音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ:音楽 > クラシック

    『チャイコフスキー:3大バレエ』カラヤン指揮ウィーン・フィル ほかSACD 2種。3  2017年11月12日

    ヴィルヘルム・ケンプ ベートーヴェン ピアノソナタ全集がハイレゾ配信ランキング1位に!  2017年11月01日

    カラヤンの356枚組ボックスCDセット!1人のアーティストとしては史上最大!5  2017年10月21日

    カラヤン DG、DECCA録音全集(330CD+24DVD+2BD-Audio) ついに出た!3  2017年09月16日

    PrimeSeat、ベルリン・フィルの公演をDSD 11.2MHzで無料生中継配信!5  2017年08月25日

    TB
    3




    エソテリックは、「名盤復刻シリーズ」としてSACDハイブリッド盤2タイトルを12月8日より発売。

    『チャイコフスキー:3大バレエ〜≪白鳥の湖≫≪くるみ割り人形≫≪眠れる森の美女≫組曲』
    ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
    1961年/65年の録音


    ・品番:ESSD-90171
    ・仕様:Super Audio CDハイブリッド
    ・定価:3,611円+税





    『ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番≪葬送行進曲付き≫/第3番/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ/スケルツォ第2番』
    マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
    1967年/74年録音

    ・品番:ESSG-90172
    ・仕様:Super Audio CDハイブリッド
    ・定価:3,611円+税

    いずれもマスターテープの選定から最終的なDSDマスタリングの工程に至るまで、妥協を排した作業が行われている。また、DSDリマスタリングには、ESOTERICのDACとクロックジェネレーターが用いられているとのこと。

    着実にSACD化が進んでいるこのシリーズ。今回も内容は順当なところ。2つのうち、より有名で名盤度が高いとされるのはアルゲリッチのショパン、ソナタのほうでしょう。特に2番はこの曲の決定的演奏とされます。

    ただ、音質面ではデッカ録音のほうがハイレゾ化での改善度がいつも高いと感じ、DG録音は少し改善度が感じにくい印象がずっとあるのは気になります。もちろん、すでにCDも持っていますし…。

    【『チャイコフスキー:3大バレエ』カラヤン指揮ウィーン・フィル ほかSACD 2種。】の続きを読む

    TB


    e-onkyo ハイレゾランキング 2017年10月19日-10月25日 1位はなんとケンプによるベートーヴェンピアノソナタ全集(1965年ステレオ録音、24bit/96kHz)。

    2600円という安さが人気の理由のようです。アナログ期にはバックハウスの全集と人気を2分していましたが、その後の録音の登場もあり、影が薄くなってた感は否めませんでした。ただ、昨今の輸入CDボックスの激安化で、アナログ期の演奏の見直されていました。それでもHMVのクラシックランキングではなく、全ジャンル対象のランキングで1位になったとは驚きです。

    アナログ録音の全集でハイレゾ化されているのがこのケンプ盤くらいなのも意外。バックハウスはされていません。今後、グルダのがされるでしょうか?全集にこだわらなければリヒテルのアナログ録音がハイレゾ化されていて、ケンプとは全く異なる演奏。

    現在、定評ある全集の多くが1980年代の録音が入ってしまっているため、ハイレゾ化販売しにくいという技術的事情も見え隠れします。

    【ヴィルヘルム・ケンプ ベートーヴェン ピアノソナタ全集がハイレゾ配信ランキング1位に!】の続きを読む

    TB
    5
    発表時に一度取り上げた「カラヤンの356枚組ボックスCDセット」について、芸スポ速報+でも取り上げられたのでご紹介します。これで1人のアーティストとしては史上最大ということが話題のようです。

    これでも彼の録音の全部ではなく、EMIへの150枚以上の録音もあります。さらに、テスタメントから存命時には発売されなかったライブ録音も続々出てきているので、最終的に彼のCDの総数はいくつになるのかさえ分かりません。
    「1人のアーティストとしては史上最大」の録音数の座は当分、彼だけのもののようです。

    1: 湛然 ★ 2017/10/20(金) 21:55:50.93 ID:CAP_USER9
    2017/10/20 13:09 

     圧倒的なカリスマ性で“帝王”と呼ばれたオーストリア出身の指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)の356枚組ボックス・セット『カラヤン録音大全集~The Complete Recordings on DG & DECCA』(CD + DVD + Blu-ray Audio 479-8160 オープン価格 / 直輸入盤)が12月上旬に発売予定。
    1人のアーティストとしては史上最大のボックス・セット(ユニバーサル ミュージック調べ)となっており、全世界で2,500セットの完全限定です。

