音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スマホ・タブレット

    ソニー最新スマホ「Xperia1 IV」本日発売!最安値で9万9720円!?  2022年06月03日

    Amazon 新世代 Fire 7 タブレット (第12世代 2022年モデル)6,980円  2022年05月20日

    バルミューダ・寺尾社長「BALMUDA Phoneはネバーギブアップで継続改善」  2022年05月16日

    SONY Xperia Ace III 発表。価格は3万4408円(ドコモ)  2022年05月13日

    ソニー、新フラグシップスマホ「Xperia 1 IV(1M4)」を6月上旬以降に発売 世界初望遠光学ズームレンズ搭載  2022年05月12日

    TB
    1: 風吹けば名無し 2022/06/03(金) 08:10:24.80 ID:qHC1gMuA0
    ●NTTドコモのXperia 1 IV SO-51C
    ・1回払い……19万872円
    ・12回払い……1万5906円
    ・24回払い……7953円
    ・36回払い……5302円

     「いつでもカエドキプログラム」を適用し、端末を返却した場合の実質負担額は下記の通り。

    ・23カ月目に返却……11万352円
    ・12カ月目に返却……9万8252円

     販路はドコモオンラインショップ、全ドコモ取扱店で、カラーはアイスホワイト、パープル、ブラックの3色。

    no title

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2206/02/l_rk1640414_SONYXperia-02.jpg

    ●KDDIのXperia 1 IV SOG06
    ・1回払い……19万2930円
    ・24回払い……初回8056円→8038円×残23回
    ・36回払い……初回5365円→5359円×残35回
    ・48回払い……初回4037円→4019円×残47回

     「スマホトクするプログラム」を適用し、13~25カ月目までに端末を返却した場合の実質負担額は下記の通り。

    ・11万1090円(4830円×23回)

     販路はauオンラインショップ、全au取扱店で、カラーはブラック、アイスホワイトの2色。

    https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/2206/02/l_rk1640414_SONYXperia-03.jpg


    引用元: ・【朗報】最強スマホ「Xperia1 IV」本日発売!最安値で9万9720円!!

    https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1654211424/

    【ソニー最新スマホ「Xperia1 IV」本日発売!最安値で9万9720円!?】の続きを読む

    TB
    Amazon.co.jpは7インチのFireタブレット「Fire 7(2022)」を発表しました。発売日は6月29日、価格は6980円。6月28日までに購入した人にはKindle本の購入に使えるクーポン1000円分がプレゼントされます。

    Fire 7(2022)おもな仕様

    OS:Fire OS
    ディスプレイ:7インチ(1024×600・IPS)
    プロセッサ:MediaTek MT8168V/B(2.0GHz駆動のクアッドコア、前世代から30%高速化)
    RAM:2GB
    ROM:16GB(microSDカード対応)
    カメラ:両面200万画素
    オーディオ:イヤホンジャック、スピーカー
    通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth
    ポート:USB2.0 Type-C
    駆動時間:最大10時間
    サイズ:181 x 118 x 9.7mm / 282g
    カラバリ:ブラック
    【Amazon 新世代 Fire 7 タブレット (第12世代 2022年モデル)6,980円】の続きを読む

    TB
    1: ぐれ ★ 2022/05/14(土) 09:57:13.98 ID:cVMBG1LA9
    >>2022/05/13 23:24ITmedia Mobile

     バルミューダ(BALMUDA)は5月13日、2022年12月期第1四半期の決算を発表した。決算説明会に登壇した寺尾玄社長は「BALMUDA Phoneは非常に厳しいスタート」だったと振り返りつつ、スマホ関連事業を継続していく決意を示した。

     家電ベンチャーとして、こだわりの白物家電で知名度を挙げてきたバルミューダ。携帯電話市場への参入発表はちょうど1年前、2021年5月13日に開催した決算説明会で行われた。寺尾氏は当時、「スマホ市場はレッドオーシャンになっているが、その波に飛び込んで、非常に良い波乗りを見せていきたい」と、スマホ市場参入への意気込みを語っていた。

     そこから半年後、BALMUDA Phoneは2021年11月16日に正式発表された。しかし、その出だしは逆風の連続だった。

     11月26日の発売当初は強気の設定で、性能比で割高な値段から、一部で批判を集める結果となった。また、目玉機能の1つとされていたカメラの「フードモード」で不具合が確認され、技適を巡る不備で約1週間販売停止となるなど、ネガティブな事象が相次いだ。

