音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 音楽

    ミケランジェリのドビュッシー 子供の領分 ほかエソテリックSACD「名盤復刻シリーズ」新盤!5  2017年03月01日

    e-onkyo music ハイレゾ配信 アイマス楽曲が多数登場。DECCA 100作品値下げ5  2017年02月27日

    のん(本名・能年玲奈)「ハイレゾ音源大賞」2月度セレクターに決定!3  2017年02月26日

    指揮者のスタニスラフ・スクロバチェフスキさんが死去 93歳1  2017年02月23日

    内田光子さんが2度目のグラミー賞受賞!シューマンで5  2017年02月13日

    TB
    5

    (この写真は従来CD)

    エソテリックは、同社が販売するSACDハイブリッド盤の「名盤復刻シリーズ」として、『メンデルスゾーン:交響曲第3番《スコットランド》/シューマン:交響曲第3番《ライン》』と『ドビュッシー:前奏曲集第1巻&子供の領分』を3月20日(月)より発売。
    【ミケランジェリのドビュッシー 子供の領分 ほかエソテリックSACD「名盤復刻シリーズ」新盤!】の続きを読む

    TB
    5

    e-onkyo musicの2月24日ハイレゾ配信開始楽曲を紹介します。アイドル育成ゲーム「THE IDOLM@STER」シリーズ楽曲のハイレゾ独占先行配信が開始されました。初代アイマス/シンデレラガールズ/ミリオンライブの3タイトルから計14曲が登場。また、オンキヨーブランドのハイレゾプレーヤー「DP-X1A」とアイマスのコラボモデルが、直販サイト「ONKYO DIRECT」で3月2日より予約販売開始となります。

    名門レーベル「DECCA」のクラシック作品100タイトルを5月8日までの期間限定で値下げするキャンペーンも実施。ギドン・クレーメル「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)」(値下げ後の価格:1,725円)や、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の「R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》」(同1,725円)、諏訪内晶子とバーミンガム市交響楽団が共演した「シベリウス & ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲」(同1,500円)などがラインナップされています。対象作品などの詳細は特設サイトにて。

    http://av.watch.impress.co.jp/docs/ship/eonkyo/1046275.html

    特設サイト

    【e-onkyo music ハイレゾ配信 アイマス楽曲が多数登場。DECCA 100作品値下げ】の続きを読む

    TB
    3

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 13:18:24.38 ID:CAP_USER9
    女優・のんが、「ハイレゾ音源大賞」2月度のセレクターに決定した。今月28日に5作品の推薦作から大賞を選出し発表する。

     同賞は、ハイレゾ音源配信サイト5社が毎月作品を推薦し、月替りのセレクターが大賞を選出。これまで音楽家の坂本龍一やキャスターの小倉智昭、タレント・作家のいとうせいこうらがセレクターを務めてきた。

     2月度の作品と推薦したサイトは以下の通り。

    『シンドローム(24bit/96kHz)』
    鬼束ちひろ
    VICTOR STUDIO HD-Music.推薦

    『ANIMA(24bit/96kHz)』
    サラ・オレイン
    e-onkyo music 推薦作

    『ロマンティック・サックス ~やすらぎの美メロ・クラシック名曲集~(DSD 1bit/5.6MHz)』
    mora Acoustic
    Mora推薦

    『SUPERMAN(24bit/96kHz)』
    水曜日のカンパネラ
    OTOTOY推薦

    『5th Anniversary Best(24bit/96kHz)』
    家入レオ
    レコチョク推薦

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000324-oric-ent

    引用元: ・【話題】のん「ハイレゾ音源大賞」2月度セレクターに決定

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487650704/ 【のん(本名・能年玲奈)「ハイレゾ音源大賞」2月度セレクターに決定!】の続きを読む

    TB
    1



    米指揮者・作曲家のスタニスラフ・スクロバチェフスキさんが21日、死去した。93歳だった。桂冠(けいかん)指揮者を務めていたミネソタ管弦楽団によると、昨年11月と今年2月に脳梗塞(こうそく)を起こし、闘病を続けていた。

    1923年、ポーランドのリボフ(現在はウクライナ)生まれ。11歳でピアニストとしてデビューしたが、第2次大戦中の空襲で手を負傷したため、指揮と作曲の道に専念した。

     ポーランドのオーケストラの指揮者を務めた後に渡米し、60年にミネアポリス交響楽団(現・ミネソタ管弦楽団)の音楽監督に就任。19年間にわたって務めたほか、他の多くの楽団でもタクトを振り、疾走感と透明感にあふれたブルックナーの演奏で特に知られた。高齢になっても現役で、昨年10月にもミネソタで指揮をした。

    http://www.asahi.com/articles/ASK2Q2FWWK2QULZU001.html


    【指揮者のスタニスラフ・スクロバチェフスキさんが死去 93歳】の続きを読む

    5

    1: あずささん ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 07:34:12.49 ID:CAP_USER9
    米音楽界最高の栄誉とされる「第59回グラミー賞」の授賞式が12日夜(日本時間13日)、米ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われ、ピアニスト内田光子(68)が参加した「SCHUMANN & BERG」が最優秀クラシック・ソロボーカル賞を受賞した。内田は2011年以来2度目の受賞となった。

    また、映画「レヴェナント 蘇(よみが)えりし者」の音楽を担当し、サウンドトラック部門にノミネートされていた音楽家の坂本龍一(64)は受賞を逃した。坂本は1989年に映画「ラストエンペラー」のテーマ音楽で同賞の最優秀オリジナル映画音楽賞を受賞。今回はドイツのミュージシャン、アルバ・ノト(本名カールステン・ニコライ)と連名で候補入りしていたが、惜しくも2度目の受賞とはならなかった。サウンドトラック部門はジョン・ウィリアム氏の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が受賞した。

    これまで同賞を受賞した日本人は坂本を含む9人。11年にロックバンド「B’z」の松本孝弘(55)が「TAKE YOUR PICK」で最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞に輝くなど一挙4人が受賞。また、01年にはシンセサイザー奏者の喜多郎(64)が「Thinking of You」で最優秀ニューエイジ・アルバム賞、16年に小澤征爾氏(81)が最優秀オペラ録音部門を受賞している。

    ソース/スポニチアネックス
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/13/kiji/20170213s00041000124000c.html

    引用元: ・【音楽】ピアニスト内田光子さんが2度目のグラミー賞!坂本龍一は栄冠ならず

    http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486938852/ 【内田光子さんが2度目のグラミー賞受賞!シューマンで】の続きを読む

    このページのトップヘ