音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ:音楽 > クラシック

    ベートーヴェン 交響曲第7番 イ長調 Op.92 FLAC MP3 無料ダウンロード5  2017年04月04日

    オリヴィエ・メシアン・エディション(25CD) 代表作品の主要録音が勢ぞろい!3  2017年03月04日

    ミケランジェリのドビュッシー 子供の領分 ほかエソテリックSACD「名盤復刻シリーズ」新盤!5  2017年03月01日

    指揮者のスタニスラフ・スクロバチェフスキさんが死去 93歳1  2017年02月23日

    内田光子さんが2度目のグラミー賞受賞!シューマンで5  2017年02月13日

    TB
    5

    クラシック音楽の名曲のステレオ録音によるパブリックドメインを無料ダウンロードできる情報をご紹介。基本的にCDと同一クオリティーのFLACでの配布音源。MP3で聴きたい場合は適当なソフトで変換してください(Media Goなど)。
    【ベートーヴェン 交響曲第7番 イ長調 Op.92 FLAC MP3 無料ダウンロード】の続きを読む

    TB
    3

    EMI、Erato、Teldecの3つのレーベルで制作された、自作自演も含む、メシアンの代表作品をまとめた25CDによるBOX。  

    メシアンの2度目の妻でメシアン作品の多くの録音に参加しているメシアン演奏の第一人者・イヴォンヌ・ロリオによるピアノ作品、1956年に録音されたメシアン自身の一連のオルガン演奏、6台のオンド・マルトノのための『美しき水の祭典』、『トゥーランガリラ交響曲』(ロリオの妹ジャンヌが参加)など、主要な録音が勢揃い。

    最近の録音では、エマニュエル・パユによる『クロツグミ』やアルゲリッチとラビノヴィチの連弾による『アーメンの幻影』、ラトルの『彼方の閃光』なども注目。

    メシアンの作品をまとまって手元に置くのは、クラシック愛好家でもなかなか難しいでしょうから、なかなかに有用なボックスでしょう。
    【オリヴィエ・メシアン・エディション(25CD) 代表作品の主要録音が勢ぞろい!】の続きを読む

    TB
    5

    (この写真は従来CD)

    エソテリックは、同社が販売するSACDハイブリッド盤の「名盤復刻シリーズ」として、『メンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》/シューマン:交響曲第3番《ライン》』と『ドビュッシー:前奏曲集第1巻&子供の領分』を3月20日(月)より発売。
    【ミケランジェリのドビュッシー 子供の領分 ほかエソテリックSACD「名盤復刻シリーズ」新盤!】の続きを読む

    TB
    1



    米指揮者・作曲家のスタニスラフ・スクロバチェフスキさんが21日、死去した。93歳だった。桂冠(けいかん)指揮者を務めていたミネソタ管弦楽団によると、昨年11月と今年2月に脳梗塞(こうそく)を起こし、闘病を続けていた。

    1923年、ポーランドのリボフ(現在はウクライナ)生まれ。11歳でピアニストとしてデビューしたが、第2次大戦中の空襲で手を負傷したため、指揮と作曲の道に専念した。

     ポーランドのオーケストラの指揮者を務めた後に渡米し、60年にミネアポリス交響楽団(現・ミネソタ管弦楽団)の音楽監督に就任。19年間にわたって務めたほか、他の多くの楽団でもタクトを振り、疾走感と透明感にあふれたブルックナーの演奏で特に知られた。高齢になっても現役で、昨年10月にもミネソタで指揮をした。

    http://www.asahi.com/articles/ASK2Q2FWWK2QULZU001.html


    【指揮者のスタニスラフ・スクロバチェフスキさんが死去 93歳】の続きを読む

    5

    1: あずささん ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 07:34:12.49 ID:CAP_USER9
    米音楽界最高の栄誉とされる「第59回グラミー賞」の授賞式が12日夜(日本時間13日)、米ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われ、ピアニスト内田光子(68)が参加した「SCHUMANN & BERG」が最優秀クラシック・ソロボーカル賞を受賞した。内田は2011年以来2度目の受賞となった。

    また、映画「レヴェナント 蘇(よみが)えりし者」の音楽を担当し、サウンドトラック部門にノミネートされていた音楽家の坂本龍一(64)は受賞を逃した。坂本は1989年に映画「ラストエンペラー」のテーマ音楽で同賞の最優秀オリジナル映画音楽賞を受賞。今回はドイツのミュージシャン、アルバ・ノト(本名カールステン・ニコライ)と連名で候補入りしていたが、惜しくも2度目の受賞とはならなかった。サウンドトラック部門はジョン・ウィリアム氏の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が受賞した。

    これまで同賞を受賞した日本人は坂本を含む9人。11年にロックバンド「B’z」の松本孝弘(55)が「TAKE YOUR PICK」で最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞に輝くなど一挙4人が受賞。また、01年にはシンセサイザー奏者の喜多郎(64)が「Thinking of You」で最優秀ニューエイジ・アルバム賞、16年に小澤征爾氏(81)が最優秀オペラ録音部門を受賞している。

    ソース/スポニチアネックス
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/13/kiji/20170213s00041000124000c.html

    引用元: ・【音楽】ピアニスト内田光子さんが2度目のグラミー賞!坂本龍一は栄冠ならず

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486938852/ 【内田光子さんが2度目のグラミー賞受賞!シューマンで】の続きを読む

    このページのトップヘ