音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 既発売製品

    DALI MENTOR MENUET SE 中古でも人気の30周年記念モデル スタンドも重要【MMSE】!  2017年04月17日

    McIntosh MA2275 12AX7交換で無事音が出るように!  

    MaGaosi HLSX 808/Codio 021 安価なハイブリッド型イヤホン!  

    ELEGA DR-209C2 など往年のブランドのヘッドホンは今も健在!  2017年04月16日

    DENONの高級ヘッドホンの中古購入した(´・ω・`) 生産終了してるやつ  2017年04月15日


    生産完了オーディオ製品情報。MENTOR MENUET SEはダリ(DALI)による2ウェイ・ブックシェルフスピーカー。

    2009年11月発売の「MENTOR MENUET」(MENTOR/M)をベースに各種グレードアップパーツを使用したSpecial Edition品(SE)であると同時にダリの30周年記念モデルでした。価格はペアで176,400円。カラーはルビーマカッサル。日本専用モデルでもありました。MMSEと愛好家の間では略されます。 【DALI MENTOR MENUET SE 中古でも人気の30周年記念モデル スタンドも重要【MMSE】!】の続きを読む

    MCINTOSH_MA2275
    生産完了オーディオ製品情報 McIntosh MA2275 マッキントッシュによる真空管式プリメインアンプ。価格は90万円。発売2007年

    名機C22とMC275を融合させたような内容の真空管式プリメインアンプ。フォノアンプ、プリアンプ、パワーアンプの全段に真空管を採用しています。
    【McIntosh MA2275 12AX7交換で無事音が出るように!】の続きを読む


    MaGaosi HLSX 808は中国メーカーによる安価なハイブリッド構成のカナル型イヤホン。アマゾンでは4500円程度で販売されています。

    スマホ用リモコン無し版がHLSX 808で、リモコン有り版がCodio 021と言った型番で売られているようです。

    音質は空間性の広さを中心に評価する向きが多いようです。価格を遥かに超える実力だとか、リファレンスレベルだとか持ち上げる人もいます。そこまではわかりませんが、大半の人はかなり満足度が高い音なのは確かなようです。

    ドライバー: 10mm径ダイナミック・ドライバー1基+バランスド・アーマチュアドライバー1基
    再生周波数帯域: 8-25000Hz
    リモコンマイク:HLSX版 なし/Codio版 あり
    色: HLSX版 ブルー、レッド、ブラック、ゴールド Codio版 ブラック、ローズ、ゴールド
    インピーダンス: 32Ω
    ケーブル長さ: 1.2m(Y型)
    感度: 100dB
    プラグ:3.5mm金メッキ ストレート型

    引用元: ・低価格でナイスな中華イヤホン Part38

    http://echo.2ch.sc/test/read.cgi/av/1490333327/ 【MaGaosi HLSX 808/Codio 021 安価なハイブリッド型イヤホン!】の続きを読む


    エレガと言えば、 藤木電器が製造していたヘッドホンのブランド。1950年代から放送局を中心としたプロモニター、業務用途機として長らく活躍していました。

    民生品も多数手がけ、コンデンサー型、動電全面駆動型、2ウェイ型など多くの形態のヘッドホンを今から数十年前に作っていたのも驚きです。また、1960年代には既にヘッドホンアンプも製品化していました。

    このブランドのヘッドホンとしては下の記事にも出てくるDR-631Cが業務用を含め、有名です。

    現在はとうに 藤木電器は無くなっていますがエレガアコスという名前で引き継がれています。2017年現在もブランドは健在なようです。それも以下の記事でわかります。モニター用途向けの機種を現在もいくつか製造、販売していますが、容易に入手できないのがもどかしいところです。

    エレガは現在でも現役でモニター用途に使われているようです。オリジナルの設計年度を考えると驚きです。ただ、改良はされているのでしょう。MDR-CD900STではきつすぎる、という人がよく使うようです。

    なかではDR-209C2が比較的入手しやすいことから紹介しておきます。アウトドア向けの本格派モニターという触れ込みのオンイヤー密閉型。マグネットに強力なサマリウムコバルトを使用。薄型・軽量化を図っているのも特徴。ポータブルデジタル機器の音楽鑑賞用としても最適と謳っているのも今日のDAP時代に相応しいところ。 サマリウムコバルトというのが現在のMDR-CD900ST/MDR-7506では失われた要素でもあり、エレガが注目される一つの要素でもあります。 ヘッドホン愛好家を自称するなら外せないブランド。それがエレガでしょう。

    装着方式:オーバーヘッド型オンイヤー 形式:密閉ダイナミック型
     再生周波数:20~20,000Hz インピーダンス:8Ω
    感度(1mW):105dB
    コード:2m プラグ:3P金メッキプラグ付き(ミニプラグは注文対応) 重量:150g
    実売価格:33500円程度 【ELEGA DR-209C2 など往年のブランドのヘッドホンは今も健在!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 17:41:37.021 ID:Ww3zUZRr0
    no title

    no title

    生産終了してるやつ(´・ω・`)

    引用元: ・高級ヘッドホンの中古購入した(´・ω・`)

    http://vipper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492159297/ 【DENONの高級ヘッドホンの中古購入した(´・ω・`) 生産終了してるやつ】の続きを読む

    このページのトップヘ