音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ホームシアター・ゲーミング

    UHD BD ソフトもサイバーマンデーに登場!インターステラーなど!  2018年12月10日

    ハイセンス 43A6800 発売!いきなり6.5万円+PayPayでコスパ最強4Kテレビか?  2018年12月09日

    DP-UB9000発売!画質も音質も上々の模様!  2018年12月08日

    新BS 4K放送2日目からは黒点解消、明るさも改善!?  2018年12月04日

    JAPANNEXT JN-IPS27FL144QHD 144Hz対応の27型WQHDゲーミングディスプレイ!  2018年12月03日

    TB


    Amazonサイバーマンデーセール。UHD BDソフトも対象になっています。まとめ内に登場するタイトルはすでに販売終了となっているものもあります。ご了承ください。まとめ内で「売り切れ」と言及されていても、あとで復活している場合もあります。

    セール終了までは他にもいろいろとセール品が出てくるので、UHD BDプレーヤーをお持ちの方はぜひ、参考になさってください。




    【UHD BD ソフトもサイバーマンデーに登場!インターステラーなど!】の続きを読む

    TB
    840: 名無しさん┃】【┃Dolby 2018/12/03(月) 18:30:02.51 ID:WoWYK9vz0
    エディオン系列の100満ボルトで43A6800が税込み65000円って言われたから注文してきた。
    ちなみに番組表は東芝そのものだった。

    引用元: ・ハイセンスジャパンのテレビ総合4

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1537769196/ 【ハイセンス 43A6800 発売!いきなり6.5万円+PayPayでコスパ最強4Kテレビか?】の続きを読む

    TB

    パナソニックの最上位UHD BDプレーヤーにして、アナログマルチ音声出力を備えたオーディオ志向のユニバーサルプレーヤー・DP-UB9000。12月7日に約20万円で発売されました。

    同時期にパイオニアのUDP-LX800が約1.5倍の高額で発売される状況ながら、発売前のデモの時点で、画質面ではDP-UB9000の完勝、音質面でも価格とアナログマルチの付加価値などを考えるとむしろハイコスパという印象で、少なくともUDP-LX800に対しては優位なようです。OPPOのUDP-205の代替機としては及ばないかもしれませんが、これも健闘しているようです。

    ただ、ネット上ではDP-UB9000を称賛するというより、UDP-LX800の期待外れへの落胆の意見が多くみられるのは残念。それでも時間が経てばDP-UB9000に対する感想や意見も増えることを期待します。

    【DP-UB9000発売!画質も音質も上々の模様!】の続きを読む

    TB
    no title
    611: 名無しさん┃】【┃Dolby (ワッチョイWW 73e9-qqwW) 2018/12/03(月) 01:38:45.37 ID:6dQ9Jq970
    ■2Kテレビ(HDR非対応)で4K放送を見る場合(東芝チューナー編)

    ・東芝4Kチューナーを2Kテレビ(HDR非対応)に接続して4K放送を視聴すると、HDR放送SDR放送の違いに関わらず全体的に暗い
    ・テレビの映像設定の「コントラスト(ややプラスに)」、「明るさ(かなりプラスに!)」、「黒レベル(かなりプラスに!)」変更を要求される
    ・ひょっとすると東芝4Kチューナーの黒レベルの0設定が通常より低い値になってしまっているのだろうか?


    引用元: ・【4K】4K総合スレ 40【UHD】

    http://mevius.2ch.sc/test/read.cgi/av/1543496499/ 【新BS 4K放送2日目からは黒点解消、明るさも改善!?】の続きを読む

    TB


    株式会社JAPANNEXTは、144Hz表示対応の27型ゲーミングディスプレイ「JN-IPS27FL144QHD」を発売。定価は44,970円ですが、11月29日から12月14日までは発売記念特価セールを行なっており、34,970円。

    IPS-AHVAパネルを採用したWQHD(2,560×1,440ドット)解像度の液晶ディスプレイ。AMD FreeSyncに対応し、ゲームプレイ時に画面を見やすくするゲームモードも3種類搭載。応答速度はオーバードライブ時で3msを実現したとしています。

    表示色数が約1,670万色、視野角が上下左右178度、輝度が300cd/平方m、コントラスト比が1,000:1。

    非表示部を合わせて8mmの狭額縁デザインとなっているほか、ブルーライト軽減モードやフリッカーフリーにも対応。

    インターフェイスはHDMI、DisplayPort、DVI。オーディオ出力およびスピーカーも装備。本体サイズは613×173×439mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約4kg。

    【JAPANNEXT JN-IPS27FL144QHD 144Hz対応の27型WQHDゲーミングディスプレイ!】の続きを読む

    このページのトップヘ