音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: オーディオアクセサリー

    eRemote Pro 遠隔操作で“動いたか”わかるスマートリモコン!  2018年05月15日

    TAD TAD-SC025M 28万円のスピーカーケーブル!  2018年05月14日

    バッテリー業界に激震、リチウム硫黄電池の開発に成功、リチウムイオン電池の2倍以上を蓄電可能!  2018年04月20日

    WAGNUS OmniSheep なんと18万円のイヤホンケーブル!  

    トランセンド、SDカードなどの保証を無期限から5年に短縮!  2018年04月15日

    TB
    eRemotePro
    リンクジャパンは、コンセント搭載のIoTリモコン(スマートリモコン)「eRemote Pro」を発売。
    クラウドファンディングサイトのMakuakeで資金調達を実施しており、既にプロジェクトは成立。支援者に製品は8月中に届く予定で、通常の販売予定価格は16,200円(税込)。支援コースによって割引されます。資金調達プロジェクトの期限は7月27日まで。

    スマートフォンやスマートスピーカーから操作できるIoTリモコン。壁の電源コンセントに接続して利用します。外形寸法は、73×70×70mmで、重量は130g。対応スマホはiOS 8.0以上、Android 4.0以上。

    赤外線のリモコン送信機能を搭載。自宅内や外出先から、スマホのアプリを使い、赤外線操作のエアコン、テレビ、照明、加湿器、お掃除ロボット、コンポなどを操作できます。赤外線が届く範囲は約8m以内。タイマー機能も備えます。

    壁のコンセント穴と家電の間に挟むように接続できます。例えばエアコンをeRemote Proのコンセントに接続すると、エアコンへ流れる電流をeRemote Proのセンサーが感知。アプリからの遠隔操作で、エアコンが指示通り動いているかどうか、電源がONになっているかOFFのままかを検知し、スマホへ通知してくれるのが特徴。

    もちろん、スマートスピーカーのAmazon Echo、Google Homeからの操作も可能。


    【eRemote Pro 遠隔操作で“動いたか”わかるスマートリモコン!】の続きを読む

    TB
    TAD-SC025M
    テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TAD)は、スピーカーケーブル「TAD-SC025M」を5月中旬より発売。長さは2.5m。価格はペア28万円。

    特殊な素線製造技術「ディップフォーミング製法」を応用した純銅製の無酸素銅線(DF-OFC)を導体に採用し、高い応答特性とローノイズ特性の両立を実現したという高級スピーカーケーブル。TAD「Evolution」シリーズのスピーカーに最適としています。

    マグネシウム合金箔を巻いたシールド構造でノイズを低減したとしています。導体最外殻部には0.25mmのPET(ポリエチレンテレフタレート)モノフィラメント糸から編成された外装編組を被せています。この外装は機械的ストレスからケーブルを解放し、音場豊かな信号伝送を実現すると謳います。

    スピーカー端子はロジウムメッキのYラグ端子。

    音質にはよさそうな素材、組み合わせを選択し、実際に聴感での練り上げも行っているでしょうから、音自体はよいのでしょう。価格も一般的には高価ですが、こういう世界では珍しくもなく、もっと上もある世界ではあります。国内メーカーでもエソテリックやラックスマンもやっていますし。

    ただ、TADの母体たるパイオニアの経営状態が心配されるなか、こういう製品展開で大丈夫なのか、という疑問が少なからず持たれているようです。

    決して、文句をつけたいわけではなく、TADやパイオニアが無くなってしまうような事態をオーディオ愛好家は望んでいないということです。

    「Evolution」シリーズのスピーカーのユーザーは導入するべきなのでしょうか?


    【TAD TAD-SC025M 28万円のスピーカーケーブル!】の続きを読む

    TB

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [BR] 2018/04/19(木) 12:23:24.03 ID:KloJ713r0 BE:422186189-PLT(12015)
    レンセラー工科大学は4月、安価かつ豊富に存在する紙バイオマスを使用してリチウム硫黄電池を
    製造する方法を開発したと発表しました。リチウム硫黄電池は、現在主流であるリチウムイオン
    電池の2倍以上のエネルギーを蓄積できるとされています。

    https://pps-net.org/column/54625

    引用元: ・バッテリ業界に激震、リチウム硫黄電池の開発に成功、リチウムイオン電池の2倍以上を蓄電可能

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1524108204/ 【バッテリー業界に激震、リチウム硫黄電池の開発に成功、リチウムイオン電池の2倍以上を蓄電可能!】の続きを読む

    TB
    OmniSheep
    WAGNUS.は、同社の新たなフラグシップモデルとなるイヤホンケーブル「OmniSheep」を4月28日より発売。価格は180,000円(税別)。カラーはシルキーホワイト。長さは1.2m。

    従来のフラグシップモデル「Frosty Sheep」の後継機。「Frosty Sheep」同様、導体に最高純度の無酸素銅であるclass 1 OFCを採用。純銀メッキと2重シルク巻きを施した計8本のリッツ線に特殊ツイスト処理を施し、編み込み、巻き方向にまでこだわって製作。

    シルク巻き線材によりケーブルは柔らかく、形状保持ワイヤーなしでも耳掛け装着が可能。プラグには純銅、線材を繋ぐはんだにも選定を重ねた高品質な素材を採用。イヤーコネクタには左にブルー、右にホワイトの京都オパール装飾が施されています。

    音質について、「立体的なサウンドステージと圧倒的な情報量、マスタリングスタジオモニターにも使えるワイドレンジでフラットな周波数バランスを実現した」としています。

    イヤホン側コネクターはカスタムIEMで採用される2ピン端子(溝ありL字型)の他、MMCX端子、qdc/UE製カスタムIEM端子、FitEar製カスタムIEM端子が選択可能。また20,000円(税込)でJH audio製4ピン端子にも対応。

    高級イヤホン愛好家でも驚きの高額リケーブル。もはやオーディオアクセサリーについて知る人でなければ正気の沙汰とは思えないかもしれません。

    メーカーによれば、「既に大変多くの御注文お問い合わせをいただき心より御礼申し上げます。」とのことで、製品として成り立つだけの数は出るようです。
    【WAGNUS OmniSheep なんと18万円のイヤホンケーブル!】の続きを読む

    TB

    1: ノチラ ★ 2018/04/13(金) 16:43:40.62 ID:CAP_USER
     トランセンドジャパンは4月12日、SDメモリーカードなどのコンシューマ向けフラッシュ製品の保証期限を、「無期限」から「5年」に短縮すると発表した。「競争の激化・製品自体の販売サイクル短期化」のためという。
    no title


    保証期間を5年に短縮したのは、SDカード、microSDカード、コンパクトフラッシュカードと、Androidデバイス向けUSBメモリ(USB 3.1、3.0/USB 2.0)、Apple製品向けソリューション「JetDrive Lite」。

     既存の製品も順次、5年保証記載のパッケージ品に切り替える。すでに市場に出回っている製品で「無期限保証」と書かれているものは、無期限保証を提供する。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/13/news078.html

    簡単に言うと「昨今のNANDフラッシュのサイクルめっちゃ早いから無期限保証維持するのは無理。5年もあれば充分な勢いなので5年保証にします。他社もほとんどそのぐらいに変更したし」という感じです。たぶん…。
    https://twitter.com/Transcend_Japan/status/984236295416197120

    引用元: ・【製品】トランセンド、SDカードの保証を「無期限」→「5年」に

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1523605420/ 【トランセンド、SDカードなどの保証を無期限から5年に短縮!】の続きを読む

    このページのトップヘ