音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: DAC

    SMSL SU-8 ハイコスパDAC! TOPPING D50/DX7s との比較で悩む!  2018年08月16日

    CHORD Hugo M scaler 「Blu MkII」相当のアップスケーラー単体機!  2018年07月26日

    Sound BlasterX G6 Nintendo Switchと接続可能なUSB-DAC!G5後継機!比較しての違いは?  

    CHORD Hugo TT 2 / Etude 国内発表!価格は高めの70万円前後!  2018年07月24日

    ナスペック、North Star DesignとdarTZeel製品の取り扱いを終了  2018年07月03日

    TB



    「5万円以下の中華DAC」に期待の新製品が登場。おなじみ、SMSLのSU-8がそれ。アマゾン国内価格は27,000円。

    DACチップはESSテクノロジー製のES9038Q2Mを搭載。第2世代のXMOS USBオーディオソリューションxCore 200を採用し、USB入力でのPCMサンプリングレートは最大32bit / 768kHz、DSDは最大DSD512まで対応。

    入力はUSB、同軸、光、出力はアナログ固定RCA、XLRバランス。リモコン付属。電源ケーブルは3Pインレット式。

    内容、価格は少しずつ違うのですが、TOPPING D50、あるいはDX7sと比較して悩むというのが多いようです。内容、機能面ではちょうどTOPPINGの2機種の中間になるのがSU-8と言えそうです。メーカーは違いますが、なかなかうまく住み分けていると思います。

    比較用関連記事


    引用元: ・中華DACと5万円以下のDACスレ 15台目

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/pav/1523095627/ 【SMSL SU-8 ハイコスパDAC! TOPPING D50/DX7s との比較で悩む!】の続きを読む

    TB
    HugoM+scaler
    タイムロードは、英Chord Electronicsの新製品として、デスクトップでの利用を想定した小型の据え置き型DAC「Hugo TT 2」を発表。今年の秋に発売予定で、価格は70万円前後を予定。

    さらに、Hugoファミリーとしてアップスケーラー「Hugo M scaler」と小型アナログアンプ「TTobby」も開発中である事を発表。これら2機種の発売日や価格は未定となっています。

    ここでは「Hugo M scaler」をご紹介。
    【CHORD Hugo M scaler 「Blu MkII」相当のアップスケーラー単体機!】の続きを読む

    TB
    クリエイティブメディアは、パソコンやゲーム機に接続して高品質なゲーミングサウンドを楽しめるというUSBオーディオ「Sound BlasterX G6」を8月中旬より発売。直販価格は14,800円。

    USB 2.0接続のUSB-DAC。USBバスパワーで動作。光デジタルやアナログ音声入力も装備。2015年に発売した「Sound BlasterX G5」の後継機で音質や機能を強化。

    ダイナミックレンジ130dBのハイスペックDACや左右チャンネル独立の高音質ヘッドホンアンプ「Xamp」を搭載。PCやPS4に加え、新たにNintendo SwitchとのUSB接続も可能となり、ゲームをより高音質サウンドで楽しめるというのが特徴。

    光デジタル入力のドルビーデジタルデコードにも対応。PCやPS4、Nintendo SwitchとのUSB接続や、PS4 Pro/Xboxとの光デジタル接続が可能。Windows 10 PC接続時は最大384kHz/32bitのハイレゾ再生やDoPによるDSD再生が可能で、オーディオ用DACとしても利用できます。ヘッドホンアンプは32Ω~600Ωまでのインピーダンスのヘッドホンに対応。

    光デジタル接続またはアナログ接続のみで使用する場合は、別途USB電源アダプターや、USBポートからの電源供給が必要。

    様々なジャンルのゲームにマッチする汎用のゲームオーディオ設定がプリセットされ、ワンタッチでゲーム向けのオーディオエフェクトを利用可能。バーチャルサラウンドの適用や低音の強化などが行なえ、FPSゲームなどに役立ちます。

    USB接続時は、Sound BlasterX G6のマイク入力も利用可能。ヘッドセットが使え、ボイスチャットもできます。新たにマイクのサイドトーンにも対応、Sound BlasterX G6のボリュームノブでマイク音量を調節可能となった。マイク音声のモニタリングを有効にして、自分の声を聞きながらマイクの音量を調節できます。光デジタル/アナログ接続の音は、USBオーディオのサウンドとミックスして聴くことも可能。

    G5と比較しての大きな違いはNintendo SwitchとのUSB接続が大きく謳われていますが、USB-DACとしても従来の24bit/192kHzまでから32bit/384kHz、さらにはDSDにも新たに対応するなど、大幅に向上しています。

    ゲーミング向けDACとしての色合いが濃いですが、ハイレゾ入門用USB-DACとしても十分な内容です。これでG5なみの実売価格1万円少しになれば、かなりの優秀ハイコスパ機になるのではないでしょうか。

    【Sound BlasterX G6 Nintendo Switchと接続可能なUSB-DAC!G5後継機!比較しての違いは?】の続きを読む

    TB
    Hugo TT 2
    独ミュンヘンで開催された世界最大規模のオーディオショウ「HIGH END 2018 MUNICH」で5月に展示された英Chord Electronicsのデスクトップでの利用を想定した小型の据え置き型DAC/プリアンプ/ヘッドホンアンプ「Hugo TT 2」を国内発表。今年の秋に発売予定で、価格は70万円前後を予定。外形寸法は235×223×46mm(幅×奥行き×厚さ)。電源は付属のACアダプターを使用。

    同時に展示されていたステレオパワーアンプの「Etude」(エチュード)も今年の秋に発売。DAC「DAVE」との組み合わせを想定したパワーアンプ。予定価格は70万円前後の見込み。

    両機種についてはこちらで内容についてご紹介済みです。

    Hugo TT 2は3,996ポンド、Etudeは3900ポンドでしたので60万円台なら、という声もありましたが、なかなか難しいのか70万円程度になりました。

    さらに、Hugoファミリーとしてアップスケーラー「Hugo M scaler」と小型アナログアンプ「TTobby」も開発中である事を発表。これら2機種の発売日や価格は未定となっています。
    【CHORD Hugo TT 2 / Etude 国内発表!価格は高めの70万円前後!】の続きを読む

    TB



    ナスペックは、同社が取り扱ってきたNorth Star DesignおよびdarTZeelの販売代理業務を2018年6月末日をもって終了したことをアナウンスした。

    なお、製品メンテナンス、アフターサービス業務については、新たな販売代理店が定まるまでの間は、同社が「引き続き可能な限り対応する」としている。


    【ナスペック、North Star DesignとdarTZeel製品の取り扱いを終了】の続きを読む

    このページのトップヘ