音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: VR・HMD

    Panasonic 5K/HRD対応のVRグラス!昨年発表よりもスペックアップ!【CES2021】  2021年01月17日

    レノボ、5つの仮想モニタを表示できるスマートグラス「ThinkReality A3」【CES2021】  2021年01月11日

    KDDI NrealLight 5Gスマホ専用のスマートグラスを約7万円で発売!AIによる自動翻訳機能も!  2020年11月21日

    ZARD坂井泉水の歌声に近づける、“音のVR”バーチャルライブ3  2020年10月23日

    Oculus Quest 2 国内発売日10/13 税抜き価格33,800円から!  2020年09月17日

    TB
    image2.png.pagespeed.ce.5QgxOwgUBO
    パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート 解像度5K、6DoF、PCとスマホ両接続に 【CES2021】 

    【Panasonic 5K/HRD対応のVRグラス!昨年発表よりもスペックアップ!【CES2021】】の続きを読む

    TB




    【レノボ、5つの仮想モニタを表示できるスマートグラス「ThinkReality A3」【CES2021】】の続きを読む

    TB

    1: ひよこ ★ [US] 2020/11/10(火) 17:19:15.02 ID:p9CXIVI79
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111001014
    2020年11月10日16時50分

    no title

    スマートフォンと接続して使うスマートグラス=10日午後、東京都中央区



     KDDIは10日、スマートフォンと接続して使う眼鏡型の端末(スマートグラス)を12月1日に発売すると発表した。次世代通信規格「5G」対応のスマホ向け。この眼鏡端末をかければ、目の前に広がる仮想画面で100インチ級の大型スクリーンに負けない迫力ある映像が体験できるという。

     この「エンリアルライト」は中国のIT企業と共同開発。重さは約106グラム。付属ケーブルをスマホとつなげ、現実空間にコンピューター映像を重ね合わせる拡張現実(AR)も楽しめる。

     価格は6万9799円(税込み)。オンラインショップや全国の直営店で取り扱う。基本ソフト「アンドロイド」搭載のスマホ2機種が対応しており、今後機種を増やす方針だ。


    引用元: ・KDDI、5Gのスマートグラス発売 12月、100インチ級の迫力映像 [ひよこ★]

    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/editorialplus/1604996355/

    【KDDI NrealLight 5Gスマホ専用のスマートグラスを約7万円で発売!AIによる自動翻訳機能も!】の続きを読む

    TB
    3
    KDDIとKDDI総合研究所は、デビュー30周年に向けて開催している“ZARD 30周年YEAR”の記念として、ZARDのバーチャルライブを10月22日から「新音楽視聴体験 音のVR」アプリで配信。

    音のVRアプリを通じて、ZARD 坂井泉水の生前の映像と、新たに収録したZARDライブバンドメンバーとの時間と空間を超えたVR空間上での共演が体験できるとしています。なお、音のVRを活用したロックバンドによるバーチャルライブは初の試みとしています。



    【ZARD坂井泉水の歌声に近づける、“音のVR”バーチャルライブ】の続きを読む

    TB
    2: 風吹けば名無し 2020/09/17(木) 06:42:13.27 ID:lEqtquWed
    Facebookは17日(日本時間)、スタンドアロン方式のVRヘッドセット「Oculus Quest 2」を発表した。本日より予約開始し、発売は10月14日。

    今回は直販に加え、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラおよびゲオといった家電量販店でも販売され、日本国内においてははじめて本格展開される。税別価格は、ストレージ64GBモデルで33,800円、256GBモデルで44,800円。

    Quest 2の最大のトピックは、搭載プロセッサがQualcommのSnapdragon XRからSnapdragon XR2にアップグレードされた点。従来は835をベースとしたものであったが、XR2は最新の865世代へとジャンプし、性能が大幅に向上した。また、メモリも6GBに強化され、よりリッチなコンテンツが実現可能となった。


    ディスプレイも強化され、片目あたりの解像度は1,832×1,920ドットと、ピクセル数が50%増加した。また、リフレッシュレートはローンチ時は従来と同じ72Hzだが、将来的なアップデートとソフトウェアの対応により90Hzもサポートする。

    両目のレンズの距離は、58mm、63mm、68mmの3段階に調節可能。バンドは従来よりも柔らかく軽量なものとなり、装着性が向上した。充電はUSB Type-Cで行ない、2.5時間でフル充電し、2~3時間の利用が可能。このほか、コントローラも使いやすいように形状が改良されている。

    本体サイズは191.5×102×142.5~295.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は503g。

    オプションで、PCと接続し、PC用VRヘッドセットとして使えるようにするリンクケーブル、キャリングケース、ストラップ、増設バッテリなどが用意される。こちらも家電量販店で展開する。

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1277457.html


    引用元: ・【速報】Oculus Quest 2、299ドル 覇権確定だろこれ

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1600292510/

    【Oculus Quest 2 国内発売日10/13 税抜き価格33,800円から!】の続きを読む

    このページのトップヘ