音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: VR・HMD

    橋本環奈がぷっちょを食べさせてくれる「ぷっちょあーん4Dゴーグル」が凄い!?  2018年03月17日

    VR協会「子供がVR使用して悪影響が出たのは1件だけ」!?  2018年02月21日

    LG V30+ L-01K Daydream対応スマホ ドコモから1月25日に発売  2018年01月23日

    Lenovo Mirage Solo 世界初のDaydream対応スタンドアロン型VR HMD  2018年01月15日

    HTC Vive Pro 新型HMD ハイレゾ対応ヘッドホンも付属!  2018年01月11日

    TB

    1: 風吹けば名無し 2018/03/16(金) 16:38:38.97 ID:AeVy5b6f0

    引用元: ・【朗報】橋本環奈がぷっちょを食べさせてくれる「ぷっちょあーん4Dゴーグル」が凄い!

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1521185918/ 【橋本環奈がぷっちょを食べさせてくれる「ぷっちょあーん4Dゴーグル」が凄い!?】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん必死だな 2018/02/16(金) 14:55:20.46 ID:j59cYjTvd
    ロケーションベースVR協会のキーパーソンに聞く、13歳未満の子どもにも安心してVRコンテンツを楽しんでもらうために
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000002-famitsu-game

    ――協会員のあいだでは、それはどのような感じで議論されていったのですか?

    安藤 まず順番としましては、先ほどの話にもありましたように、統一的な利用年齢の基準がないということが問題であるということからスタートしました。
    そして、利用年齢の基準を作成する際には、VRについて子どもの視覚に影響が出た事例はないかということも調べていきました。
    そうしたところ、事例として報告されていたのは、3D眼鏡によって生じていた1980年代の1件のみであり、
    また、それに関しては、そもそも没入型のHMDによって生じたものではなく、立体映像生成の精度にも現在とは大きな差がありました。
    また、両眼立体視を行うHMDにおいて、問題が生じるというような実証は、現在に至るまで発表されていません。

    三好 そういう意味では、本件はトランスサイエンス(科学に問うことはできるが、科学によってのみでは答えることのできない問題)的な問題でもあり、
    少なくとも公開文献の限度で検証した結果、現時点で医学的に完全な立証は行われていない、ということも分かりました。
    そこで、現時点で判明している医学的見地をもとに、もし新たな事例や医学的なエビデンス(証拠)が出てきた場合には速やかに対処するという方針で、一定の年齢基準を設けることとしました。

    引用元: ・VR協会「子供がVR使用して悪影響が出たのは1件だけだし医学的立証されてないから7歳以上OKにした」

    http://krsw.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1518760520/ 【VR協会「子供がVR使用して悪影響が出たのは1件だけ」!?】の続きを読む

    TB
    LG V30+ L-01K
    NTTドコモは、LGエレクトロニクス製のスマートフォン「V30+ L-01K」を1月25日に発売。ドコモオンラインショップの価格は9万9144円(税込)。新規・機種変更時の月々サポートは4万9896円で、実質負担額は4万9248円。MNPでの月々サポートは7万2576円で実質2万6568円。 【LG V30+ L-01K Daydream対応スマホ ドコモから1月25日に発売】の続きを読む

    TB
    Mirage Solo
    142: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/10(水) 09:38:06.79 ID:3MowG4vo0
    キタアアアアアアアアア
    今年はスタンドアロン元年です

    2018.01.10
    レノボ、一体型VRヘッドセット「Mirage Solo」発表 価格は400ドル以下

    ラスベガスで開催中のCES2018にて、レノボはPCやスマートフォンを使わない一体型VRヘッドセット「Mirage Solo」を発表しました。
    Googleとの共同開発となり、高品質なVR体験を可能にします。 米国での価格は400ドル以下。

    ハイエンドな一体型VRヘッドセット
    Mirage Soloは、PCやスマートフォンが不要な、被るだけでVR体験が可能になる一体型VRヘッドセットです。
    QHD(2560×1440)のLCD液晶パネルを内蔵し、リフレッシュレートは75Hzで描画します。
    視野角は110度、フレネルレンズが使われています。

    プロセッサにはVRに最適化されたクァルコムのSnapdragon835が搭載されます。
    メモリは4GB、内蔵ストレージは64GBで最大256GBまでのマイクロSDカードを利用可能です。 通信環境はWiFi 802.11 ac/n、Bluetooth5.0に対応しています。

    プラットフォームはスマートフォン向けにも展開しているグーグルの「Daydream」に対応し、 YouTubeなどの360度コンテンツからVRゲームまで幅広いコンテンツを体験可能です。

    最大の特徴:「WorldSense」
    Mirage Soloの最大の特長は、グーグルのWorldSenseテクノロジーを搭載した世界初のデバイスという点です。
    WorldSenseは、いわゆるインサイドアウトと呼ばれる技術で、前面に搭載された2つのカメラで空間を認識し、 歩き回ったりしゃがんだりといった動きが可能です。
    グーグルのWorldSenseを使ったヘッドセットは初登場となります。


    引用元: ・【Google】Daydream Part1【VR】

    【Lenovo Mirage Solo 世界初のDaydream対応スタンドアロン型VR HMD】の続きを読む

    TB

    VIVE Pro

    HTCはCES2018において、新型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「VIVE Pro」を発表。内蔵の有機ELパネルが高精細化するとともに、新たにヘッドバンドに着脱可能なハイレゾ対応ヘッドホンも備えるのが特徴。発売時期や価格は、近日中に発表予定。



    【HTC Vive Pro 新型HMD ハイレゾ対応ヘッドホンも付属!】の続きを読む

    このページのトップヘ