音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ:音楽 > 邦楽

    山下達郎、もし音楽が配信のみになったら?「泣く泣くやります“サブスク毎日聴いてる”発言も!3  2022年06月29日

    井上陽水、引退準備?連絡も取れない状態か3  2022年06月24日

    山下達郎 サブスク解禁は「恐らく〇ぬまでやらない」3  2022年06月12日

    桜井和寿「音楽の価値がすごく下がってる。サブスクに違和感があった」3  2022年05月11日

    中森明菜デビュー初期3作品の再発、ラッカーマスターサウンド採用3  2022年05月04日

    TB
    3

    1: muffin ★ 2022/06/24(金) 20:04:04.33 ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/24/kiji/20220624s00041000477000c.html
    2022年6月24日 17:56 ]

    シンガー・ソングライターの山下達郎(69)が24日、TOKYO FM「JUMP UP MELODIES」(金曜後1・00)にゲスト出演。11年ぶりのアルバム「SOFTLY」について語った。

    アルバムが11年ぶりの発売になったことに「ライブ主導でここ十数年やってたので、レコードよりライブ」とライブ主体で活動していたとした。

    そして「結局、今ほとんど配信じゃないですか。パッケージでアルバム出すって2020年にはないと思ってたんですよ」と語り、11年前の2011年にアルバムを出したが「次はパッケージないな」と思っていたことからライブ主体に移行していたとした。

    「僕らの世代は音楽活動といえば、あくまでアルバムなんですよ。アルバムを作ってそのためにお披露目のためにツアーして、ツアーで新曲を披露してアルバムにつなげると。レコーディング、アルバムが主でライブが従だったんですよ。ここ13、14年はライブが主でレコードが従でずっとやってた」と振り返った。

    もし今後、音楽が配信のみになったらと問われると「なくなったら、なくなくやります。アナログプレーヤーがなくなったからしょうがないからCDになった。完全にネットでのサブスクで聞くしかない時代になったらそれはしょうがない。ぎりぎり粘ってる。シーラカンス状態」と笑いながら語った。


    引用元: ・【音楽】山下達郎、もし音楽が配信のみになったら?「泣く泣くやります」「しょうがない、ぎりぎり粘ってる。シーラカンス状態」 [muffin★]

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1656068644/

    【山下達郎、もし音楽が配信のみになったら?「泣く泣くやります“サブスク毎日聴いてる”発言も!】の続きを読む

    TB
    3

    1: シャチ ★ 2022/06/23(木) 15:09:39.25 ID:CAP_USER9

     昭和から平成、令和と3つの時代で第一線を走り続けたトップアーティストが次々と活動に区切りをつけている。目下、ファンや業界の関心を集めているのが、引退するアーティストと同世代の超大物である井上陽水の動向だ。

    「2019年に歌手活動50周年の記念ツアーを敢行して以来、音楽活動を行っておらず、シングルは2018年リリースの『care』を最後に発表していません。以前は毎年必ず行っていたツアーやライブもコロナ禍で再開のめどが立たず、表舞台から姿を消してからすでに2年近く沈黙を守っています」(レコード会社関係者)

     1970年代のフォークソング全盛期をともに牽引した「盟友」である吉田も、陽水とは10年近く連絡を取っていないという。

    「1990年代にも陽水さんは長らく全国ツアーを行わず、第一線から姿を消した時期がありました。あのときは完全復活まで5年近くかかり、引退説が取りざたされたほど。現在の状況も当時と似ていますが、今回は親交のあるアーティストでさえも、コロナが拡大したあたりから連絡が取れない状態が続いているといいます」(前出・芸能関係者)

    (以下ソースで)


    6/23(木) 7:15配信 NEWSポストセブン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8687f1e0a0937ee24ef25a14f1f45ecd5b3efdba
    画像 井上陽水が個人事務所の社長を辞任(写真は2019年 )
    https://www.news-postseven.com/uploads/2022/06/22/inoue_yosui_04-750x589.jpg
    https://www.news-postseven.com/uploads/2022/06/22/inoue_yosui_10-750x696.jpg

    引用元: ・【音楽】井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か [シャチ★]

    https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1655964579/ 【井上陽水、引退準備?連絡も取れない状態か】の続きを読む

    TB
    3


    1: 水メーザー天体(騒) [ニダ] 2022/06/11(土) 17:46:57.34 ID:f9qsv8PX0● BE:228348493-PLT(17000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    時代の試練に耐える音楽を――「落ちこぼれ」から歩んできた山下達郎の半世紀
    https://news.yahoo.co.jp/articles/be612cd888a261a17c38007d9f51406f35ddaade

    (撮影:能美潤一郎)
    https://news-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220611-00010000-ytokushu-000-3-view.jpg

