音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スマホ・タブレット

    OPPO R15 Proの国内投入を発表!  2018年08月15日

    サムスンのスマホが自然発火、新品で弁償申し出るも断られる―豪州  2018年08月13日

    Galaxy Note 9 海外発表。メモリ8GB・ストレージ512GB+SDカード512GB対応!ただし…  2018年08月10日

    「Android 9 Pie」が正式発表--まず「Pixel」向けに提供を開始、HDR対応など  2018年08月07日

    ソニースマホ事業また赤字、販売不振でQ1は100億の赤字、販売台数100万台下方修正、今後さらに悪化も  2018年08月01日

    TB
    1: ばーど ★ 2018/08/13(月) 10:18:54.20 ID:CAP_USER9
    2018年8月11日、新京報は、オーストラリアでサムスンのスマートフォンが自然発火し、自動車が燃える事故が発生したと伝えた。

    記事によると、オーストラリアのダーウィンで9日、男性の使用していたサムスンのスマートフォンが自然発火した。男性は、涼しい日陰に自動車を止め、スマートフォンを助手席に置いて上に本を1冊乗せていたという。その後、スマートフォンは自然発火し、車内の多くの部分が焼失してしまった。

    男性が使用していたのはサムスンの「Galaxy Core Prime」で、2年前に購入したものだという。記事は、16年にサムスンは別の機種である「Galaxy Note7」が自然発火するとして大規模なリコールを行っていたことや、今年7月中旬には新機種の「Galaxy S9」が、米国で煙を出す事故を起こしていたと紹介している。

    記事によると、サムスン側は、今回の発火はこれまでのバッテリー事故と状況が異なり、スマートフォンが自然発火するはずはないが、原因について速やかに調査するとしているという。

    スマートフォンの持ち主の男性は、サムスンへ連絡した際に「(発火の状況の)写真を公にしないでもらえないか、秘密にしてもらえないかと持ちかけられた。そして、新しいスマートフォンを提供するとさえ言ってきたが、断った」と語っている。

    これに対し、中国のネットユーザーから「サムスンは新機種を発表するたびにこの種のニュースが出るような気がする」「燃えただけで爆発はしなかったのか」「サムスンはもうおしまいだな」「ファーウェイのスマホを買った方がいいと思うよ」などのコメントが寄せられた。

    また、「自動車が燃えているのにスマホ1台で弁償なんて、カスタマーサービスはおかしいんじゃないか?」というユーザーがいたが、「自動車を弁償するよりはスマホを弁償した方が安いからな」という意見もあり、いずれにしてもサムスンの対応に疑問を感じたユーザーが多いようだった。(翻訳・編集/山中)

    2018/8/13 09:40
    Record China
    https://this.kiji.is/401537746331665505

    引用元: ・【スマホ】サムスンのスマホ「Galaxy Core Prime」が自然発火、自動車が燃える事故 新品で弁償を申し出るも断られる 豪州

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534123134/ 【サムスンのスマホが自然発火、新品で弁償申し出るも断られる―豪州】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2018/08/10(金) 09:27:15.31 ID:WePV+VLr0
    本日発表されたGalaxy Note9、スマホながら内蔵ストレージは最大512GB!さらには512GBのSDカードにも対応するというストレージ大将。メモリだって8GBです(ストレージ128GB、メモリ6GBの廉価版もあります)。

    512GBのストレージに512GBを挿せば1TBだーーっ! という2000万パワーズのような提案ですが、いやいやまって。まず内蔵ストレージで512GBってすごくない?

    僕のラップトップの倍あるんですけど、その容量…。いったい何を保存させる気なんですか? って思ったんだけど、きっと「なんでも」なんでしょうね。

    Galaxy Note9はデスクトップ風に使える「Samsung DeX」にも対応しています。
    モニターに接続すれば、あっという間にミニマムなワーキング環境に早変わり。仕事で作成した書類、メールに添付されたPDFなどを扱うにしても、内蔵ストレージが512GBもあればさすがに十分…ですよね。
    仕事のデータは本体ストレージに保存して、カメラの写真や音楽データはSDカードって使い分けも良さそう。

    あるときはスマホ、ある時はデスクトップ。…いや、もうスマホとかパソコンとかいうジャンル分けする必要なんて、なくなってきているのかもしれないなぁ。

    [追記]ここまで書いておいて残念なお知らせですが、日本向けのモデルはストレージ128GB、メモリ6GBの廉価モデル1機種のみの展開っぽい...
    no title

    https://www.gizmodo.jp/2018/08/galaxy-note9-dex-likepc.html

    引用元: ・Galaxy Note9、メモリ8GB・ストレージ512GB+SDカード512GB対応 これもうPCだろ

    http://swallow.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1533860835/ 【Galaxy Note 9 海外発表。メモリ8GB・ストレージ512GB+SDカード512GB対応!ただし…】の続きを読む

