音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スマホ・タブレット

    Android P β版リリース。Essential Phone PH-1やXperia XZ2などにも適用可能!  2018年05月09日

    ソニーが赤字のスマホ事業を続ける理由!  2018年05月04日

    格安SIM「mineo」通信内容を改ざんする「通信の最適化」を開始、解除は不可能!  2018年04月29日

    ソニー、'17年度は大幅な増収増益。一方、スマホは大赤字!  2018年04月27日

    【悲報】iPhone SE2、イヤホンジャック無しww  2018年04月21日

    TB
    Android P
    Googleは、Androidの次期バージョン「Android P」(Android 9.0)のベータ版を公開。AIをOSのコアに置き、機能を強化していることが特徴。自社製のPixelだけでなく、ソニーやシャオミ、ノキア、OPPO、Vivo、Essentialをトップパートナーと位置づけ、「Xperia XZ2」などにベータ版を提供していくとしています。

    本サイトの興味であるオーディオ性能も改善。新たな「Dynamics Processing」エフェクトをオーディオフレームワークに組み入れることで、ノイズを抑制し音声をクリアに再生することが可能になるとしています。Dynamics Processing APIとして提供し、マルチバンドのプリイコライジング処理、マルチバンドのコンプレッサー、ポストイコライザーなどが含まれるとしています。

    そのほか、バッテリーを効率的に使用する「Adaptive Battery」、検索ウインドウをタップすると、人名やアプリ名など最近の行動から関連度が高いと考えられるものを、機械学習で判定し表示する「App Actions」も搭載。ユーザーインターフェースも改良したと謳います。

    存在感の薄くなった感もある「Xperia」もこれで少しは注目されるでしょうか。

    【Android P β版リリース。Essential Phone PH-1やXperia XZ2などにも適用可能!】の続きを読む

    TB
    1: ばーど ★ 2018/05/01(火) 10:19:49.33 ID:CAP_USER9
    ソニーは2018年4月27日、東京都内で会見を開き、2017年度(2018年3月期)決算について説明した。同年度第3四半期決算での見通しから大幅な変更はなく、売上高、営業利益とも過去最高となる業績を達成した。

    2014年から決算説明を担当してきた吉田憲一郎氏が社長兼CEOに就任したことを受けて、吉田氏に代わり代表執行役 EVP CFOに就任した十時裕樹氏が、2017年度業績と、2018年度の業績見込みについて説明した。

    2017年度連結業績は、売上高が前年度比12.4%増の8兆5440億円、営業利益が同2.5倍の7349億円、税引き前利益が同2.8倍の6990億円、当期純利益が同6.7倍の4908億円となった。2015~2017年度の中期経営計画の目標は、営業利益5000億円以上、ROE10%以上だったが、営業利益は7349億円、ROEは18%となり達成した。

    好業績を受けての2018年度連結業背の見通しは、売上高が前年度比2.9%減の8兆3000億円、営業利益が同8.8%減の6700億円、税引き前利益が同5.1%増の7350億円、当期純利益が同2.2%減の4800億円で、税引き前利益を除き減収減益となる。減収は。為替の影響とスマートフォンを手掛けるモバイルコミュニケーション分野の事業絞り込みによるもの。減益は、為替の影響と2017年度に発生した特別利益要因がなくなることが要因となっている。「為替の影響による減益は、エレクトロニクス5分野で380億円を想定している」(十時氏)という。なお、税引き前利益の増加は、子会社が所有するSpotify株式の売却益1000億円を組み込んでいるためだ。

    ●エレクトロニクス5分野のうち4分野は好調を維持

    2017年度までの平井社長体制で常に課題を抱えてきたのがエレクトロニクス5分野(リチウムイオン電池事業の売却前は6分野)だ。「プレイステーション 4」が好調なゲーム&ネットワークサービス分野、テレビ事業の構造改革に成功したホームエンターテインメント&サウンド分野、高付加価値化で競合他社に先行するイメージング・プロダクツ&ソリューション分野、イメージセンサーの販売が絶好調の半導体分野については、2017年度から2018年度にかけて好調を維持する見通しだ。