     没後30年近くが経ってもなお、クラシック史上最強のアーティストであり続けるカラヤン。彼が遺した録音はLP、CDなど全形態累計で2億枚以上の売上を記録しています。

     このボックス・セットは、カラヤンがドイツ・グラモフォンとデッカに遺したすべての音源を収録。
    1939年発売の「魔笛」から、最後の録音となった1989年4月23日録音のブルックナーの交響曲第7番までを収録しています。
    CDが330枚、DVDが24枚、Blu-ray Audioが2枚の合計356枚組となっており、毎日一睡もせずに聴き続けたとしても、すべての音源を聴くには約半月かかります。

     紙ジャケ仕様で表・裏ともにオリジナル・アートワークを踏襲しており、外箱は革張り、内箱は本棚のようなデザインを採用するなど、豪華な仕様。140ページのハードカヴァー・ブックレット内のエッセイには、一部日本語訳も収録。
    重量は15kg、シリアル番号入りです。

    ヘルベルト・フォン・カラヤンの356枚組ボックス・セット発売 1人のアーティストとしては史上最大

    ■2017年12月上旬発売予定
    『カラヤン録音大全集~The Complete Recordings on DG & DECCA』
    CD + DVD + Blu-ray Audio 479-8160 オープン価格
    【芸能】
    ※直輸入盤

    [収録内容]
    356枚組BOXセット(CD330枚 + DVD24枚 + Blu-ray Audio2枚)
    全世界2500セット完全限定BOX
    シリアル番号入り
    日本語解説入り


    ヘルベルト・フォン・カラヤンの356枚組ボックス・セット発売 1人のアーティストとしては史上最大
    no title


    ※動画はソースにてご確認ください。
    http://www.cdjournal.com/main/news/herbert-von-karajan/77586

    引用元: ・【音楽】ヘルベルト・フォン・カラヤンの356枚組ボックス・セット発売 1人のアーティストとしては史上最大

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508504150/ 【カラヤンの356枚組ボックスCDセット!1人のアーティストとしては史上最大!】の続きを読む

    TB
    3

    カラヤン生誕110年記念リリース『カラヤンDG&DECCA録音全集』356枚組
    The Complete Recordings on DG & DECCA [330CD+24DVD+2Blu-ray Audio
    カラヤン DG、DECCA録音全集(330CD+24DVD+2BD-Audio)

    クラシック録音販売界において、いまだに大変な影響力を持っているカラヤン。その集大成とも言える究極のボックスが出ます。いわゆるクラシックの輸入廉価ボックスとしても過去最大規模。

    カラヤンがドイツ・グラモフォンとデッカに残した全録音を収録した356枚組。ありそうでなかったものです。これまで、DGの録音を年代別(オペラ以外)と、デッカ録音(オペラ以外)、そしてDGとデッカのオペラ全部、というように分けて発売してはいました。それらを330CDにひとまとめにし、さらに、DG系の映像作品24DVD、1960年代のベートーヴェン交響曲全集とワーグナーのリングのブルーレイ・オーディオ2枚のセット。

    輸入廉価ボックス愛好家やカラヤンのファンなら、もう持っている音源ばかりで、これを新規に買う必要はあるのでしょうか?個人的にもDVDはないくらいでCDはもう要らないです。DVDが魅力的だな…などと思い出すと相手の術中にはまっていますよ…。

    CD初期から全盛期に、大変な思いで1枚3000円以上のカラヤンのCDを買っていたことからの悔しさはもう気にしないようにしています。

    カラヤンについては今やアナログ時代のハイレゾ音源の入手に入っています。今年も新規にハイレゾ化が進んでいるので、数年中にはカラヤンのアナログ録音のハイレゾ化商品化も完了するでしょうか?それが安くなるなら興味はありますが…。

    本当に最強で究極の「カラヤンボックス」はEMIの録音も加えたものです。それが一つのボックスになるのなら、記念品としてもっと価値があるでしょうか…。

    引用元: ・安くて良いCDスレ Part76

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1502838967/ 【カラヤン DG、DECCA録音全集(330CD+24DVD+2BD-Audio) ついに出た!】の続きを読む

    TB
    5

    インターネットイニシアティブ(IIJ)は、同社が運営するハイレゾ配信サービス「PrimeSeat(プライムシート)」において、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会をDSD 11.2MHzで無料生中継配信すると発表しました。 【PrimeSeat、ベルリン・フィルの公演をDSD 11.2MHzで無料生中継配信!】の続きを読む

    このページのトップヘ