音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: スマホ・タブレット

    【悲報】iPhone SE2、イヤホンジャック無しww  2018年04月21日

    お前らXperia XZ2シリーズはどれ買うんや?  2018年04月19日

    米連邦通信委員会(FCC)、HuaweiとZTEの通信機器を規制!「安全保障上の懸念」  

    東芝 「コエステーション」 “自分の声”を学習させて音声読み上げができるスマホアプリ!  2018年04月18日

    Androidユーザー OREO使用率はわずか1%程度…  

    TB
    1: 風吹けば名無し 2018/04/21(土) 08:23:01.95 ID:IqpUS/3M0
    「iPhone SE 2」にイヤホンジャックはなし?ケースメーカー情報
    https://iphone-mania.jp/news-210122/

    iPhoneケースメーカーに取材したMacお宝鑑定団Blogによれば、iPhone SEには付いていたイヤホンジャックは、「iPhone SE 2」では取り払われるとのことです。

    引用元: ・【悲報】iPhone SE2、イヤホンジャックなしww

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524266581/ 【【悲報】iPhone SE2、イヤホンジャック無しww】の続きを読む

    TB
    1: ばーど ★ 2018/04/18(水) 09:43:09.34 ID:CAP_USER9
     【ワシントン=鳳山太成】米連邦通信委員会(FCC)は17日、国内の通信会社に対し、安全保障上の懸念がある外国企業から通信機器を調達するのを禁じる方針を決めた。対象企業は今後詰めるが、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の中国大手2社を念頭に置く。中国政府のスパイ活動に使われることを警戒する。激しい貿易摩擦を抱える米中の新たな火種となりそうだ。

     FCCが全会一致で決めた新規制は、全国に通信回線を普及する目的で設けられた同委員会の補助金を使う通信会社が、安保上の懸念がある外国企業の製品を買うのを禁じる。企業など一般から意見を募って禁止対象の企業や製品を確定し、その後に規制を導入する。

     FCC高官は「華為技術と中興通訊の2社が候補だ」と明言する。米議会は2012年、2社の通信機器が中国政府のスパイ活動に使われる恐れがあるため米国企業に使わないよう求めた。国防総省は既に2社からの調達を禁じられている。

     AT&Tなど大手通信会社は自社の通信網に華為技術などの製品を組み込むことを避けてきた。安い中国製品を使っている地方の中小通信会社が影響を受けそうだ。

     FCCのパイ委員長は「敵対的な外国勢力は通信機器に仕掛けたバックドア(裏口)を使ってウイルスを侵入させ、米国人から情報を取ったり基幹インフラを攻撃したりできる」と述べ、規制の意義を強調した。

     米国の政府や議会は中国のIT(情報技術)企業に対して安保上の懸念を深めている。商務省は16日、米国企業に対し、イランや北朝鮮に米国製品を違法に輸出したZTEとの取引を7年間禁じると発表した。

    2018/4/18 4:15
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29518200Y8A410C1000000/

    関連スレ
    【経済】米国、中国通信大手ZTEに輸出禁止措置 米中対立激化か
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523915398/

    引用元: ・【米国】中国大手2社(ファーウェイ、ZTE)の通信機器 調達禁止へ 中国政府のスパイ活動に使用されることを警戒

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524012189/ 【米連邦通信委員会(FCC)、HuaweiとZTEの通信機器を規制!「安全保障上の懸念」】の続きを読む

    TB
    1: ノチラ ★ 2018/04/17(火) 20:33:12.19 ID:CAP_USER
    no title

    東芝デジタルソリューションズ株式会社は、自分の声をデータ化して合成音声を作れるスマートフォンアプリ「コエステーション」の提供を開始した。

     同社では、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」の音声合成技術を活用して、「声」を収集・蓄積・提供するプラットフォームとして「コエステーション」の構想を発表しており、今回のアプリ提供は、コエステーションによる新たな音声コミュニケーションの世界を、手軽に体験してもらうためとしている。

     アプリでは、自分の声の分身「コエ」を生成でき、入力文の読み上げやSNS(LINE、Facebook、Twitter)への音声投稿などが可能。

     対応OSはiOS 10以降で、iPadを除くiPhone 5S以降をサポート。iPhone付属の純正イヤフォンマイクを推奨している。

     今後はコエステーションを活用し、自分の「コエ」に加え、タレントや声優などさまざまな「コエ」を、あらゆる場面でセキュアかつ自由に使える、新しい音声文化の醸成を目指していくとしている。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1117513.html

    引用元: ・【IT】東芝、“自分の声”を学習させて音声読み上げができるスマートフォンアプリ

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1523964792/ 【東芝 「コエステーション」 “自分の声”を学習させて音声読み上げができるスマホアプリ!】の続きを読む

    このページのトップヘ