音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ:音楽 > 洋楽

    レッド・ツェッペリン「天国への階段」著作権裁判 「盗作否定」評決が出る 【ハイレゾ配信情報も】4  2016年06月24日

    アクセル・ローズ、自分の太っている頃の画像を削除するようグーグルに要請 3  2016年06月11日

    ニール・ヤング、トランプ氏の楽曲使用に「現在は反対せず」なんで?  2016年05月27日

    Radiohead(レディオヘッド)、ニューアルバムを5月8日にリリース【関連ハイレゾ情報も】 3  2016年05月07日

    プリンス、半年前にエイズ発症を知らされていた!?  

    TB
    4

    1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/06/24(金) 04:57:22.45 ID:CAP_USER9
    2016/06/24 03:41

    レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)「Stairway to Heaven(天国への階段)」の
    冒頭アコースティック・ギター・パートが盗用によるものだと訴えられた件。
    著作権をめぐる裁判の陪審評議の結果、「盗用ではない」という評決が出されています。

    今回の問題は、ロサンゼルスのバンド、スピリット(Spirit)のギタリストで、 類似が指摘されていた楽曲「Taurus」(1967年作)の作曲者でもある故ランディ・カリフォルニアの遺産管財人が、
    レッド・ツェッペリン「Stairway to Heaven」のイントロと「Taurus」が似ているとして、 レッド・ツェッペリンに対して2014年5月に訴訟を起こしたもの。

    ロサンゼルス連邦地裁の判事が2曲は似ているとし、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)と
    ロバート・プラント(Robert Plant)が著作権を侵害したかどうかを陪審が決定すべきと判断。
    プラントとペイジに対する陪審員による審理/裁判がロサンゼルスの裁判所にて1週間に渡って行われていました。 公判には、ジミー・ペイジとロバート・プラントも出席し、証言を行っていました。

    遺産管財人は、スピリットは、レッド・ツェッペリンが1968年に米国ライヴを行った時に
    前座として起用されたことがあるため、その時に「Taurus」を聴いた可能性があると主張。
    一方、レッド・ツェッペリン側は“「Stairway to Heaven」のイントロ部分の節回しは一般的なものであり、 「Taurus」を使ったわけでもコピーしたわけでもなく、独自に創られたもの”と説明していました。

    評決を受け、ジミー・ペイジとロバート・プラント、そしてワーナー・ミュージック・グループがコメントを発表しています

    “We are grateful for the jury’s conscientious service and pleased that it has ruled in our favor,
    putting to rest questions about the origins of ‘Stairway to Heaven’
    and confirming what we have known for 45 years. We appreciate our fans’ support,
    and look forward to putting this legal matter behind us.” - Jimmy Page and Robert Plant

    "At Warner Music Group, supporting our artists and protecting their creative freedom is paramount.
    We are pleased that the jury found in favor of Led Zeppelin, re-affirming the true origins of 'Stairway to Heaven’
    Led Zeppelin is one of the greatest bands in history, and Jimmy Page and Robert Plant are peerless songwriters
    who created many of rock’s most influential and enduring songs." - WMG Spokesperson


    [source] http://www.wmg.com/ http://www.rollingstone.com/


    ・Led Zeppelin / Led Zeppelin IV
    http://amassing2.sakura.ne.jp/image/jacket/large/2013b/26545.jpg
    http://amass.jp/74551/


    ∥関連∥
    Led Zeppelin did not plagiarise Stairway To Heaven, jury rules
    http://www.telegraph.co.uk/news/2016/06/23/led-zeppelin-did-not-plagiarise-stairway-to-heaven-jury-rules/
    Led Zeppelin cleared of stealing riff for Stairway to Heaven
    https://www.theguardian.com/music/2016/jun/23/led-zeppelin-cleared-stairway-to-heaven-lawsuit-spirit