    TB

    Googleは米国時間の6日、Androidの最新バージョン「Android 9 Pie」を発表し、新機能などを明らかにした。同日よりGoogleのスマホPixel向けにアップデート提供。ベータプログラムに参加するソニーモバイルやXiaomi、OPPOなどのほか、多くのデバイスが年内にAndroid 9にアップグレードされるという。

    Android 9 PieはAIを活用し、ユーザーの使い方に最適化できるのが特徴。よく使うアプリを学習し、優先的にバッテリを割り当てる「Adaptive Battery」や、ユーザーが設定した明るさを学習して表示を最適化する「Adaptive Brightness」などを装備。ユーザーが次にしたい動作を予測し、Google MapsやGoogle Play Booksのオーディオブック再生、Spotifyのプレイリスト再生なども可能になる。

    マルチカメラをサポート。デュアルフロントやデュアルバックなど2つ以上のカメラを用いて、ボケを活かした撮影や立体的なステレオ撮影などができる。また、USB/UVC(USB Video Class)カメラを外部接続して利用することも可能になった。

    ディスプレイは、画面を広く使うためのcutout(ノッチ)や、18:9などのアスペクト比をサポートする。

    Bluetoothは、5台までの複数接続に対応し、シームレスにデバイスを切り替え可能。着信があった時は接続中の全てのデバイスに通知されるため、着信の見逃しを防げる。また、ヘッドセットなどの利用時に映像と音声のズレを防ぐための同期にも対応する。前回接続時の音量を記憶することも可能。

    HDR対応のVP9 Profile 2をサポート。YouTubeやGoogle Play MoviesのHDR動画などを楽しめる。また、高音質のHDオーディオにも対応。写真はHEIF形式をサポートし、効率的な圧縮によりストレージを節約できる。

    【「Android 9 Pie」が正式発表--まず「Pixel」向けに提供を開始、HDR対応など】の続きを読む

    TB
    1: 以下、2ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/31(火) 22:10:52.586 ID:WVKlUqrBa BE:126836511-PLT(14150)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon01.gif
    決算説明資料 [PDF:309KB]
    https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/library/presen/er/pdf/18q1_sonypre.pdf
    スピーチ原稿 [PDF:633KB]
    https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/library/presen/er/pdf/18q1_sonyspeech.pdf

    ・次にモバイル・コミュニケーション分野についてご説明します。
    ・当四半期の売上高は、前年同期から27%減の1,325億円となりました。
    ・この減収は、スマートフォンの販売台数が主に欧州及び日本において減少したことに
    よるものです。
    ・営業損益は、この減収の影響などにより、前年同期の利益計上に対し、当四半期は
    108億円の損失を計上しました。
    ・通期の見通しについては、売上高は6,100億円に、営業損失は300億円にそれぞれ
    下方修正しております。
    ・この下方修正は、為替の悪影響に加え、足元の販売状況を踏まえ、上期を中心に
    スマートフォンの販売台数見通しを引き下げたことなどによるものです。
    ・競争環境が更に厳しくなるリスクもあることから、リスクが顕在化した場合の下期のス
    マートフォン販売計画への影響や対応策についての検討に着手しました。
    ・その結果によっては、当期におけるさらなる業績の下方修正や中期計画の見直しが
    必要となる可能性があります。

    ソニーモバイル、さらなる下方修正。
    https://smhn.info/201807-sony-mobile-has-a-big-deficit
    https://smhn.info/wp-content/uploads/2018/07/6ec05ba3a55930609b193cf36e9ea574.png

    2018年度第1四半期のSony Mobileは、欧州・日本を中心にスマートフォン販売台数が減少により、前年同期比で27%(487億円)の大幅減収。144億円の大幅損益悪化に。
    2018年度4月時点で6400億円と見込んでいた売上高ですが、300億円減少の6100億円に下方修正。欧州におけるスマホ販売台数の減少が要因。営業利益は150億円下方修正のマイナス300億円に。

    ソニー、ゲーム好調で売上計画を上方修正 スマホは不振で対策着手
    https://jp.reuters.com/article/sony-sales-idJPKBN1KL0RS

    スマホ販売計画は従来の1000万台から900万台(前年実績1350万台)に下方修正。モバイル・コミュニケーション事業の売上高予想は前年比15.6%減の6100億円(従来予想6400億円)に、
    営業損益予想は300億円の赤字(従来予想150億円の赤字、前年は276億円の赤字)に、それぞれ引き下げた。

    会見した十時裕樹・最高財務責任者(CFO)はスマホ事業について「競争環境はさらに厳しくなるリスクもある」として「対応策の検討に着手した」ことを明らかにした。

    対応策の検討結果によっては「さらなる業績の下方修正や中期計画の見直しが必要になる可能性がある」という。

    引用元: ・【Xperiaが売れない…】ソニースマホ事業また赤字、日欧販売不振でQ1は100億の赤字、販売台数100万台下方修正、今後さらに悪化の可能性大

    http://hebi.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1533042652/ 【ソニースマホ事業また赤字、販売不振でQ1は100億の赤字、販売台数100万台下方修正、今後さらに悪化も】の続きを読む

    このページのトップヘ