音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ホームシアター

    LG HU80KA 持ち運べる小型4K/HDRプロジェクター!  2018年01月07日

    ASUS ProArt PQ22UC 日本製RGB印刷方式有機EL技術採用の21.6型4Kディスプレイ!  2018年01月05日

    ビックカメラ 55型激安4Kテレビ 購入者の感想は!【HDRは非対応ですよ!】  2018年01月03日

    世界の超大型テレビ市場…昨年7~9月期の販売台数のトップはサムスン!?  

    LG、世界初の8K/88型有機ELディスプレイ開発、CESで公開へ!  2018年01月02日

    TB
    LG_HU80KA

    LG Electronicsは5日、持ち運べるコンパクトサイズを特徴とする同社初の家庭用4Kプロジェクタ「HU80K」シリーズを発表。米国ラスベガスで1月9日(現地時間)に開幕するCES 2018で出展。

    LG初となる4K解像度のホームシアタープロジェクターながら、「画質を損なわずに、他の4Kプロジェクターと比べてサイズを半分にした」というデバイスを採用し、低価格化も実現したということでいきなりの注目作。サイズは横165mm、縦165mm、高さ470mmで、質量は6.5kg。2500ルーメンの輝度を実現。HDR10にも対応。

    ミラーレスの「I-shaped」エンジンを搭載。直立する縦長の筐体に持ち運び用のハンドルも備え、家のどの部屋でも視聴可能。床置きのほか、壁掛けや天吊りにも対応。掃除機のように電源ケーブルを本体へ収納することも可能。

    WebOS 3.5を搭載し、4Kを含む主要なストリーミング映像配信サービスに対応するというのも特徴。HDMIやUSB、LAN端子も装備。7W出力のスピーカーも内蔵。ワイヤレスキーボード/マウス接続にも対応。

    低価格化を実現としながらも今のところ価格はわかりませんが、4Kで安いというのであれば3~40万円程度であることを期待します(もちろんもっと安くてもいいですが…)。また、LGというと超単焦点型も得意ですので、そこまでいかなくとも焦点距離も短いとありがたいところでしょう。

    デザインやケーブル収納法など、映像マニアの趣味道具というより、ファミリー向けの黒物家電的。あまりかっこよくはないですが、4Kプロジェクターがお茶の間に広がるにはやむを得ないかも。

    日本国内での展開も確実でしょうから、国内の他メーカーの奮起も期待したいですね。

    【LG HU80KA 持ち運べる小型4K/HDRプロジェクター!】の続きを読む

    TB
    ASUSProArtPQ22UC
    JOLEDは、台湾・ASUSへ、21.6型の4K印刷方式有機ELディスプレイパネルのサンプル提供を開始。ASUSがCES 2018で発表するプロフェッショナルモニター「ASUS ProArt PQ22UC」に使用されます。

    ASUSはプレスリリースの中で、「ピュアRGBストライプを備えた最先端の有機ELテクノロジーは高い色純度を保証し、PQ22UCは、DCI-P3カバー率99%の高彩度による、忠実な色再現性を実現しています。真の10ビット色深度を備え、暗い黒と明るい白のコントラスト比は1,000,000:1。最速0.1msの高速応答性は、動きの速いビデオやアニメーションコンテンツの表示において卓越したパフォーマンスを実現します」としています。

    パネルは21.6型4Kで、画素数は3,840(RGB)×2,160、画素密度が204ppi。ピーク輝度は350カンデラで、コントラスト比が100万対1、パネル厚は1.3mmで、質量が500g。

    こちらで紹介済みのパネルを採用した製品の商品化ということになります。
    世界初、印刷方式の21.6型4K有機ELパネルをJOLEDが出荷開始!

