音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: VR・HMD

    「PlayStation VR2」デザイン公開。オーブ型で「360度の視界を表現」  2022年02月24日

    スマートグラス「Nreal Air(エンリアルエアー)」NTTドコモとKDDIが発売  2022年02月17日

    「Oculus Quest」→「Meta Quest」の改名正式発表  2022年01月28日

    Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中?  2022年01月24日

    SONY「PlayStation VR2」を発表。今年こそVR元年になる模様  2022年01月07日

    TB

    ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2月22日、PlayStation 5向けの次世代VRシステム「PlayStation VR2」(PS VR2)とPS VR2 Senseコントローラーの最終デザインイメージを公開した。

    PS VR2のヘッドセットは、PS VR2 Senseコントローラーとマッチするオーブ型のデザインを採用。丸みを帯びた形は「レイヤーがバーチャルリアリティの世界に入ったときに感じられる360度の視界を表現した」という。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1390428.html

    【「PlayStation VR2」デザイン公開。オーブ型で「360度の視界を表現」】の続きを読む

    TB
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/02/14(月) 14:36:28.62 ID:CAP_USER
     NTTドコモとKDDIが、スマートグラス「Nreal Air(エンリアルエアー)」を3月4日に発売する。ヤマダデンキなど日本の大手通信事業者や家電チェーンも取り扱う。ドコモオンラインショップ価格は3万9800円(税込み、以下同)。auオンラインショップ価格は3万9799円。

    no title

    Nreal Air

     Nreal Airは、中国Nrealが2021年9月30日(現地時間)に発表したスマートグラスで、「Nreal Light」(12月1日発売、6万9799円)よりも価格を抑え、軽量化を果たしたモデル。

     約79gの軽量かつコンパクトな本体に、対応するスマートフォンなどと接続して動画などのコンテンツを楽しめる「ミラーリングモード」を備える他、Nreal独自の3Dインタラクティブアプリケーション「Nebula」を利用すれば、仮想3次元空間上で複数の仮想画面を同時に起動して、SNSやニュースを閲覧しながら、サッカーの試合などを視聴するといったことが可能。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2202/14/l_st52693_docomokddi-02.jpg
    Nreal Airの利用イメージ

     Nrealによれば、一般的なVRグラスの約2倍のシャープさを実現し、最大201型のIMAX級の巨大スクリーン(ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201型に相当)で映像を楽しめるという。

     サウンドに関しては、ウルトラリニアスピーカーと大型サウンドチャンバー(音響空間)を搭載し、低音強調アルゴリズムとノイズキャンセリングにより、まるで仮想の専用 IMAXシアターにいるかのように、エンターテインメントの臨場感を高めるとのこと。

     サイズは使用時が148(幅)×52(高さ)×159(奥行き)mm、折りたたみ時が148(幅)×52(高さ)×60(奥行き)mm。解像度(両眼)は1920×1080×2、視野角(対角)は46度。

     この他、Display Port出力非対応のスマートフォンでも楽しめるよう、「Nreal Streaming Box」がオプション品として用意される。本製品にNreal AirまたはNreal Lightを接続することで、スマートフォンのコンテンツや画像をWi-Fiまたはホットスポット経由でARメガネに投影できる。メーカー希望小売価格は9900円。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2202/14/l_st52693_docomokddi-03.jpg
    Nreal Streaming Box
    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2202/14/l_st52693_docomokddi-04.jpg
    Nreal Streaming Boxの使い方を示すイメージ

    □関連リンク
    ニュースリリース
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000070978.html

    2022年02月14日 11時49分 公開
    ITmedia Mobile
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2202/14/news094.html

    引用元: ・【ガジェット】ドコモとKDDI、スマートグラス「Nreal Air」を3月4日に発売 約4万円 [エリオット★]

    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1644816988/ 【スマートグラス「Nreal Air(エンリアルエアー)」NTTドコモとKDDIが発売】の続きを読む

    TB

    1: 名無しさん必死だな 2022/01/27(木) 11:57:13.83 ID:aC7x7l9vM
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1383/758/amp.index.html

    Meta(旧Facebook)は、VRヘッドセットなどのブランド「Oculus」を「Meta」に統一していく。VR HMDの「Oculus Quest」は「Meta Quest」にブランド表記を改め、「Oculusアプリ」は「Meta Questアプリ」としていく。

    '21年10月にFacebookからMetaに社名を変更し、「メタバース」を事業の軸にしていく方針を示した。その一環として、「ブランドをシンプルにするため、Oculusブランドから卒業することとした」とし、ブランドをMetaに集約していく。

    製品名だけでなく、販売されているヘッドセットの外箱印字や、ソーシャルメディアのアカウント名もMetaに変更。「ソフトウェアや開発者向けツールなど、当社のDNAの中核としてOculusの精神は存続していく」としている。


    引用元: ・「Oculus Quest」→「Meta Quest」の改名正式発表

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1643252233/ 【「Oculus Quest」→「Meta Quest」の改名正式発表】の続きを読む

    TB

    1: ムヒタ ★ 2022/01/21(金) 09:52:27.66 ID:CAP_USER
     米Googleは最近、ARヘッドセット開発プロジェクトを立ち上げ、2024年の製品発売を目指している──。米The Vergeが1月20日(現地時間)、プロジェクトに詳しい2人の匿名の情報筋の話としてそう報じた。

     プロジェクトは「Project Iris」(irisは虹彩という意味)という名称で、Meta(旧Facebook)やAppleが開発中とうわさされているヘッドセットと同様に、搭載するカメラの映像とグラフィックスをブレンドする没入型のMR(複合現実)を提供する端末になるという。

     開発中の初期のプロトタイプは、スキーゴーグルに似ており、外部電源への接続は不要。Pixel 6シリーズに搭載の「Google Tensor」のような独自SoCを搭載する。The VergeはGoogleの最近の求人情報から、独自OSベースになる可能性を示した。

     情報筋によると、ヘッドセットに取り組んでいるチームは約300人で、今後さらに数百人を雇用する予定という。

    2022年01月21日 08時55分
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2201/21/news080.html

    引用元: ・【IT】Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中との報道 [ムヒタ★]

    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1642726347/ 【Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中?】の続きを読む

    TB

    ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、CESにおいてPlayStation 5(PS5)に対応した新世代VRヘッドセット「PlayStation VR2」(PS VR2)、および「PlayStation VR2 Sense controller」を発表した。

    ゲーム機本体のスペック強化により新しいレベルのVRゲーミング体験を可能にしたモデル。片目あたり2,000×2,040ドットのOLEDパネルになり、4K HDRおよび110度の視野(field of view)を実現。さらに、90/120Hz対応…

    続きはソース元で

    【SONY「PlayStation VR2」を発表。今年こそVR元年になる模様】の続きを読む

    このページのトップヘ