音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・SACD

    アキュフェーズ 9月に新型セパSACDプレーヤー発売 まだSACDで頑張る気なのかよ?  2016年07月23日

    エソテリック、SACDにクラウディオ・アバド&シカゴ交響楽団ほか『マーラー:交響曲第2番「復活」 & 第4番』など2作品追加4  2016年05月10日

    カール・ベーム モーツァルト:後期交響曲集ほか エソテリック「名盤復刻シリーズ」SACD!5  2015年11月20日

    オッコ・カム ラハティ交響楽団 シベリウス交響曲全集(3SACD)5  2015年11月05日

    パウル・クレツキ指揮チェコ・フィルの『ベートーヴェン交響曲全集』がSACDシングルレイヤーで発売  2015年11月04日

    Accuphase_DP-900_DC-900

    637: 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ bc3b-/weA) 2016/07/19(火) 22:08:34.33 ID:omnKytj30
    9月に新型セパSACD-Pが発売。型番は950。

    引用元: ・アキュフェーズ/Accuphaseについて語ろう Part87

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1460372058/ 【アキュフェーズ 9月に新型セパSACDプレーヤー発売 まだSACDで頑張る気なのかよ?】の続きを読む

    TB
    4

    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」に新作2タイトルを追加。クラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団『マーラー:交響曲第2番「復活」 &第4番』『6 QUEENS of JAZZ VOCAL』の2作品を6月10日に発売。

    1976年と77年に録音されたマーラーの交響曲第2番「復活」と第4番という、アバドのディスコグラフィー上、重要な録音をSuper Audio CDハイブリッド化。1976年から1994年までほぼ20年をかけて完成されたアバドの第1次「マーラー:交響曲全集」で最初に録音された2曲です。

    アバドにとって『復活』は1965年のザルツブルク音楽祭デビューの曲目で、初めてウィーン・フィルを振った特別な作品でした。当時あまり人気のなかったこの大曲でデビューすることは、周囲の反対を押し切ってのものでした。結果は成功。アバドの輝かしいキャリアの始まりと『復活』は切っても切れない縁です。1976年のシカゴ響とのこの録音、1992年のウィーン・フィルとの本録音、2003年のルツェルン祝祭管とのライヴ録音と3種の録音をDGに残していますが、そのいずれもが名演として知られています。

    今回のSuper Audio CDハイブリッド化に当たっては、新たにアナログマスターよりトランスファーした音源を使用。これまでのESOTERIC企画同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業を行ったとしています。

    ただ、アバド指揮シカゴ響のアナログ録音は、手持ちのCDからすると、いまひとつ録音が良くなかっただけに、今回のSACD化でどうなっているのか気になる人は多いことでしょう。むしろ、デジタル初期のほうの録音はよかったようですが…。

    ■マーラー:交響曲第2番「復活」 &第4番
    ・クラウディオ・アバド(指揮)
    ・シカゴ交響楽団 (第2番)、
    S:キャロル・ネブレット  Ms:マリリン・ホーン
    シカゴ交響合唱団 合唱指揮:マーガレット・ヒルス
    (1976.2 @シカゴ、メデイナ・テンプル)

    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(第4番)
    ・品番:ESSG-90141/42(2枚組)
    ・価格:6,286円(税抜)

    『6 QUEENS of JAZZ VOCAL』
    1950年代5タイトル、1964年1タイトルというアナログ全盛期に生み出された録音による歴史的名盤6タイトルを復刻。5作品が50年代中期の録音。その中で4作がモノラル収録となっています。

    ■6 QUEENS of JAZZ VOCAL
    ・ライク・サムワン・イン・ラヴ/エラ・フィッツジェラルド
    ・アニタ・シングス・ザ・モスト/アニタ・オデイ
    ・アフター・グロウ/カーメン・マクレエ
    ・ブラック・コーヒー/ペギー・リー
    ・ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン
    ・ワルツ・フォー・デビィ/モニカ・ゼタールンド・ウィズ・ビル・エヴァンス
    ・品番:ESSO-90143/48(6枚組)
    ・価格:19,444円(税抜)



