、(販売店舗を閉店する)今回も、同じことを行うだけです」と語り、販売店舗の閉鎖は時代の流れに沿った戦略であることを強調しています。

    BOSEによると、北米・ヨーロッパ・日本・オーストラリアの販売店舗を、今後数カ月にわたって閉店していく予定とのこと。
    BOSEの広報担当者は、閉店することとなる店舗の数は全部で119店舗です。BOSEは「世界のほかの地域、中国・アラブ首長国連邦・インド・東南アジア・韓国などでも130店舗の販売店舗が運営されていますが、この地域では引き続き営業が行われます」とThe Vergeに対してメールで回答しています。
    なお、BOSEは解雇されることとなる従業員の転職支援を行い、退職金も提供するとしています。

    https://i.gzn.jp/img/2020/01/16/bose-closing-all-retail-stores/00_m.jpg
    https://gigazine.net/news/20200116-bose-closing-all-retail-stores/

    引用元: ・【企業】オーディオメーカーのBOSEが公式販売店舗の閉店を発表、日本の店舗も

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579138232/

    【BOSE 全世界の実店舗を全て閉鎖!ネット販売へ軸足!】の続きを読む

    TB
    【ヤマハ「楽器ケースに入らないで」異例の注意喚起「ゴーンごっこ」流行を危惧!海外でも報道!】の続きを読む

    TB
    1: ジャングルキャット(東京都) [CA] 2020/01/11(土) 14:06:46.49 ID:AXdKTABW0 BE:306759112-BRZ(11000)
    sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
    WSJデジタル版の有料購読を解約しようとしたら、サイトから解約窓口が見つからない。
    すったもんだした挙句、分かったことは世界最高レベルで解約が難しいダークパターンだったということ。
    ネット業界に身を置いて長いが、ここまで酷いものは記憶にない。解約手続きと共に記録に残しておく(続く)

    https://twitter.com/4niruddha/status/1215614034700988416


    承前)解約窓口が見つからず、メールでカスタマーサポートに連絡し、何度かやり取りしたところ、
    セキュリティの都合で解約できないから、お前の国の担当に電話してくれと言われる。
    オンラインで購読したものが、ここまで解約出来ないのかと怪しんだのがこの頃(続く)

    承前)しかたなく電話で連絡するも平日の9時から17時半までしか受けてなく繋がらない。
    既にかなり解約手続きに時間をかけていたので、ネットで評判を調べると最悪な評判だと判明(続く)

    承前)ネットでカリフォルニア州法では、オンラインで契約したものはオンラインで解約できなければならない法があるらしく、
    この地獄のWSJ解約もカリフォルニア住人であればオンラインで可能と知り、
    私はうっかりアカウントの請求書の住所を書き間違えてしまう。ここからが凄い(続く)

    承前)確かに今まで存在していなかったサブスクリプションのキャンセルフォームが出現したのである。
    「ルパンを追っていたら、とんでもないものを見つけてしまった、どうしよう?」という銭形警部の気持ちが痛いほど分かった。
    私がうっかり住所の入力を間違えたばかりに。(続く)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・WSJデジタル版の解約が難解で酷いと話題に。 住所をカリフォルニアにした途端キャンセルフォームが出現

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1578719206/

    【ウォール・ストリート・ジャーナルデジタル版の解約が難解で酷いと話題に!】の続きを読む

    このページのトップヘ