音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 既発売製品

    ELAC BS403 JET Vツイーター搭載ブックシェルフスピーカー!  2017年04月06日

    AGPtEK M20 アマゾンベストセラーの低価格DAP!  2017年04月05日

    Panasonic RP-WF70とRP-WF7の違いは結局何?  

    AGPtEK ROCKER DSD/Bluetooth対応の格安ハイレゾDAP!  2017年04月04日

    FX-AUDIO- FX202J TA2020搭載小型デジタルアンプ!  


    既発売オーディオ製品情報。BS403はエラック(ELAC)のブックシェルフスピーカー。2012年にペア24万円(税別)で発売。

    JET Vツイーターと150mm径ウーファーを各1基搭載する2ウェイ・バスレフ型。

    周波数特性は41Hz~50kHz、クロスオーバー周波数は2,500Hz、入力は定格70W/最大100W、能率は86dB、インピーダンスは4Ω。外形寸法は166×294×308mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6kg。

    ELACを象徴するリボン型ツイーター「JET」の新世代モデルを採用したことが特徴。
    【ELAC BS403 JET Vツイーター搭載ブックシェルフスピーカー!】の続きを読む


    前機種RP-WF7とほとんど違いがわからなかったパナソニックのワイヤレスサラウンドヘッドホンRP-WF70ですが、どうやら、付属充電池専用だったのが、市販のニッケル水素樹電池が使えるようになった、充電しながら使用可能になった、イヤーパッドの装着感が上がったのが違いのようです。
    【Panasonic RP-WF70とRP-WF7の違いは結局何?】の続きを読む



    FX202Jは、FX-AUDIO-による、Tripath社「TA2020」を使用したデジタルアンプ。価格は6280円。外形寸法は幅96mm×奥行150mm×高さ32mmとコンパクト。

    最大20W+20W(12V/4Ω時)の出力。入力はアナログ専用でRCA1系統。出力もスピーカー1系統のみとシンプル。

    電源平滑コンデンサーとして大容量の8,200μF×1本と1,000μF×2本の電解コンデンサーを搭載するなど価格を超えたこだわりと、高品位部品の使用が売り。ロットごとの細かい違いがあるので、下記記事を参考にしてください。2017年4月現在は販売されていません。さらなる追加ロットがあるのか、後継機があるのか不透明です。

    定評はあるけれどさすがに古いTA2020を使用しているのは良くも悪くも本機の特徴になっています。例によって電源は別売りです。

    【FX-AUDIO- FX202J TA2020搭載小型デジタルアンプ!】の続きを読む

    このページのトップヘ