音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 既発売製品

    YAMAHA A-S301 A-S501との比較では不利?  2017年03月14日

    NuForce HEM1 シングルBAながらハイレゾ対応イヤホン!  2017年03月13日

    SENNHEISER HD 598 CS 密閉型版プリン! 比較は?  2017年03月12日

    YAMAHA NS-BP200 ハイコスパスピーカーの人気モデル!  

    Pioneer BanG Dream!(バンドリ) コラボヘッドホン! SE-MX8がベースで価格は25,000円!  2017年03月11日



    HD 598 CSは、”プリン”の愛称でも親しまれてきた開放型ヘッドホンの代名詞・SENNHEISER HD 598系の密閉型バージョンのオーバーイヤーヘッドホン。

    2016年11月には発売され、アマゾンでも購入できますが、なぜかゼンハイザー国内での案内はなく、国内オーディオニュースサイトでも扱っていません。国内正式取り扱いがまだということでしょう。

    仕様は、駆動方式:ダイナミック型、構造:密閉型、周波数特性:10 - 28.000Hz、インピーダンス:23Ω、感度:115dB、ケーブル長:3m/1.2m、重量 : 約334g(ケーブル含む)。

    ケーブルは片出し/着脱式で長さ2種類のタイプ(3m-標準プラグ、1.2m-ステレオミニ・インラインリモコン/マイク装備)が付属。

    音や装着感は個人差が大きい模様。HD 598、599の良さをスポイルしていると見るか、欠点が見事に補われていると見るかで評価は変わるでしょう。基本的に開放型が好きなのか、密閉型が好きなのか、爽快な音が好きなのか、密度のある音が好きなのかも重要そうです。

    ただ、国内でも販売されている密閉型機・HD 569よりは確実に上位になるので、この価格帯のゼンハイザーの密閉型という点では十分優秀なようです。
    【SENNHEISER HD 598 CS 密閉型版プリン! 比較は?】の続きを読む



    既発売オーディオ製品情報。NS-BP200はヤマハ(YAMAHA)が2010年に発売した2ウェイ・ブックシェルフ型の小型スピーカー。オープン価格で、発売当初の実売がペア12000円程度。2017年現在は8000円程度になっています。
    【YAMAHA NS-BP200 ハイコスパスピーカーの人気モデル!】の続きを読む

    オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、パイオニアブランドの密閉型ヘッドホン「SE-MX8-K」と、アニメ『BanG Dream!』(バンドリ!)とのコラボモデルを期間限定で予約販売。

    価格は25,000円(税・配送料込み)。予約期間は3月14日(火)12:00から2017年5月15日(月)15:00まで。発送は7月末~8月初旬にかけて順次行われます。
    【Pioneer BanG Dream!(バンドリ) コラボヘッドホン! SE-MX8がベースで価格は25,000円!】の続きを読む

    このページのトップヘ