    数年前から、世界中の音楽シーンで「シティポップブーム」が起きている。
    70年代半ばから80年代にかけて、日本で生まれた都会的なポップミュージック。
    山下はその中心人物として、海外のリスナーからもリスペクトを集める。
    ブームについて尋ねると、「40年前に言ってよ」と笑い飛ばす。

    「シティポップをどう思いますかと聞かれても、正直、『分かりません』としか答えられない。
    全ては運だとしか答えようがない。数年前に渋谷で、20代のアメリカ人青年に
    『GO AHEAD!』(78年)のアルバムにサインしてくれと言われて。
    どこで知ったんだって聞いたら、ネットだって。変な時代だな。ありがたいけど(笑)」

    「私はね、極東の片隅のね、日本という国でね、ごく質素にやってきた者なんです。
    全然メインストリームじゃないんです。10代の時は音楽オタクで、
    誰も聴かないような音楽を聴いていたんです。全米トップ40も、トップ10にはあまり興味がなくて、目当てはいつも30位あたり。大ヒット曲には見向きもしませんでした。
    そういう音楽の聴き方で育った人間が作ってる音楽なんて、誰が聴くんだ?っていう疑問を
    いつも自分に投げかけて。なので、拡大志向はやめようと」

    中略

    音楽の聴かれ方は、半世紀の間に変化してきた。サブスクリプションでの配信を解禁しないのか尋ねると、今の時点で山下は「恐らく死ぬまでやらない」と答える。



    引用元: ・山下達郎 川´3`)「シティポップブーム?40年前に言ってよ・・サブスクは〇ぬまでやらない」 [228348493]

    https://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1654937217/ 【山下達郎 サブスク解禁は「恐らく〇ぬまでやらない」】の続きを読む

    TB
    3

    1: 名無し募集中。。。 2022/05/10(火) 12:10:21.93 ID:kJq7jOuI0
    Mr.Childrenは、自分が潰されそうなぐらい大きな存在――30周年に桜井和寿が語る「これから」の20年
    https://news.yahoo.co.jp/articles/85e91effa50e9e97c8c201bbf3b87655c532e4d6


    桜井は、過去のインタビューで「CDが売れない時代」について幾度も言及してきた。

    「CDというよりも、音楽の価値がすごく下がってると思うんです。
    それを悲しいことだとか言ってるわけではなくて、僕らのときが、あまりにも音楽の価値が持ち上げられすぎてたんだと思うんです。今は無料コンテンツになっちゃってるんで。
    でも、違和感もそんなになくなってきてるかも。それはもう……仕方のないことというか」

    そうした心境に至るまでには、それなりの時間を要した。

    「サブスクにすごく違和感があって、抵抗してた時期はありました。でも、どんどんどんどん、自分自身も新しい時代の流れに慣れていくし、それも便利だと感じているし。
    受け入れるしかないというか。そこに何か悲しみとかもそこまでなく」
    VIPQ2_EXTDAT: checked:default:1000:512:: EXT was configured


    引用元: ・ミスチル桜井和寿「音楽の価値がすごく下がってる。サブスクに違和感あって抵抗してた時期もあったけど受け入れるしかないというか」

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1652152221/

    【桜井和寿「音楽の価値がすごく下がってる。サブスクに違和感があった」】の続きを読む

    TB
    3
    221: 名無しの歌姫 2022/05/02(月) 00:09:13.14 ID:a+ziq5/b0
    中森明菜デビュー初期3作品の再発決定、ラッカーマスターサウンド採用&カラオケ音源付き

    中森明菜のデビュー40周年を記念して、デビューアルバム「プロローグ<序章> AKINA NAKAMORI FIRST」、2ndアルバム「バリエーション<変奏曲> AKINA NAKAMORI SECOND」、1stミニアルバム「Seventeen」が7月1日に再発される。

    再発盤の音源にはアナログレコードの原盤であるラッカー盤にカッティングし、レコード針で再生した音をデジタル化した「ラッカーマスターサウンド」を採用。最新リマスターを施した全収録曲のカラオケ音源も収められる。また2ndアルバムの再発盤には、ボーナストラックとして2ndシングル「少女A」のカップリング曲「夢判断」を収録。解説は中森の初代ディレクター&プロデューサーを務めた島田雄三氏が執筆する。

    なおワーナーミュージック・ジャパンでは、中森がリリースしたオリジナルアルバム14作品、ベストアルバム4作品、ミニアルバム5作品を、今後約2年にわたり再発していく。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/c2ea50dbd621505a324d9e18616aa839a0c69518


    引用元: ・【40周年】天才歌姫 中森明菜復活70

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/musicjf/1651370888/

    【中森明菜デビュー初期3作品の再発、ラッカーマスターサウンド採用】の続きを読む

    このページのトップヘ