    引用元: ・【SOFT】音楽聴くならSACD総合 Vol.43【HARD】

    http://yomogi.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1447274645/ 【エソテリック、SACDにクラウディオ・アバド&シカゴ交響楽団ほか『マーラー:交響曲第2番「復活」 & 第4番』など2作品追加】の続きを読む

    TB
    5
    boehm_Mozart_SACD

    エソテリックは、「名盤復刻シリーズ」からSACDハイブリッド盤2作を発売。ラインナップと各タイトルの詳細は以下。

    モーツァルト:後期交響曲集
    (第25・29・31・35・36・38-41番)
    カール・ベーム(指揮)/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    仕様:Super Audio CDハイブリッド(3枚組ボックスセット)
    定価:9,429円(税抜)
    発売日:2015年12月15日

    impulse! 6 GREAT JAZZ
     ジョン・コルトレーン/バラード
     ソニー・ロリンズ/オン・インパルス
     ロイ・ヘインズ/アウト・オブ・ジ・アフタヌーン
     オリヴァー・ネルソン/ブルースの真実
     カウント・ベイシー/カンサス・シティ・セヴン
     ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン
    仕様:Super Audio CDハイブリッド(6枚組ボックスセット)
    定価:19,444円(税抜)
    発売日:2015年12月10日

    引用元: ・エソテリックのSACDについて語るスレ 2

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1438168508/ 【カール・ベーム モーツァルト:後期交響曲集ほか エソテリック「名盤復刻シリーズ」SACD!】の続きを読む

    TB
    5

    2015年はシベリウスの生誕150周年。これを記念しての新録音のSACD登場。オッコ・カム指揮ラハティ交響楽団によるシベリウス交響曲全曲で、一挙全集でのリリース。

    SACDハイブリッド盤。CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND。

    録音:2012年5月(第1番、第3番の第1,2楽章)、2013年1月(第3番の第3楽章、第7番)、2013年5月(第2番)、2014年1月(第5番)、2014年1,2月(第6番)、2014年5月(第4番)
     録音場所:フィンランド、ラハティ、シベリウス・ホール
     録音方式:ステレオ(DSD/セッション)

    とDSDの最新録音でサラウンド音声もついているオーディオ的にも充実の内容。

    オッコ・カムは フィンランド・ラハティ交響楽団 生誕150年記念 シベリウス交響曲サイクルの来日公演をこの11月下旬に行います。シベリウスのスペシャリストの面目躍如です。

    SACDサラウンド付き最新高品位録音でシベリウスの交響曲を聴こうというには、ファーストチョイス的新盤が登場したといえそうです(SACDでなければラトル・BPOの録音もありますが)。シベリウス・イヤー最大級のリリースかもしれません。SACD:シベリウス:交響曲全集:オッコ・カム

    引用元: ・シベリウス総合スレッド part10

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1414586656/ 【オッコ・カム ラハティ交響楽団 シベリウス交響曲全集(3SACD)】の続きを読む



    SACD情報。

    パウル・クレツキ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の『ベートーヴェン交響曲全集』がSACDシングルレイヤーで発売になります。SACD4枚組み。

    1964年〜1968年のステレオ録音。SACD化はスプラフォンが監修して、オリジナルからリマスタリング、ドイツでのプレスしたディスクとのこと。以前は日本コロムビアがリマスタリングしてCDを出していました。

    日本語オビ&解説つきで美麗上製ディジパックの愛蔵版仕様。日本国内独自企画、初回完全限定生産品。

    【演奏】
    チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
    パウル・クレツキ(指揮)

    インゲボルク・ヴェングロル(ソプラノ)
    アンネリース・ブルマイスター(メゾ・ソプラノ)
    マルティン・リッツマン(テノール)
    ロルフ・キューネ(バス)
    チェコ・フィルハーモニー合唱団、ヨゼフ・ヴェセルカ(合唱指揮)

    【録音】
    1964~1968年/プラハ、ルドルフィヌム

    SACD:ベートーヴェン:交響曲全集

    引用元: ・▼大漁▼ SACDを聴こう! 17 ▼大漁▼

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1424933399/ 【パウル・クレツキ指揮チェコ・フィルの『ベートーヴェン交響曲全集』がSACDシングルレイヤーで発売】の続きを読む

    このページのトップヘ