音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・SACD

    クラシックのSACD復刻 最近の状況  2021年08月08日

    エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」よりカラヤン指揮『トゥーランドット』など3作品  2021年05月17日

    エソテリック 名盤復刻SACDにイ・ムジチの「四季」が登場!などSACDソフトの話題  2021年02月01日

    マーラー:交響曲第6番 ブーレーズ ほか、エソテリックのSACDソフト3種!  2020年11月17日

    ワーグナー:「さまよえるオランダ人」ベーム指揮ほか、エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」3  2020年08月06日

    TB
    703: 名無しの笛の踊り 2021/07/06(火) 14:43:53.70 ID:dhAe4Dha
    〈タワレコ限定・高音質〉スウィトナー/フィガロの結婚、ケーゲル/パルジファル~Berlin Classics SACDハイブリッド化プロジェクト第14弾!
    https://tower.jp/article/feature_item/2021/07/06/1110

    1. モーツァルト:「フィガロの結婚(ドイツ語版)」全曲/スウィトナー&シュターツカペレ・ドレスデン、他(3枚組)
    2. ワーグナー:「パルジファル」全曲/ケーゲル&ライプツィヒ放送響、他(3枚組)
    各6,590円(税込)


    ぶっちゃけ乱発し過ぎで飽きてきたw


    引用元: ・SACDとハイレゾについて語るスレ011

    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/classical/1620130543/

    【クラシックのSACD復刻 最近の状況】の続きを読む

    TB
    ESSG-90243_4press


    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」に3作品を追加。『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、サン=サーンス:ハバネラ、ラロ:スペイン交響曲』(グリュミオー独奏)『ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽』(ガーディナー指揮)『プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》』(カラヤン指揮VPO・1981年)を6月10日に発売。

    価格は『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、サン=サーンス:ハバネラ、ラロ:スペイン交響曲』と『ヘンデル:水上の音楽、王宮の花火の音楽』が各3,972円(税込)で、2枚組となる『プッチーニ:歌劇《トゥーランドット》』のみ7,944円(税込)。

    旧フィリップスのアナログ録音のハイレゾ化が進んでいません。グリュミオーは生誕100年ということで、タワーレコードでもSACD化は進んでいますが、もっと進めて欲しいところです。

    【エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」よりカラヤン指揮『トゥーランドット』など3作品】の続きを読む

    TB
    507: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ f270-swtx) 2020/12/05(土) 00:29:37.19 ID:o7PR8MAx0
    ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン 完全収録盤

    https://tower.jp/item/5136931/


    510: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ b429-jrSk) 2020/12/05(土) 01:36:30.22 ID:MEpP5Uo20
    なんか後出しジャンケンみたい


    511: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ 8a9c-jrSk) 2020/12/05(土) 01:58:02.06 ID:wnOfB9bp0
    次は、single layer


    引用元: ・SACD とBluray Audio について語るスレ010

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1599202810/

    【エソテリック 名盤復刻SACDにイ・ムジチの「四季」が登場!などSACDソフトの話題】の続きを読む

    TB
    386: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ 5e32-ZyMb) 2020/11/06(金) 16:35:20.75 ID:N3TgZ5Gh0
    壊疽新譜 どうなの?

    マーラー交響曲 第6番悲劇的 ピエール・ブーレーズ

    モーツァルト・ブラームス クラリネット五重奏曲 レオポルト・ウラッハ(クラリネット)
                            ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団

    ベートーヴェン交響曲全集(エグモント序曲・コリオラン序曲) ブリュッヘン


    引用元: ・SACD とBluray Audio について語るスレ010

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1599202810/

    【マーラー:交響曲第6番 ブーレーズ ほか、エソテリックのSACDソフト3種!】の続きを読む

    TB
    3
    81RM5SqTwVL._AC_SX425_


    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」に『R. シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》/ 交響詩《死と浄化》』『シューマン:ピアノ協奏曲 / グリーグ:ピアノ協奏曲』および『ワーグナー:歌劇《さまよえるオランダ人》(全曲)』の3作品を追加。9月15日から発売。

    『R. シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》/ 交響詩《死と浄化》』はカラヤン指揮ベルリン・フィルの1980年代のデジタル録音からDSD化。

    『シューマン:ピアノ協奏曲 / グリーグ:ピアノ協奏曲』はシューマンがアルフレッド・ブレンデルの独奏、アバド指揮、グリーグはラドゥ・ルプー独奏、プレヴィン指揮のいずれも1970年代のアナログ録音。

    『ワーグナー:歌劇《さまよえるオランダ人》(全曲)』は1971年のバイロイト音楽祭での実況録音。

    このところのデジタル初期録音のSACD化は相変わらず少し疑問ですが、ベームの録音はSACD化に相応しい大物なのではないでしょうか。どうもこれが世界初のSACD化のようですし。

    【ワーグナー:「さまよえるオランダ人」ベーム指揮ほか、エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」】の続きを読む

    このページのトップヘ