    JOLEDでは「今後、中型プロフェッショナルモニター市場において、JOLEDの有機ELディスプレイパネルの浸透を図るとともに、先進のデバイスにより「ワクワク」と「感動」にあふれる世界を実現するという目標に向け、有機EL分野におけるリーディングカンパニーを目指して挑戦し続けていく」としているので、期待したいところです。 【ASUS ProArt PQ22UC 日本製RGB印刷方式有機EL技術採用の21.6型4Kディスプレイ!】の続きを読む

    TB
    no title
    1: 名無しさん┃】【┃Dolby 2017/12/31(日) 08:39:02.81 ID:d1sfooQr0
    55V型4K対応液晶テレビとGoogle Home Mini、Chromecast Ultraのお買い得な限定セットです。
    69,800円(税抜)
    消費税:5,584円税込:75,384円


    2: 名無しさん┃】【┃Dolby 2017/12/31(日) 08:40:24.47 ID:d1sfooQr0
    ■ユニテク 55V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 4K対応液晶テレビ LCK5502V(別売USB HDD録画対応)
    ・信頼の日本製エンジン採用
    ・スタンダード&シンプル55インチ高精細4K対応テレビ
    ・大画面高精細 迫力の55インチ、4K ULTRA HDパネル
    ・番組表から簡単録画予約(最大録画予約64件)レジューム再生、追っかけ再生、頭出し再生、最大2TBまでの外付けHDD対応
    ・HDMI入力端子×3、コンポジット入力端子×1、光音声デジタル出力端子×1、LAN端子(データ放送用)
    ・高画質液晶パネル(画素数(水平×垂直)3840×2160、応答速度8.5ms(G to G)、視野角176°左右/176°上下(標準値)、コントラスト比4000: 1) ・使いやすい電子番組表(7チャンネル6時間表示、8日分受信、視聴予約可能)


    引用元: ・ビックカメラ55V型4K対応テレビ(ユニテク)

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1514677142/ 【ビックカメラ 55型激安4Kテレビ 購入者の感想は!【HDRは非対応ですよ!】】の続きを読む

    TB
    1: スターダストレヴァリエ ★ 2018/01/02(火) 21:12:23.50 ID:CAP_USER
    超大型テレビ市場が急成長 サムスンがシェア首位

    ソウル聯合ニュース】世界のテレビ市場が全般的に停滞局面を迎えている中、急成長を遂げる超大型テレビ市場は韓国のサムスン電子がリードしている。

     英調査会社のIHSマークイットなどによると、75インチ以上の超大型テレビの世界販売台数は昨年の115万1000台から今年は169万6000台、来年は227万4000台と増え続け、2020年には338万8000台となる見通しだ。

     昨年は1~3月期に17万2400台にとどまったが、7~9月期は29万800台に急増した。

     昨年7~9月期の販売台数をメーカー別にみると、トップはサムスン電子で15万1800台。ソニー(7万9700台)、LG電子(3万4900台)、中国・海信集団(ハイセンス、7100台)などに圧倒的な差をつけた。



    続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000025-yonh-kr&pos=1

    引用元: ・超大型テレビ市場が急成長…昨年7~9月期の販売台数のトップはサムスンでソニーなどに圧倒的な差をつける

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1514895143/ 【世界の超大型テレビ市場…昨年7~9月期の販売台数のトップはサムスン!?】の続きを読む

    TB
    LG8K2018

    335: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/01/02(火) 13:42:58.01 ID:fk+ZPl1F0
    LG、世界初の8K/88型有機ELディスプレイを開発、CESで公開へ

    韓国LGディスプレイは、8K解像度(7,680×4,320)の88型有機ELディスプレイを開発したと発表した。1月9日から米ラスベガスで行われる「2018 International CES」でも展示する。

    LGディスプレイは、日本メーカーを含む様々なテレビセットメーカーに有機ELディスプレイデバイスを供給している。現在販売されているテレビセットに使われているデバイスは最大77インチで、4K(3,840×2,160)解像度となっている。

    一方、日本では今年12月1日に「新4K8K衛星放送」が始まる。これをにらみ、すでにシャープが8K液晶テレビ「LC-70X500」を100万円前後で販売している。

    https://www.phileweb.com/news/d-av/201801/02/42960.html


    引用元: ・有機ELディスプレイ OLED18

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1512480093/ 【LG、世界初の8K/88型有機ELディスプレイ開発、CESで公開へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