    引用元: ・【音楽】レッド・ツェッペリン「天国への階段」著作権裁判 「盗用ではない」 評決が出る

    【レッド・ツェッペリン「天国への階段」著作権裁判 「盗作否定」評決が出る 【ハイレゾ配信情報も】】の続きを読む

    TB
    3

    1: しずぼん ★@\(^o^)/©2ch.net 2016/06/09(木) 18:49:16.07 ID:CAP_USER9
    ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが、ネットにばらまかれている自分の画像を削除させようと
    躍起になっているのが話題になっている。

    問題となっているのはアクセルの体重が最も増えていた2010年にカナダのウィニペグでのライブ写真で、
    この時の画像にさまざまな文字を入れてネットで拡散させられているのをアクセルは阻止すべく、グーグルに
    削除要請を行っている。

    "スウィート・チャイルド・オブ・マイン"をもじって「スウィート・パイ・オブ・マイン」、
    "ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル"の歌詞をもじって「ベーカリーにようこそ/パイやケーキが揃ってるぜ」、
    "パラダイス・シティ"の歌詞をもじって「ベーカリー・シティに連れてってくれ/パイにはクリームこんもりで
    ケーキがめちゃくちゃうまいとこ」などといった文句が太ったアクセルの画像に埋め込まれ、ネット上で拡散。

    アクセル側はグーグルに対してこうした画像についての使用許可は出されていないので削除するようにと文書で要請。
    しかし、その後も検索するといくらでもこの画像が出てくるため、グーグルが削除要請に応じた模様はまったくない。

    http://ro69.jp/news/detail/144230?count=1&topic=1

    引用元: ・【音楽】アクセル・ローズ、自分の太っている頃の画像を削除するようグーグルに要請  

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1465465756/ 【アクセル・ローズ、自分の太っている頃の画像を削除するようグーグルに要請 】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ ©2ch.net 2016/05/26(木) 16:36:42.43 ID:CAP_USER9

    ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~ [DVD]
    [24日 ロイター] - カナダ出身のミュージシャン、ニール・ヤング(70)は、米大統領選の
    共和党候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏がヤングの楽曲を選挙キャンペーンで
    使用したことについて、「今では反対していない」と述べた。

    トランプ氏は昨年6月にキャンペーンを開始した時に、ヤングの「ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド」を使用。 ヤングのマネジメント会社は当時、トランプ氏が出馬表明で楽曲を使用する許可を得ていないと発表していた。

    ヤングはロイターのビデオインタビューで、現在ではトランプ氏が楽曲を使うことに反感は持っておらず、 ただ、使用してもよいか事前に聞いてほしかった、と述べた。ヤングは、トランプ氏の選対事務所が 楽曲使用をめぐってライセンスを取得していたことを確認した。

    「わたしが(民主党の候補指名を目指すバーニー・)サンダース上院議員を支持していると言ったり、 トランプ氏が『ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド』を使ってよいか聞かなかったからといって、
    彼が曲を使用できないということではない」と述べた。

    ヤングは、ライブレコーディングを集めた最新作「Earth(原題)」を6月24日に米国などで発売する。

    ロイター 5月26日(木)16時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000067-reut-ent
    画像 5月24日、ニール・ヤングは、トランプ氏がヤングの楽曲を選挙キャンペーンで使用したことについて、
    「今では反対していない」と述べた。写真は18日、米カリフォルニア州カラバサスで撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)
    http://amd.c.yimg.jp/im_siggD1604bX4wAQcwgl8BIRSYg---x900-y600-q90/amd/20160526-00000067-reut-000-2-view.jpg

    引用元: ・【音楽】ニール・ヤング、トランプ氏の楽曲使用に「現在は反対せず」©2ch.net

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1464248202/ 【ニール・ヤング、トランプ氏の楽曲使用に「現在は反対せず」なんで?】の続きを読む

