音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 既発売製品

    DMM.make DISPLAY DME-4K65D ほか全5機種、120Hz倍速非対応により返金、お詫び!  2017年04月24日

    BOSE 363 WestBorough この路線ってもう無いのかな?  2017年04月21日

    Ayre QB-9DSD、QB-9をDSD 5.6MHz対応に有償アップグレード!高い?  2017年04月19日

    DALI OPTICON 6 良いトールボーイです。低音はどう?  2017年04月18日

    DP-X1AにMichelleってインピーダンス合ってないですが大丈夫ですかね?  


    DMM.comは、'16年11月に発売開始した4K対応の65型/50型ディスプレイ「DMM.make DISPLAY」の製品パンフレットやWebサイトの表示に誤記があったため、返金対応を行なうと発表した。

    対象機種は50型「DME-4K50D」(59,900円)、65型「DME-4K65D」(159,900円)。誤表記は、製品パンフレットやWebサイトで、「4K/60p入力に対応。更に120Hz倍速駆動」と記していたが、実際には「120Hz倍速駆動に未対応であった」というもの。

    そのため希望者には、製品返送と返金対応を実施。返金対応期間は4月11日から7月11日受付分まで(電話は17時まで、メールは23時59分まで)。返金手続き時の申し込み方法や必要書類、情報はDMMのWebサイトで案内している。

    また、DMMにディスプレイのODM供給を行なうUPQも、4Kディスプレイ製品3機種を同社Webサイト等で「120Hz」と記載していたが、正しくは「60Hz」であった。対象製品は、Q-display 4K50、Q-display 4K50X、Q-display 4K65 Limited model 2016/17の3機種。

    同製品の新品を4月12日午前11時までに購入した人に対し、お詫びとして2,000円分の「Amazonギフト券(Eメールタイプ)」を提供する。6月30日23時59分までの申し込みが必要となる。申し込みには、新品ご購入証明(レシート・領収書など)の写真やシリアルナンバーなどが必要。詳細についてUPQの告知ページで案内している

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1056489.html

    【DMM.make DISPLAY DME-4K65D ほか全5機種、120Hz倍速非対応により返金、お詫び!】の続きを読む

    BOSE363WB
    生産完了オーディオ製品情報。価格は139600円(ペア) 発売1993年

    人気小型スピーカー・121をミッドレンジ用として、低域に同社の特許技術であるアクースティマスによるウーファーを用い、高域にはソフトドーム型トゥイーターを採用することでワイドレンジ化・中域の再現力強化を実現。

    高域には2.5cmソフトドーム型トゥイーターを搭載。低域には16cmコーン型ウーファーユニットを採用。

    エンクロージャーには針葉樹を100%用いたMDFを使用。サイドパネルは美しいバーズアイメイプル調に仕上げられており、表面には傷などの付きにくい特殊UVコーティングを施してあります。

    方式     3ウェイ・3スピーカー・アクースティマス方式・ブックシェルフ型・防磁設計
    使用ユニット     低域用:16cmコーン型
    中域用:11.5cmコーン型
    高域用:2.5cmコーン型
    インピーダンス     6Ω
    外形寸法     幅270×高さ581×奥行264mm
    重量     16.2kg


    【BOSE 363 WestBorough この路線ってもう無いのかな?】の続きを読む



    米国・エアー(Ayre)のUSB-DAC、QB-9シリーズの生産完了2機種を含む3機種を、ハイスペック対応にバージョンアップする有償アップグレードサービスが始まりました。

    費用は製品バージョンによって異なり、QB-9(96version A-E)とQB-9(192version F-H)が各21万円。QB-9DSD(version J-M)が5万円。工賃は含まれますが、送料は別。

    PCM 96kHz対応のUSB DAC「QB-9(96version A-E)」('09年発売)と、PCM 192kHz対応「QB-9(192version F-H)」('10年発売)、DSD 2.8MHz/PCM 192kHz対応「QB-9DSD(version J-M)」(現行)の3製品。アップグレード後は、いずれもDSD 5.6MHzとPCM 192kHzに対応できるようになります。また、型番は「QB-9 2xDSD」となります。

    QB9と言えば、まだPCオーディオもUSB-DACも一般的でなかった2009年に登場し、高級単品コンポの世界にPCオーディオを持ち込んだ立役者の一つです。対応ファイルはあっという間に陳腐化してしまいましたが、エアー独自の回路設計やアナログ部による高音質は高く評価され、旧バージョンを生かしたいという人は少なくなかったのではないでしょうか。特にPCのグランドノイズのオーディオへの流入を徹底的に断ち切る設計は今日でも通用するものでしょう。

    ただ、生産完了バージョンのアップグレードは高いですね。しかも、QB-9のDACチップはDSD1796で、QB-9DSDではES9016Sに変わっているわけですから、このアップグレードをするとDACチップも含めてだいぶ中が変りそうです。

    そういえば、こうした有償アップグレードは初めてではありませんでした。QB-9DSDへの有償アップグレードがありました。196kHzバージョンからは16万8,000円、192kHzバージョンからは12万5,000円で行っていました。するとQB-9DSDへのアップグレード済みの場合は今回のは5万円で済むということでしょうか?

    QB-9DSDからのアップグレードについてはDSD 5.6MHzを聴かないならば不要なのですが、対応サンプルレートが上がるだけのバージョンアップでないかもしれないので、これもまた悩みどころです。


    【Ayre QB-9DSD、QB-9をDSD 5.6MHz対応に有償アップグレード!高い?】の続きを読む


    デンマーク・DALIの新スピーカーシリーズ「OPTICON」。2015年11月に国内発売されています。生産終了となった「IKON MK2」の後継。

    ・OPTICON8 フロアスタンディングスピーカー ¥212,500(税抜・1本・ペア販売品)
    ・OPTICON6 フロアスタンディングスピーカー ¥134,000(税抜・1本・ペア販売品)
    ・OPTICON5 フロアスタンディングスピーカー ¥112,000(税抜・1本・ペア販売品)
    ・OPTICON2 ブックシェルフスピーカー ¥70,000(税抜・1本・ペア販売品)
    ・OPTICON1 ブックシェルフスピーカー ¥112,000(税抜・ペア販売品)
    ・OPTICON/VOKAL センタースピーカー ¥84,000(税抜)
    【DALI OPTICON 6 良いトールボーイです。低音はどう?】の続きを読む

    このページのトップヘ