音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 既発売製品

    KEF LS50 Standard 値上げで売れなくなった?  2016年08月28日

    PHILIPS Fidelio X2 開放型ヘッドホン好機種!偽物には気を付けて…  2016年08月22日

    McIntosh MC2105 同社初のトランジスター式パワーアンプ!  2016年08月18日

    Q Acoustics Concept 40 j このブランドにしては高すぎる…  2016年08月06日

    Accuphase E-202 中古でもまだまだ人気のブランドプリメイン初代機!  2016年08月01日


    KEF LS50 STANDARD (DTチタニウムグレー)

    既発売オーディオ製品情報。KEF LS50 standard KEFのスピーカー 価格は145000円(ペア) 発売2013年

    KEFの創立50周年記念モデルとして2012年6月に限定発売されたLS50(11万円)の通常販売モデル。仕様については「LS50」とまったく同一ですが、本体のフロントおよび背面の「Anniversary」のロゴが無くなっています。

    300万円超のフラグシップスピーカー「Blade」で開発した特許技術や素材を投入した、2ウェイバスレフ型のブックシェルフスピーカー。リアバスレフタイプ。

    【KEF LS50 Standard 値上げで売れなくなった?】の続きを読む


    既発売オーディオ製品情報。PHLIPS Fidelio X2 フィリップスのオーバーイヤー型開放型ヘッドホン。2015年2月発売で、実売3.8万円程度です。 世界に57名しかいないという同社のサウンドエンジニア「ゴールデンイヤー」が初期段階から最終審査まで一貫して関わって開発した「Fidelio」シリーズの最上位ヘッドホン。 【PHILIPS Fidelio X2 開放型ヘッドホン好機種!偽物には気を付けて…】の続きを読む


    生産完了オーディオ製品情報 McIntosh MC2105 マッキントッシュのパワーアンプ 価格:¥508,000 発売1967年

    それまで真空管式パワーアンプを発売していたマッキントッシュが、トランジスター時代に移るなか、その流れに対応すべく出した、同社初のトランジスター式パワーアンプ。

    出力トランスを搭載し、スピーカーインピーダンスに関わらず出力は一定という今日の同社パワーアンプにも継承されている伝統の技術を本機も搭載。出力は105W+105W。周波数特性は20-20kHz (+0 -0.1dB)。

    ブルーアイズのパワーメーターにガラスパネルというおなじみのデザインも魅力です。

    スピーカーは4-16Ωに対応で1系統。入力はアンバランスのみ。外形寸法 (W)425×(H)180×(D)370mm 重量 29.2kg。

    現代のスピーカーでも何でも鳴らせるでしょうが、昔はアルテックのスピーカーと組むのが定番だったようです。もちろん、JBLなども。

    現在でもこのアンプで満足できるとしたら、この半世紀のトランジスターアンプの技術の進歩とは何だったのか、ということになります。どう感じるかは個人によってもちろん違いますが。

    引用元: ・アキュフェーズ/Accuphaseについて語ろう Part88

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1467710792/ 【McIntosh MC2105 同社初のトランジスター式パワーアンプ!】の続きを読む



    既発売オーディオ製品情報。イースタンサウンドファクトリーは、Q Acousticsブランドより、日本限定仕様のトールボーイスピーカー「Concept 40 J」を2016年1月に発売。価格は277,000円(税抜・ペア)。 【Q Acoustics Concept 40 j このブランドにしては高すぎる…】の続きを読む


    生産完了オーディオ製品情報 Accuphase E-202 アキュフェーズが発売していたプリメインアンプ 価格:198,000円 発売1974年

    記念すべきブランド初のプリメインアンプ。 【Accuphase E-202 中古でもまだまだ人気のブランドプリメイン初代機!】の続きを読む

    このページのトップヘ