音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 既発売製品

    FYNE AUDIOって日本で人気出るかね?評価や試聴可能場所は?  2019年04月07日

    TE-D01dに不具合あり?原因はQCC3026?メーカーが対応依頼中らしい??  2019年04月05日

    PIX-50MX100 HDCP2.2非対応(不良)をピクセラが認める!回収修理へ!  2019年04月01日

    Nmode X-PM3 バッテリー駆動化可能なプリメインアンプ!?  

    TEAC MD-70CD MDデッキ最後の砦も製造継続は厳しい…  2019年03月31日

    TB
    FyneAudio_F501
    FYNE AUDIOで検索(楽天市場)
    https://search.rakuten.co.jp/search/mall/FYNE+AUDIO/211742/

    58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/02/12(火) 11:49:21.24 ID:tmDMfXCZ
    世界の合い言葉は同軸=KEF


    引用元: ・実売10万~30万のスピーカー その4

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1549628391/ 【FYNE AUDIOって日本で人気出るかね?評価や試聴可能場所は?】の続きを読む

    TB

    AVIOT TE-D01d ダークルージュ

    228: 名無しさん@お腹いっぱい。 (スフッ Sd5a-LgaG [49.104.42.72]) 2019/03/24(日) 04:09:51.66 ID:O9aRis/Ad
    尼のD01dのネイビーとルージュの再販が3月29日からまた延びて4月10日になってやんの、、、
    マジふざけんなよ

    3月8日から3月18日に延びてまた3月29日になって今度は4月10日ってww

    売る気ねーなら違うやつ買おうかな
    3月上旬に再販ってオフィシャル配信で発言してたくせに舐めすぎだろ


    引用元: ・【Bluetooth】完全ワイヤレスステレオイヤホン【左右分離型】 part62

    http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/wm/1553096068/ 【TE-D01dに不具合あり?原因はQCC3026?メーカーが対応依頼中らしい??】の続きを読む

    TB



    ピクセラ 50インチ 4K 液晶 ディスプレイ(PIX-50MX100)

    ピクセラ 43インチ 4K 液晶 ディスプレイ(PIX-43MX100)


    連日お伝えしていた「ピクセラ PIX-50MX100 HDCP2.2非対応?」問題についに決着が。ピクセラが公式にHDCP2.2が有効でないことによる4Kコンテンツの表示不能を認め、回収しての修理を行うことも発表しました。なかなかピクセラのアナウンスがなく、噂やデマのようなもやもやした状況がやっとはっきりしました。
    【PIX-50MX100 HDCP2.2非対応(不良)をピクセラが認める!回収修理へ!】の続きを読む

    TB

    335: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/10/09(火) 22:51:07.56 ID:YwOm2BA0
    PM3って13万だっけか
    確かにそれだけつぎ込むやつはマニアだから、追加電源もどうせ買う、
    追加投資で無駄なリソースが出るんだったら最初からセットで安くしろって気持ちも
    よくわかる、選択の幅を広げるのはいいけど金をむしり取ることばかり考えてはいかんw

    引用元: ・Nmode Part11

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1529703773/

    【Nmode X-PM3 バッテリー駆動化可能なプリメインアンプ!?】の続きを読む

    TB
    1: Egg ★ 2019/03/28(木) 12:45:13.08 ID:JBjIAcRD9
    長時間録音ができ、持ち運びに優れ、音が飛ばない音楽メディア「ミニディスク」(MD)。平成に生まれ、カセットテープに代わって一時代を築いた。だが、視聴スタイルの変化の波にのまれた。今も再生機器を製造している会社があるが、あと数年で終わる可能性があるという。

    【写真】CDとMDを録音、再生できるティアックの「MD-70CD」は今も家電量販店や同社のECサイトで売っているという=ティアック提供

     「MDデッキのウェブサイトは、今も結構見られています。弊社のページビューのトップ10入りなんですよ」。MDデッキを国内で唯一、製造している音響機器会社「ティアック」(東京)の広報寺井翔太さん(33)はそう話す。一般ユーザーの買い替え需要のほか、冠婚葬祭やコンサートホールなど音響を扱う業者にもニーズがあるという。


     高級オーディオや高性能録音機器で知られるティアックも96年以降、MDデッキやコンポの販売を開始。2015年から「MD―70CD」というMD・CD一体のデッキを売っている。

     平成が終わるいま、定額で音楽が聴き放題の「ストリーミングサービス」が視聴スタイルの主流になりつつあり、レコードやカセットテープなどアナログ音楽のブームも来ている。

     「MDよりカセットの方が音は悪い。ノイズも入るし、曲の頭出しもできない。でも優しさやノスタルジーがある。果たして10年後にMDブームが来るか……」と加藤さん。

     買い替え需要を支えるのも同じような理由があるようだ。同社は「TASCAM」ブランドでコンサートホールや冠婚葬祭の会場向けにMDデッキを販売しているが、「ホール側は『このMDでBGMをかけてほしい』という客の声を切り捨てられないようです」と寺井さんは言う。

     そんなMDデッキもリバイバルブームの前に市場から撤退しかねない。ティアックのMDデッキは部品の在庫分だけで製造を続けているからだ。寺井さんは「大げさに見て、2、3年持つかどうか」と話す。

    3/28(木) 12:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000034-asahi-musi

    引用元: ・【音楽】<平成の発明品「MD(ミニディスク)」>需要根強く でもデッキ製造は…

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1553744713/ 【TEAC MD-70CD MDデッキ最後の砦も製造継続は厳しい…】の続きを読む

    このページのトップヘ