音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・SACD

    ECM 初SACD化、第1弾は「ケルン・コンサート」など3作。タワーレコード限定5  2017年02月01日

    マーラー交響曲第9番 マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団 SACD 誰もが共感するテンポ?3  2017年01月19日

    ヴェルディ:レクイエム アバド指揮ミラノ・スカラ座o. ESOTERIC SACD「名盤復刻シリーズ」新作5  2016年11月22日

    エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」 ポリーニのベートーヴェン・ピアノ・ソナタ第30-32番など新譜!3  2016年08月20日

    フォーマットを変えないのが正しい消費者の為だぞ!  2016年08月01日

    TB
    5

    タワーレコードは、ドイツ・ECMレーベルの名盤、キース・ジャレット「ケルン・コンサート」など3作を、ユニバーサル ミュージックと協力して世界で初めてSACD化。CDプレーヤーでも再生できるSACD/CDハイブリッド仕様で、全国のタワーレコード各店舗(タワーミニを含む)や、Webサイト「タワーレコード オンライン」限定で販売する。発売日は3月8日で、価格は各3,500円。

    今回、SACD化されるタイトルは下記の3タイトル。
    • キース・ジャレット「ケルン・コンサート」(PROZ-1087)
    • チック・コリア「リターン・トゥ・フォーエヴァー」(PROZ-1088)
    • パット・メセニー「ライト・サイズ・ライフ」(PROZ-1089)

     SACD化に当たり、オリジナル・アナログ・マスターテープからDSDへフラット・トランスファーを行ない、ECMが最新マスタリングを施した。なお、CD層は従来のマスターを使用。通常のCDプレーヤーでも再生できる。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1041895.html



    ※ECMには多数のクラシック名盤がありますし、最近ではクレーメル、シフなど現役最高クラスの演奏家の録音もあるだけに、大きく期待したいところです。ただ、現時点では2017年12月までのリリース予定がジャズ系ばかりで、クラシックはなしです。


    今後のラインナップ予定 【ECM 初SACD化、第1弾は「ケルン・コンサート」など3作。タワーレコード限定】の続きを読む

    TB
    3
    364
    SACD情報。

    マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団による、マーラーの交響曲第9番が日本限定でSACDハイブリッドで発売。5.0chサラウンド音声も付いています。

    ヤンソンスはロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団とコンスタントにマーラーの交響曲のSACDを発売してきました。今回はバイエルン放送交響楽団との9番。2016年10月という最新のライブ録音です。ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニーでの収録。

    限定だそうですので、確実に手に入れたい方はお早目に。これまでのRCOとの録音はまだ手に入りますが、レーベルが違うので、同じようには考えられないかもしれません。

    引用元: ・SACDについて語るスレ 005 ★リヒテルの弟子出禁

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1482665812/ 【マーラー交響曲第9番 マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団 SACD 誰もが共感するテンポ?】の続きを読む

    TB
    5


    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」に新作2タイトルを追加。『ヴェルディ:レクイエム&オペラ合唱曲集』と『スメタナ:交響詩《わが祖国》』を12月10日に発売。

    ■ヴェルディ:レクイエム&オペラ合唱曲集
    ・クラウディオ・アバド(指揮)
    ・ミラノ・スカラ座管弦楽団・合唱団
    ・品番:ESSG-90151/52
    ・価格:6,286円(税抜)

    ■スメタナ:交響詩《わが祖国》
    ・ラファエル・クーベリック(指揮)
    ・ボストン交響楽団
    ・品番:ESSG-90153
    ・価格:3,143円(税抜)

    いずれの作品も、今回のSuper Audio CDハイブリッド化に当たっては、新たにアナログマスターよりトランスファーした音源を使用。

    わが祖国は、同曲の最高の名盤と言われるものです。ヴェルディ:レクイエムも同様。レクイエムは1980年録音なのにアナログなのはCD時代には残念と思いましたが、ハイレゾ時代になるとむしろ良かった、となるでしょう。オーディオ愛好家には怒りの日以外も含めて全曲90分近くをじっくりと聴いて欲しいですね。
    【ヴェルディ:レクイエム アバド指揮ミラノ・スカラ座o. ESOTERIC SACD「名盤復刻シリーズ」新作】の続きを読む

    TB
    3


    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」の新タイトルとして、カラヤン指揮ウィーン・フィル『R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき、ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら、7つのヴェールの踊り&ドン・ファン』と『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番・第31番・第32番 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)』の2作品を、9月10日に発売。価格はいずれも3,143円(税抜)。 【エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」 ポリーニのベートーヴェン・ピアノ・ソナタ第30-32番など新譜!】の続きを読む


    引用元: ・安くて良いCDスレ Part71

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1459239596/
    596: 名無しの笛の踊り 2016/06/13(月) 02:06:33.93 ID:JVH0ldgK
    クラ業界のパイは縮小の一途だから
    そのうちユニバーサルとワーナーが合併する日も来るかも知れん
    そしたらカラヤン生涯全録音超激安箱なんてのが引っ越しダンボール並のサイズで出るかも知れん

    【フォーマットを変えないのが正しい消費者の為だぞ!】の続きを読む

    このページのトップヘ