音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ホームシアター・ゲーミング

    シャープの8Kテレビ、「Xbox Series Xは4K120p映像が正しく表示できません」、一方PS5は映像・音声共に正常に表示出力可  2020年11月12日

    【悲報】PS5、ドルビービジョン、HDR10+、HLG、ドルビーアトモス、DTS:Xに非対応!  2020年11月11日

    NHK受信料の全世帯徴収見送り  2020年11月08日

    SIE「お持ちのヘッドホンでPS5の3Dオーディオを体験可」→対応ヘッドホン使用の場合のみです??  2020年11月03日

    東芝 D-M210 手持ちテレビを全録マシンにするタイムシフトマシンハードディスク  2020年10月29日

    TB

    1: 名無しさん必死だな 2020/11/10(火) 16:34:45.55 ID:h3ynmLo+0
    シャープ、AQUOSとPS5&Xboxの動作確認状況。Xboxは4K120p接続不可
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1288191.html
    AQUOS 8Kに8K/4K120p信号を入力する場合、PlayStation 5は映像・音声共に正常に表示出力できるが、
    Xbox Series Xは4K120p映像が正しく表示できないという。


    引用元: ・シャープ「Xbox Series Xは4K120p映像が正しく表示できません」、PS5は映像・音声共に正常に表示出力可

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1604993685/

    【シャープの8Kテレビ、「Xbox Series Xは4K120p映像が正しく表示できません」、一方PS5は映像・音声共に正常に表示出力可】の続きを読む

    TB
    PlayStation 5


    1: 名無しさん必死だな 2020/11/10(火) 23:56:09.06 ID:FLPfjdOQ0
    https://www.phileweb.com/sp/news/d-av/202011/10/51501.html

    ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が11月12日に発売する新型ゲーム機「PlayStation 5(PS5)」。光学ドライブ搭載モデルはUltra HD Blu-rayの再生が行えるほか、各種映像ストリーミングサービスにも当初から対応するが、そのスペックには相当な制限があることがわかった。

    本日、PlayStationの公式ブログに「徹底解説」と題したFAQが公開された。そこには、HDR10に対応していることや、対応音声フォーマットなどが紹介されていた。

    https://blog.ja.playstation.com/2020/11/10/20201110-ps5/

    だが、HDRについてはドルビービジョン、HDR10+などの名前がなく、対応音声フォーマットにはドルビーアトモスやDTS:Xの記載がない。

    そこでSIEに問い合わせたところ、HDRについてはドルビービジョン、HDR10+、HLGの再生・出力に非対応であること、オーディオフォーマットについてもドルビーアトモス、DTS:Xなどの再生・出力にはいずれも非対応であることが明らかになった

    つまり、Ultra HD Blu-rayなどの光ディスクや、各種映像ストリーミングサービスの映像に記録されたドルビービジョンやHDR10+などのHDRデータを出力できず、またオーディオについても、メジャーなイマーシブサウンドフォーマットであるドルビーアトモスやDTS:Xの再生・出力が行えないことになる。

    映像再生機器やメディアプレーヤーとしてPS5を使おうと考えていた方は、上記のフォーマットに非対応ということを知っておいた方がよいだろう。


    引用元: ・【悲報】PS5さん、ドルビービジョン、HDR10+、HLG、ドルビーアトモス、DTS:Xに非対応

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1605020169/ 【【悲報】PS5、ドルビービジョン、HDR10+、HLG、ドルビーアトモス、DTS:Xに非対応!】の続きを読む

    TB

    1: 蚤の市 ★ 2020/11/08(日) 10:04:21.30 ID:bPzty8E+9
     NHKの受信料制度改革をめぐり、総務省がテレビ設置の有無に関係なく全世帯・事業所から受信料を徴収する仕組みの導入を見送ることが7日、分かった。NHKがインターネットによる番組の同時配信を始めたことを受け、有識者会議で是非を検討してきたが、時期尚早と判断した。NHKが抱える剰余金を受信料負担の軽減につなげる方策は具体化させる。9日に開く有識者会議で確認する。

     全世帯から受信料を徴収する仕組みは、4月のネット同時配信サービス開始を受け、テレビではなく、パソコンやスマートフォンなどで番組を視聴できることを根拠に検討されてきた。しかし、総務省は現状で利用者が限られていることなどから、国民の理解が得られないとみている。衛星波と地上波の受信料を一本化する案や、徴収単位を世帯から個人に変更する案については引き続き議論する。

