音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: ソフト・SACD

    マーラー:交響曲第6番 ブーレーズ ほか、エソテリックのSACDソフト3種!  2020年11月17日

    ワーグナー:「さまよえるオランダ人」ベーム指揮ほか、エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」3  2020年08月06日

    エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」にアバド指揮のヤナーチェク/ヒンデミットなど3作品  2020年05月12日

    ベルリン・フィル自主製作SACDの音質が悪いのはどうしたこと?  2020年04月03日

    ブルーノ・ワルターの「田園」SACD 2019年新リマスタリング盤、音質がおかしい?3  2019年12月15日

    TB
    386: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ 5e32-ZyMb) 2020/11/06(金) 16:35:20.75 ID:N3TgZ5Gh0
    壊疽新譜 どうなの?

    マーラー交響曲 第6番悲劇的 ピエール・ブーレーズ

    モーツァルト・ブラームス クラリネット五重奏曲 レオポルト・ウラッハ(クラリネット)
                            ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団

    ベートーヴェン交響曲全集(エグモント序曲・コリオラン序曲) ブリュッヘン


    引用元: ・SACD とBluray Audio について語るスレ010

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1599202810/

    【マーラー:交響曲第6番 ブーレーズ ほか、エソテリックのSACDソフト3種!】の続きを読む

    TB
    3
    81RM5SqTwVL._AC_SX425_


    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」に『R. シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》/ 交響詩《死と浄化》』『シューマン:ピアノ協奏曲 / グリーグ:ピアノ協奏曲』および『ワーグナー:歌劇《さまよえるオランダ人》(全曲)』の3作品を追加。9月15日から発売。

    『R. シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》/ 交響詩《死と浄化》』はカラヤン指揮ベルリン・フィルの1980年代のデジタル録音からDSD化。

    『シューマン:ピアノ協奏曲 / グリーグ:ピアノ協奏曲』はシューマンがアルフレッド・ブレンデルの独奏、アバド指揮、グリーグはラドゥ・ルプー独奏、プレヴィン指揮のいずれも1970年代のアナログ録音。

    『ワーグナー:歌劇《さまよえるオランダ人》(全曲)』は1971年のバイロイト音楽祭での実況録音。

    このところのデジタル初期録音のSACD化は相変わらず少し疑問ですが、ベームの録音はSACD化に相応しい大物なのではないでしょうか。どうもこれが世界初のSACD化のようですし。

    【ワーグナー:「さまよえるオランダ人」ベーム指揮ほか、エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」】の続きを読む

    TB



    エソテリックは、SACD「名盤復刻シリーズ」に3作品を追加。『ヤナーチェク:シンフォニエッタ ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容 / 交響曲「画家マティス」』『J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)』『クリフォード・ブラウンBOX』の3作品を6月10日に発売。

    ■ヤナーチェク:シンフォニエッタ ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容 / 交響曲「画家マティス」
    クラウディオ・アバド(指揮)
    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    録音:1987年

    品番:ESSG-90220
    3,611円(税抜)

    ■J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)
    カール・リヒター(指揮)
    ミュンヘン・バッハ管弦楽団
    録音:1967年
    品番:ESSA-90221/2 (2枚組)
    7,222円(税抜)

    ■クリフォード・ブラウンBOX
    クリフォード・ブラウン(Tp)、サラ・ボーン(Vo)、ダイナ・ワシントン(Vo)、マックス・ローチ(Dr) 他
    録音:1954-55年
    品番:ESSE-90223/6 (4枚組)
    14,444円(税抜)

    エソテリックはなぜかデジタル初期のSACD化が続きます。リヒターのほうはユニバーサルが大分前にSACDを出していたようです。

    旧録音のSACD化で勢いがあるのは、国内では完全にタワーレコードになっていると感じます。

    【エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」にアバド指揮のヤナーチェク/ヒンデミットなど3作品】の続きを読む

    TB
    49: 名無しの笛の踊り (アウアウウー Sae7-7XUv) 2020/02/21(金) 15:33:21.41 ID:1MWpjnG2a
    https://tower.jp/article/feature_item/2020/02/21/1110

    1.バーンスタイン&VPO、他/ベートーヴェン: 交響曲全集、序曲集(4曲)(5枚組。4枚分の特別価格)
    2.ラサール弦楽四重奏団/ベートーヴェン: 後期弦楽四重奏曲集(3枚組)
    3.後日解禁予定(4枚組)
    3枚組 6,350円+税、 4枚組(5枚組) 7,900円+税

    バーンスタイン来たぞw


    引用元: ・SACDについて語るスレ009

    https://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1580609335/

    【ベルリン・フィル自主製作SACDの音質が悪いのはどうしたこと?】の続きを読む

    TB
    3
    740: 名無しの笛の踊り (ワッチョイ 12b8-Sv7j) 2019/11/29(金) 12:00:51.27 ID:u3XTiTY80
    ワルターの田園のSACDですが、サンプル盤の音質の方がよいという書き込みがあります。
    聞き比べをされた方おられますか


    引用元: ・SACDについて語るスレ008

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1547142749/

    【ブルーノ・ワルターの「田園」SACD 2019年新リマスタリング盤、音質がおかしい?】の続きを読む

    このページのトップヘ