    ●モバイルコミュニケーション分野は減損を計上

    これら4分野と比べて厳しい状況にあるのが、スマートフォンを手掛けるモバイルコミュニケーション分野である。2017年度の売上高は前年度比4.7%減の7237億円、営業損益は同378億円悪化の276億円の損失となった。赤字になったのは、今後の販売台数の減少を見込んだ事業見直しによる将来キャッシュフローの減少に合わせて、313億円の固定資産の減損を計上したことによるものだ。2016年度のスマートフォン販売台数は1460万台だったが、2017年度は1350万台に減少している。

    2018年度のモバイルコミュニケーション分野の業績見込みは、売上高が前年度比11.6%減の6400億円、営業損益が同126億円改善の150億円の損失となる。スマートフォン販売台数見込みも1000万台まで引き下げた。

    十時氏は、2014年秋から今回CFOに就任するまで、モバイルコミュニケーション分野を担当してきた。同氏は「依然として収益改善できていない事実は大変重く受け止めている」とする一方で、「次世代通信技術の5Gはスマートフォン以外のさまざまな製品で用いられるだろう。この5Gを手掛けて行くにはソニー社内で技術を有しておく必要がある。そこで得た5G技術はグループ全体に展開していくことになるだろう。そのためにも、モバイルコミュニケーション分野は、年間1000万台のスマートフォン販売台数で事業を継続できるような体制構築を進める。この方針は経営陣の総意でもある」と強調する。

    また、CFO就任の抱負として「これまでソニーは5000億円以上の営業利益を継続して出したことがない。だからこそ、2018年度からの中期経営計画では、利益を安定して出し続けることが重要だ」(十時氏)としている

    5/1(火) 8:10
    MONOist
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000009-it_monoist-ind

    関連スレ
    【決算】ソニー、増収増益 PS4とFate/GO好調 スマホ事業は赤字
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525002944/
    【企業決算】ソニー営業利益 20年ぶりに過去最高更新  プレステ4など好調で
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524822156/

    引用元: ・【企業】ソニー過去最高業績もスマホ事業が赤字 それでも続ける理由は「5G」

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525137589/ 【ソニーが赤字のスマホ事業を続ける理由!】の続きを読む

    TB
    1: サーバル ★ 2018/04/28(土) 18:09:57.49 ID:CAP_USER9
    mineo、通信の最適化を開始

    通信の最適化とは

     「通信の最適化」というのは、字面からはわかりませんが、その実態は酷いもので、キャリアがデータ量を減らすために、ユーザーの画像データや動画データを劣化させて伝送するというもの。Exif情報まで勝手に削除していたのだから驚きです。

     当初、スマートフォン向けのゲーム「Angel Beats!-Operation Wars-」にエラーが発生した時、原因が不明だったのですが、ゲームの開発元が調査したところ、エラーの原因はSoftBankの行っている「通信の最適化」でした。

     「通信の最適化」調査サイトも登場。さらにSoftBankだけでなくNTT docomoやKDDIも「通信の最適化」を導入していたことから、一気に大きな話題を呼びます。法的な問題や、各キャリアが当初、販売現場・サポートセンターで「通信の最適化」について説明していなかった実態なども、浮き彫りとなりました。

     ドコモはMy docomo、auは157から解除できる仕組みで、SoftBankはそのような仕組みがないため「通信の最適化」自体を一時中止しました。

    mineoの通信の最適化、現在判明している仕様

     mineoの通信の最適化は、解除ができないとのこと。

    適法性の疑わしい通信の最適化、誰もが納得できる形を

     「通信の最適化」は、ユーザーのファイルデータを改竄して非可逆圧縮するという手法を用いており、著作権法における同一性保持権侵害の疑いがあるのではないかと当時指摘されていました。