     一方、有識者会議はNHKが抱える剰余金を受信料負担の軽減につなげる方策は具体化させる。NHKが10月に提案した剰余金を契約者に還元する枠組みについて、次期中期経営計画期間(2021~23年度)中の実施を前提に具体化を検討。剰余金は19年度末で1280億円に上っており、実質的な受信料引き下げを要請する。
     9日の会議では、NHKの未契約者に対するテレビの有無の届け出義務化についても継続して議論する。届け出がない場合、NHKは該当住所の居住者氏名について、公益企業などへの照会を可能とするよう要請。委員の間にはテレビがない場合の届け出や居住者情報の照会に消極的な意見が多い。

    時事通信 2020年11月08日09時24分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020110700423&g=eco


    引用元: ・【NHK受信料】全世帯徴収見送り 23年度までに引き下げ要請―総務省会議(時事) [蚤の市★]

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1604797461/

    【NHK受信料の全世帯徴収見送り】の続きを読む

    TB

    1: 名無しさん必死だな 2020/10/28(水) 22:15:55.48 ID:mXiNUPJL0
    https://blog.ja.playstation.com/2020/10/06/20201006-ps5/
    PS5と同時に発売予定の「PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット」は、PS5の3Dオーディオの技術を最大限活用できるよう設計しています。
    洗練されたデザインと、ふたつのノイズキャンセリングマイク、そして簡単に操作ができるボタン配置によって、PULSE 3DワイヤレスヘッドセットはPS5、そしてPlayStation®4でも快適なゲームプレイ体験をご提供します。
    私たちはこのヘッドセットがPS5での素晴らしいオーディオ体験をもたらしてくれると考えていますが、
    3月に公開した技術仕様のアップデート記事でお伝えしたように、プレゼンス(実在感)とローカリティ(定位感)の向上を体験する方法はこのヘッドセットだけではありません。

    PS5では、多くの皆さんがすでにお持ちのヘッドホンを、PS5本体にUSBで接続するか、
    DualSense ワイヤレスコントローラーの3.5mmヘッドセットジャックに接続することで、3Dオーディオを体験していただけます。




    いつの間にか公式サイトで※で注意書きが追加されていた

    https://www.playstation.com/ja-jp/ps5/
    超高速SSDにより読み込み速度が飛躍的に向上。ハプティック技術、アダプティブトリガー、3Dオーディオ※技術が生み出す濃密な没入感。
    そして、新世代の驚きに満ちたPlayStationタイトルの数々をご体験ください。
    >>3Dオーディオ対応ヘッドホンを使用した場合


    引用元: ・SIE「皆さんのお持ちのヘッドホンでPS5の3Dオーディオを体験可」→対応ヘッドホン使用の場合のみです

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1603890955/ 【SIE「お持ちのヘッドホンでPS5の3Dオーディオを体験可」→対応ヘッドホン使用の場合のみです??】の続きを読む

    TB
    1: 田杉山脈 ★ 2020/10/27(火) 21:30:04.62 ID:CAP_USER
    東芝映像ソリューションは、最大6チャンネルを約1週間分録画できる「タイムシフトマシンハードディスク D-M210」を11月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は約5.4万円前後。

    設定したチャンネルや時間帯に放送する番組をまるごと録画する、全録機能“レグザタイムシフトマシン”を搭載したHDDレコーダー。

    現在発売中のレグザタイムシフトマシン「DBR-M4008」「DBR-M3009」では、Blu-ray対応ドライブを搭載するが、D-M210ではBDドライブを省き、幅285mmに小型化。全11チューナーを搭載しながら、手頃な価格を実現した。

    「D-M210は“あなたのテレビをタイムシフトマシンにする”をコンセプトに、全録機能に特化したハードディスク。手持ちのテレビに接続すれば、レグザはもちろん、レグザ以外のテレビもタイムシフトマシンが手軽に楽しめる」としている。

    内蔵するHDDは2TB。搭載するチューナーは2K放送のみで、4Kチューナーは搭載しない。

    地上デジタル6チャンネル、BS/110度CSデジタル5チャンネルの中から、任意の6チャンネルを選んで、約1週間分の録画ができるタイムシフトマシン機能が最大の特徴。

    なお別売の外付けUSB HDDを接続すれば、タイムシフトマシン、及び通常録画用の容量を増設することができる。

    no title

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1285111.html


    引用元: ・【製品】東芝、手持ちテレビを“全録マシン”にするハードディスク。約5.4万円 [田杉山脈★]

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1603801804/

    【東芝 D-M210 手持ちテレビを全録マシンにするタイムシフトマシンハードディスク】の続きを読む

    このページのトップヘ