    TB
    3
    1: パニックスイッチφ ★@\(^o^)/ 2016/05/07(土) 00:51:58.93 ID:CAP_USER9
    レディオヘッドが通算9作目となるニュー・アルバムを5月8日にリリースすることを発表している。

    合わせて、ポール・トーマス・アンダーソンが監督した“Daydream”のミュージック・ビデオを公開している。

    “Daydream”のミュージック・ビデオはこちらから。

    Radiohead - Daydreaming - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=TTAU7lLDZYU



    ニュー・シングル“Burn The Witch”は、アルバムに先立って5月3日にリリースされている。

    4月にバンドのマネージメント・パートナーであるブライアン・メッセージはトーク・イベントで
    バンドの新作が6月にリリースされると語っていたが、アルバムは5月8日にリリースされるという。

    レディオヘッドの長年のヴィジュアル・コラボレーターであるスタンリー・ドンウッドは
    バンドの新作を聴いたと語っており、その時はまだ完成していないとしたものの、
    アルバムについて「アート作品」と評していた。

    “Burn The Witch”のダウンロードはこちらから。
    https://itunes.apple.com/jp/album/burn-the-witch-single/id1110448315

    レディオヘッドの新作に収録されるかもしれない楽曲についてはこちらから。
    http://nme-jp.com/blogs/13732/

    http://nme-jp.com/news/19277/

    引用元: ・【音楽】Radiohead(レディオヘッド)、ニューアルバムを5月8日にリリース!PTA監督の新MV「Daydreaming」も公開

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1462549918/ 【Radiohead(レディオヘッド)、ニューアルバムを5月8日にリリース【関連ハイレゾ情報も】 】の続きを読む


    ヒット・アンド・ラン フェーズ・ツー
    1: casillas ★@\(^o^)/ 2016/05/06(金) 19:09:54.96 ID:CAP_USER9
    プリンスは死の半年前にエイズが発症していると知らされていたようだ。

    先週57歳という若さで死去したプリンスは90年代にHIVに感染していたというが、宗教上の理由から治療を受けることを拒否し、昨年遂にエイズが発症していたとみられている。

    エホバの証人の信者だったプリンスの友人たちは、「The National Enquirer」誌に「プリンスは調子を崩していました。医師たちはプリンスの血球数が異常に低く、体温が平温の37度よりも危険なほどに下がっているとプリンスに伝えていたみたいです。 彼は完全に鉄欠乏症で、とても弱っていて、たびたび方向感覚を失っていました。たまに何か食べましたが、食べても全てをもどしてしまっていました」と語っている。

    そんな体調が思わしくない中でもプリンスは周囲に「神が僕を治癒することができ、そうしてくださる」と話していたという。

    プリンスが医師からエイズの事実を知らされた際、その宗教の信者たちはプリンスが薬物治療を受けるのを勧めなかったのだという。

    ある関係者は「プリンスは永遠の命を持っていると彼らから言われていましたし、信仰によって治ると信じていました」「ですが、症状がまた戻ってきて、治療を施すにはもう遅い段階でした。
    夏を過ぎた頃までの命と言われていましたが、彼の免疫システムはとても弱っていました」とプリンスの様子を説明する。

    プリンスはエイズからくる痛みと臀部の問題のために、オピオイド系の鎮痛剤を取っていたといわれている。

    また、死の6日前にアトランタ公演を終えプライベートジェットで自宅へと帰る途中、プリンスは鎮痛剤のパーコセットを過剰摂取し、アヘン剤を解毒する「セーブショット」を投与されていた。 

    友人たちによると、プリンスは自身の死を察しており、葬儀のことも計画し始めていたともいわれている。

    先週検死が行われ、死の原因となる外傷や暴力を振るわれた跡はみられなかったことが確認されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000004-cine-movi

    引用元: ・【音楽】 プリンス、半年前にエイズ発症を知らされていた!?

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1462529394/ 【プリンス、半年前にエイズ発症を知らされていた!?】の続きを読む

    このページのトップヘ