     また「通信の秘密」を侵害することになるため、総務省の帯域制御のガイドラインに従えば、適法性の確保には、実施にあたり「通信当事者の個別かつ明確な同意」を得るか、「正当業務行為である」ことが必要です。ユーザーのファイルデータを改竄して非可逆圧縮するという手法を用いていることから、これを「正当業務行為」と呼ぶことには疑問を差し挟む余地がありそうです。

     となれば約款で包括的に行うのではなく、ユーザーにしっかりと説明した上で「個別かつ明確な同意」を得るべきではないでしょうか。

     この件は、過去にWILLCOMが実施していた「通信の最適化」と同種の行為を参考にすべきだと思います。ユーザーの回線速度・ブラウジングが多少高速化されるというメリットもあり、ユーザーは任意で、「オプション」として自ら同意して加入していました。もちろん解除も可能です。ファイルデータが劣化する場合があるというデメリットも受け入れてのことですから、同一性保持権の問題もクリアできるのではないでしょうか。

     事業者はサービス品質を保持するための妥協ももちろん必要かと思いますが、適法に、ユーザーの誰もが納得できるバランスの良い落とし所を探していかなければ、ユーザーの心は離れてしまうのではないかと思います。

    サイト運営者は防衛策を

     Webサイトを運営している人からすれば、通信事業者が「通信の最適化」などと称して勝手に自サイトのデータを改竄して届けていることになります。こうした行為は、Webサイト運営者がSSL対応によるHTTPS化を行うことで防ぐことができるので、すまほん!!でも2年以上前の段階で導入済み。セキュリティ的な観点からも、既に多くのモダンなWebサイトが導入しています。
    https://smhn.info/201804-tuusin-no-saitekika

    引用元: ・【通信の秘密】格安SIM「mineo」 通信内容を改ざんする「通信の最適化」を開始 解除は不可能

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524906597/ 【格安SIM「mineo」通信内容を改ざんする「通信の最適化」を開始、解除は不可能!】の続きを読む

    TB
    1: ばーど ★ 2018/04/27(金) 18:42:36.74 ID:CAP_USER9
    ソニーの昨年度の決算はゲームや電子部品の事業が好調だったことから、本業のもうけを示す営業利益が20年ぶりに過去最高を更新しました。

    ソニーは27日、昨年度のグループ全体の決算を発表しました。

    それによりますと、売り上げは8兆5439億円と、前の年度を12%上回り、本業のもうけを示す営業利益は7348億円と、2.5倍に拡大しました。

    営業利益はゲームやテレビ事業が稼ぎ頭だった平成10年3月期のおよそ5200億円を大きく上回り、20年ぶりに過去最高を更新しました。

    これは家庭用ゲーム機「プレイステーション4」のソフトの販売や有料会員の事業が好調だったほか、スマートフォンのカメラに使う電子部品の販売が伸びたこと、それにデジタルカメラやテレビの品ぞろえを高価格帯に集中し、利益を確保したことが主な要因です。

    一方、今年度の業績見通しは、半導体事業の研究開発費がかさむことなどを理由に、売り上げは昨年度より2.9%減少し、営業利益も8.8%減少すると見込んでいます。

    会見で十時裕樹最高財務責任者は「今年度は利益を安定的に持続させることに主眼をおいて経営に当たりたい」と述べました。

    4月27日 18時35分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180427/k10011420711000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    引用元: ・【企業決算】ソニー営業利益 20年ぶりに過去最高更新  プレステ4など好調で

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524822156/ 【ソニー、'17年度は大幅な増収増益。一方、スマホは大赤字!】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2018/04/21(土) 08:23:01.95 ID:IqpUS/3M0
    「iPhone SE 2」にイヤホンジャックはなし?ケースメーカー情報
    https://iphone-mania.jp/news-210122/

    iPhoneケースメーカーに取材したMacお宝鑑定団Blogによれば、iPhone SEには付いていたイヤホンジャックは、「iPhone SE 2」では取り払われるとのことです。

    引用元: ・【悲報】iPhone SE2、イヤホンジャックなしww

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524266581/ 【【悲報】iPhone SE2、イヤホンジャック無しww】の続きを読む

    このページのトップヘ