音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ:音楽 > クラシック

    ストラディバリウスが現代製ヴァイオリンに負けた!  2017年05月10日

    NHK交響楽団の公演を無料でハイレゾストリーミング配信!DSDも!5  2017年04月29日

    村上春樹のレコード・コレクションをSpotify上で再現したプレイリスト「Haruki Murakami's vinyl collection」全3350曲!3  2017年04月19日

    NAXOS30周年記念BOX(30CD) 約3000円!3  2017年04月06日

    ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 FLAC MP3 無料ダウンロード5  2017年04月05日


    1: 曙光 ★ 2017/05/09(火) 09:01:07.16 ID:CAP_USER9
    ワシントン=三井誠】数億円の値段がつくバイオリンの名器「ストラディバリウス」と、現代のバイオリンの演奏を聴衆に聞かせると、聴衆は現代のバイオリンの方を好むとする実験結果を、仏パリ大などの研究チームがまとめた。


     論文が近く、米科学アカデミー紀要に掲載される。

     このチームは5年前、ストラディバリウスと現代の楽器を弾いた演奏家でも、音の評価に大きな差がなかったとする研究を同紀要で発表している。
    チームは今回の研究で「バイオリンの作製技術が上がったのか、あるいは一般に信じられているほどの音色の違いがなかったのかもしれない」とコメントしている。

     実験は、パリ郊外と米ニューヨークのコンサートホールで、音楽の批評家や作曲家などを含む聴衆計137人の前で行った。
    ストラディバリウス3丁と現代のバイオリン3丁を、演奏者にはどちらのバイオリンかわからないようにしてソロで弾いてもらい、どちらの音色がよく響くかなどを、聴衆が評価した。



    続きは会員登録で読めます
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20170509-OYT1T50002.html

    引用元: ・【バイオリン】数億円の名器「ストラディバリウス」負けた!聴衆の好みは現代製に軍配…「信じられている程の音色の違いないのかも」

    http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494288067/ 【ストラディバリウスが現代製ヴァイオリンに負けた!】の続きを読む

    TB
    5

    インターネットイニシアティブは、NHK交響楽団の公演をハイレゾ音源で収録し、5月19日よりオンデマンドで配信する。N響の演奏会をハイレゾ音源でストリーミング配信する試みは今回が初。

    配信される公演は、今年N響がミューザ川崎シンフォニーホールで行う「明電舎創業120周年記念/N響 午後のクラシック」。4月、5月、6月にそれぞれ行われる昼公演を、DSD5.6MHzおよびPCM96kHz/24bitのハイレゾ音源で収録し、同社のハイレゾストリーミングサービス「PrimeSeat(プライムシート)」コンテンツとして、無料でオンデマンド配信する。あわせて演奏会の映像をPC、スマートフォンなどマルチデバイス向けに配信する。

    同社とN響は、本プロジェクトを通じてハイレゾ音源によるストリーミング配信の技術協力と評価を行い、より多くのコンサート配信を検討していくという。

    具体的な収録内容と配信日は以下の通り。

    「配信内容とスケジュール」
    〇第1回:2017年4月27日(木)収録分
     ・ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26
     ・ベートーヴェン/交響曲 第7番 イ長調 作品92
     ※配信期間:2017年5月19日~6月30日

    〇第2回:2017年5月25日(木)収録分
     ・チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
     ・リムスキー・コルサコフ/スペイン奇想曲 作品34
     ・チャイコフスキー/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」作品32
     ※配信期間:2017年6月13日~7月31日


    〇第3回:2017年6月15日(木)収録分
     ・モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
     ・モーツァルト/フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299
     ・モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
     ※配信期間:2017年7月4日~8月31日

    http://www.phileweb.com/news/d-av/201704/28/41078.html


    【NHK交響楽団の公演を無料でハイレゾストリーミング配信!DSDも!】の続きを読む

    TB
    3

    村上春樹のレコード・コレクションをSpotify上で再現したプレイリスト「Haruki Murakami's vinyl collection」が話題に。全3350曲(日本では権利関係上3086曲のみ)。
    主にジャズで、フォーク、ポップス、クラシックもセレクトされています。
    (略


    Haruki Murakami's vinyl collection
    https://open.spotify.com/user/1225280627/playlist/7LxqhxqClpyc76C85V7Zs2

    全文はソース元へ
    http://amass.jp/87364/

    引用元: ・【定額】Spotify Part16

    http://mint.2ch.sc/test/read.cgi/mdis/1488414238/ 【村上春樹のレコード・コレクションをSpotify上で再現したプレイリスト「Haruki Murakami's vinyl collection」全3350曲!】の続きを読む

    TB
    3

    お買い得CD情報。クラシック廉価版。ナクソスのレーベル30周年記念30枚組が登場。価格は3000円ちょっとくらい。Naxos 30th Anniversary Collection (30cd)

    ナクソスはCDが1枚3000円の時代だった1987年には驚きの一枚約1000円の安さを売りに登場。無名ながら実力のある演奏家を登用したデジタル新録音であることが特徴でした。また、知られざる作曲家、名曲の録音を膨大に行っていくことでも注目されました。

    近年は有名演奏の廉価CDの登場により存在感は薄れましたが、配信時代になって、メジャーレーベル録音も多数擁する定額配信サービスに参入し、なかなかしぶとく?生き残っています。

    このボックスはナクソス初心者?にもうれしい、名曲の堅実な演奏が多くクラシック初心者にも十分おすすめできます。その分、知られざる曲の録音はほとんどなく、ナクソスらしくないとも言えますが…。

    幅広いリスナーを意識してか、ナクソスとは思えないビッグネームの録音もしっかり入れています。たとえば、パトリック・ガロワ、レナード・スラットキンなど。

    もちろん、ナクソスを支えている演奏家、ヤンドー、ビレット、ディントナー、オルソップ、ヴィットといった顔ぶれが並びます。ナクソス創業者、クラウス・ハイマン夫人でヴァイオリニスト・西崎崇子による記念すべきナクソス最初の録音、ヴィヴァルディの四季も入っています。

    1枚当たり約100円。ただ、今ならこの価格でメジャーレーベルの名曲名演のボックスが買えてしまう、パブリックドメインも無料で手に入ってしまう世の中。何とも難しい存在かもしれません。 【NAXOS30周年記念BOX(30CD) 約3000円!】の続きを読む

    TB
    5

    クラシック音楽の名曲のステレオ録音によるパブリックドメインを無料ダウンロードできる情報をご紹介。基本的にCDと同一クオリティーのFLACでの配布音源。MP3で聴きたい場合は適当なソフトで変換してください(Media Goなど)。

    【ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 FLAC MP3 無料ダウンロード】の続きを読む

    このページのトップヘ