音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: オーディオアクセサリー

    SednaEarfit XELASTEC TPE素材のイヤーピースは大好評!  2020年06月29日

    LXV-OT9 ラックスマンの“真空管グライコ”が付録のムック  2020年06月19日

    【朗報】iPadでSDカード、イヤホンジャックが同時に使えるハブが販売される…泥の利点ないじゃん  2020年05月24日

    4万円のイヤホンのケーブル買ったんだけど滅茶苦茶後悔してる  2020年05月01日

    【画像】スピーカースタンド自作したwwwwwwww  2020年04月19日

    TB

    アユートは、AZLA(アズラ)の交換用イヤーピース「SednaEarfit XELASTEC(セドナイヤーフィット・セラステック)」を、6月26日に発売。サイズはSS/S/MS/M/ML/Lの6種類を用意。直販価格は、M/ML/Lの1ペア、MS/M/MLの1ペア、SS/S/MSの1ペアが、各2,980円(税込)。SS/S/MS/M/ML/Lの各サイズを2ペアまとめた製品は、各2,180円(税込)。

    【SednaEarfit XELASTEC TPE素材のイヤーピースは大好評!】の続きを読む

    TB





    音楽之友社は、stereo編ONTOMO MOOKの真空管キットシリーズ第4弾として、ラックスマン製の「真空管グラフィックイコライザー・キット(LXV-OT9)」が付属する書籍、「音の最終調整 真空管グラフィックイコライザーの調べ」を6月19日に発売。価格は17,000円。

    キットとは言え、ハンダやハンダごてなどは不要。プラスドライバーがあれば、シャーシのネジ止めだけで組み立てられます。

    グラフィックイコライザーは5バンド(55Hz/220Hz/880Hz/3.5kHz/14kHz)で、±8dBで可変可能。また、イコライザーのオン/オフスイッチも装備。

    全高調波歪率は0.5%以下、入力インピーダンスは500kΩ、出力インピーダンスは330Ω、周波数特性は20Hz~100kHz -2dB以内。SN比は100dB以上(IHF A)。クロストークは-80dB以下。

    ラックスマンもアキュフェーズも国内高級メーカーの代表格ですが、片や低価格の真空管グライコのキット、もう一方は80万円を超えるデジタルグライコ(DG-68)を同時期に発売します。なんだか、とても対照的です。

    【LXV-OT9 ラックスマンの“真空管グライコ”が付録のムック】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2020/05/19(火) 23:24:01.93 ID:zWyJq/Zh0
    サンワサプライは、iPad Pro専用のドッキングハブ2機種を発売した。ラインナップと価格はSDカードリーダー付きタイプ「USB-3TCHIP2」が9,000円、USB Aコネクタ付きタイプの「USB-3TCHIP3」が8,800円。
    no title


    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1251964.html

    引用元: ・【朗報】iPadでSDカード、イヤホンジャックが同時に使えるハブが販売される…泥の利点ないじゃん

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1589898241

    【【朗報】iPadでSDカード、イヤホンジャックが同時に使えるハブが販売される…泥の利点ないじゃん】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2020/04/22(水) 21:46:17.38 ID:qN99zIUL0
    スイッチ買えば良かった

    引用元: ・4万円のイヤホンのケーブル買ったんだけど滅茶苦茶後悔してる

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1587559577

    【4万円のイヤホンのケーブル買ったんだけど滅茶苦茶後悔してる】の続きを読む

    TB
    1: 以下、2ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/04/19(日) 00:01:45.193 ID:dxuAg8jB0
    no title

    引用元: ・【画像】スピーカースタンド自作したwwwwwwww

    https://2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1587222105/ 【【画像】スピーカースタンド自作したwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