     結果として、寺尾氏が「(発売当時の)肌感覚としては、非常に厳しいスタートを切ったな」と振り返るような販売状況となった。BALMUDA Phoneの初回製造分の大半を販売するソフトバンクは、当初14万円半ばで販売していたが、2022年2月に販売価格をほぼ半額に引き下げるなど、大きな値下げを行っている。3月の商戦期には一部の家電量販店でMNP転入などを条件に「一括9800円」といった価格で販売する事例が散見されるなど、実売価格が大幅に乱高下する状況にある。

    続きは↓
    https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2205/13/news198.html

    引用元: ・【バルミューダ】寺尾社長「BALMUDA Phoneはネバーギブアップで継続改善」  [ぐれ★]

    https://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1652489833/

    【バルミューダ・寺尾社長「BALMUDA Phoneはネバーギブアップで継続改善」】の続きを読む

    TB

    ソニーは5月11日、Snapdragon 695搭載のAndroidスマートフォン「Xperia 10 IV」と、Snapdragon 480搭載の「Xperia Ace III」を発表しました。ここでは「Xperia Ace III」についてのまとめをご紹介。

    Xperia Ace IIIのスペック
    OS:Android 12
    ディスプレイ:5.5インチ(1496×720・液晶・Gorilla Glass Victus)
    プロセッサ:Snapdragon 480
    RAM:4GB
    ROM:64GB(microSDカード対応)
    背面カメラ:1300万画素(f/1.8・26mm)
    前面カメラ:500万画素
    オーディオ:イヤホンジャック搭載、ハイレゾ、LDAC対応
    通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth5.1、5G、4G
    ポート:USB Type-C
    バッテリー:4500mAh
    その他:指紋リーダー(側面)、IP68の防塵・防水、おサイフケータイ
    サイズ:140 x 69 x 8.9mm / 162g
    カラバリ:ブラック、グレー、ブリックオレンジ、ブルー
    発売時期:6月上旬以降
    販路:ドコモ、au、Y!mobile
    価格:ドコモが3万4408円

    【SONY Xperia Ace III 発表。価格は3万4408円(ドコモ)】の続きを読む

    TB
    mv_01

    ソニーは5月11日、Snapdragon 8 Gen 1搭載の新フラグシップスマートフォン「Xperia 1 IV」を発表しました。

    Xperia 1 IVのスペック
    OS:Android 12
    ディスプレイ:6.5インチ(3840×1644・OLED・Gorilla Glass Victus)、リフレッシュレート120Hz&疑似240Hz、タッチサンプリングレート240Hz、HDRサポート、最大輝度50%向上
    プロセッサ:Snapdragon 8 Gen 1
    RAM:12GB
    ROM:256GB / 512GB(microSDカード対応)
    背面カメラ:1200万画素×3(1/1.7インチ・f/1.7・24mm)+(1/3.5インチ・85-125mm・f/2.3ー2.8)+(1/2.5インチ・16mm・f/2.2)+3DiToF、全レンズで4K 120fpsの動画撮影やリアルタイム瞳AF対応
    前面カメラ:1200万画素(1/2.9インチ)、4K HDR動画撮影
    オーディオ:イヤホンジャック搭載、フルステージステレオスピーカー、DolbyAtmos、360 Reality Audio、360 Spatial Sound、360 Reality Audio Upmix、Bluetooth LE Audio、DSEE Ultimate
    通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth5.2、5G、4G、3G、NFC/Felica
    SIM:Nano
    ポート:USB Type-C
    バッテリー:5000mAh(PD、ワイヤレス充電&給電)
    その他:指紋リーダー(側面)、IP68の防塵・防水
    サイズ:165 x 71 x 8.2mm / 185g(sub6)、187g(ミリ波対応)
    カラバリ:ブラック、アイスホワイト、パープル
    発売時期:6月上旬以降
    価格:ドコモが19万872円 auが19万2930円

    【ソニー、新フラグシップスマホ「Xperia 1 IV(1M4)」を6月上旬以降に発売 世界初望遠光学ズームレンズ搭載】の続きを読む

    このページのトップヘ