音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: セット・ミニコン

    SANSUI SCR-B2 レトロ風ラジカセ新製品!レトロ趣味超えた新たな需要で大人気!?  2017年12月13日

    Technics OTTAVA f SC-C70 ハイレゾ対応一体型オーディオ!  2017年09月20日

    JVC EX-S55 5.5万円のハイレゾ対応ウッドコーンミニコンポ!  2017年08月24日

    SANSUI SMC-300BT 真空管ハイブリッドアンプ搭載のCDミニコンポ!  2017年08月23日

    KENWOOD K-515 Kseries新機種 K-505後継機! ハイレゾ対応ほか違いは?  2017年08月09日

    TB
    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/13(水) 12:38:11.41 ID:CAP_USER9
    http://www.j-cast.com/2017/12/13316391.html

     「カセットって知ってる?」と後輩記者(1994年生まれ)に聞いてみた。

    「カセット......? フロッピーみたいなヤツですか」
    「それはMDだと思う」
    「MDとカセットって違うんですか」

       無理もない。MDの普及が進んだ2000年ごろ、まだ彼は小学校に入るか入らないか。20代前半より下の世代は、カセットやその再生機器の「ラジカセ」など、触ったこともないはずだ。

       ところがそんな若者に、今「ラジカセ」が売れているという。

       「ヤバい!これほしい!」「欲しい、クリスマスに買って欲しい」――そんなツイートが続出したのは、「SANSUI(サンスイ)」ブランドでドウシシャ(大阪市)が2017年9月に発売したラジカセ「SCR-B2」だ。

       角ばったメタリックなボディー。所狭しと備え付けられたスイッチやダイヤル。左右の円形のスピーカー。まさに、1980年代にタイムスリップしたようなデザインだ。

    「1月の展示会に試作品を出品したところ、参加した小売業界の方々からたいへん好評をいただきまして......『このデザインが、新商品なの!?』と」

       そう笑うのは、ドウシシャの担当者である。

       デザインは80年代だが、中身はちゃんと2017年モデルだ。Bluetoothを搭載し、スマートフォンなどと接続して音楽などを流せるのをはじめ、SDカードやUSBメモリの再生にも対応する。また、これらの音源をカセットに録音することも可能だ。

       あるユーザーが11月23日、売り場で見かけたこの「ラジカセ」をツイッターに投稿したところ、一気に話題に火が点き、12月12日までに7600回以上もリツイートされている。

    デジタル配信の普及などを背景に、「CDが売れなくなった」といわれて久しい。日本レコード協会の統計によれば、2016年の総生産枚数は約1億6000万枚で、10年間で40%近くも下落した。

       そんな中で、カセットやラジカセの評価が高まりつつある。2017年8月には、東京・西武渋谷店で、懐かしのラジカセ100台超を集めた「大ラジカセ展」が開催された。多くのメディアで取り上げられ、連日多くの来場者があった。

       かつてラジカセを愛用していた世代だけではなく、「昔の『ひと手間加えた』文化の良さ」を評価する、20代の若い層も多く訪れたと西武渋谷店の広報担当者は語る。アイドルグループのでんぱ組.incや女優ののんさんなど、人気アーティストがカセットを限定盤としてリリースするケースも増えた。

       ドウシシャがターゲットにするのは、こうした若い世代だ。

    全文はURL先で
    ドウシシャが「SANSUI」で販売中の「SCR-B2」。なお「SANSUI」は、かつて山水電気(2014年破産)が展開したオーディオブランド。2012年からドウシシャが使用中
    no title

    ソニーの「CFD-S401」
    no title


    ★1)12/13(水) 07:30:44.95
    前スレhttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513117844/

    引用元: ・【経済】CD買わない若者が「ラジカセ」を買う理由 レトロ趣味超えた、新たな需要が★2

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513136291/ 【SANSUI SCR-B2 レトロ風ラジカセ新製品!レトロ趣味超えた新たな需要で大人気!?】の続きを読む

    TB
    SC-C70
    5月のドイツ「High End」に出品されていたテクニクス(Technics)のハイレゾ対応一体型オーディオ・OTTAVA f SC-C70が国内正式発表されました。10月20日より発売。価格は10万円。

    意外にもテクニクス初の一体型オーディオとのことです。



    【Technics OTTAVA f SC-C70 ハイレゾ対応一体型オーディオ!】の続きを読む

    TB



    JVCケンウッドは、ハイレゾ音源のUSB再生に対応したJVCブランドのウッドコーンスピーカー採用ミニコンポ「EX-S55」を9月上旬に発売。オープン価格で、予想実売価格は55,000円前後。カラーはブラウン(T)、ブラック(B)の2色。
    【JVC EX-S55 5.5万円のハイレゾ対応ウッドコーンミニコンポ!】の続きを読む

    TB
    SANSUI_SMC-300BT
    (株)ドウシシャは、SANSUIブランドより、真空管ハイブリッドアンプを搭載したCDステレオシステム「SMC-300BT」を8月下旬より発売。オープン価格で、40,000円前後での実売が予想。 【SANSUI SMC-300BT 真空管ハイブリッドアンプ搭載のCDミニコンポ!】の続きを読む

    TB

    JVCケンウッドは、ハイレゾ音源再生に対応したケンウッドブランドのミニコンポ「Kseries」のスタンダードモデル「K-515」を8月下旬より発売。オープン価格で、店頭予想価格は55,000円前後。

    【KENWOOD K-515 Kseries新機種 K-505後継機! ハイレゾ対応ほか違いは?】の続きを読む

    このページのトップヘ