音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 音楽

    趣味を聖域にすると老後破綻の危機!?  2018年04月23日

    iTunesの音楽ダウンロードを来年3月末に終了か? Apple Musicゴリ押しの為!?  2018年04月14日

    Spotify上場でサブスク型ストリーミング音楽業界が成功できるか!  2018年04月08日

    漫画村に続いて「音楽村」制作中か?4月にも運営開始との噂  2018年03月25日

    いよいよソニーの自社生産レコード再開第1弾、3月2日に発売!3  2018年03月19日

    TB
    1: ノチラ ★ 2018/04/16(月) 16:20:32.30 ID:CAP_USER
    クルマを持たない若者が増えている。都市部の若者は半数以上が免許も持っていない。だが「欲しいクルマ」について聞くと、特に男性は輸入車や高級車の名前をあげる。「いつかは乗りたい」と思っているのだろう。では思い切って輸入車を購入し、一生乗り続けた場合にはいくらかかるのだろうか。その驚きの試算結果とは――。

    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/24934

    引用元: ・【自動車】ベンツに乗る人は一生でいくら車に払うか。趣味を聖域にすると老後破綻の危機

    【趣味を聖域にすると老後破綻の危機!?】の続きを読む

    TB
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/04/12(木) 20:37:39.40 ID:1lGQ35OF0 BE:844628612-PLT(14990)
    sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
    ‪AppleのiTunesの音楽ダウンロードは来年3月末に終了を発表するとの報道
    http://fnmnl.tv/2018/04/11/50905

    先日Apple Musicの立役者であるJimmy IovineがBBCの取材に対してiTunesの音楽ダウンロードが終了する計画があることを認めたことを報じた。

    この報道を受けてHipHop DXにAppleのPR担当が「真実ではない」と否定するコメントを発表したが、
    匿名の情報筋ではなくAppleの重役が、iTunesの音楽ダウンロードに終了の計画があると発言したのは、これまでと比べると大きな変化である。

    それを補強するかのようにDigital Music NewsにiTunesの音楽ダウンロードの具体的な終了発表時期が掲載された。

    Digital Music Newsの複数の情報筋の発言によれば、AppleがiTunesの音楽ダウンロードの終了を発表するのは、
    2019年の3/31。これは以前から囁かれていた時期とも合致する。

    なおこの日でiTunesの音楽ダウンロードがいきなり終了するというわけではなく、この日を境に終了へのスケジュールが動き出し、
    その後段階的に廃止していくことになるということだ。

    さらに情報筋はこれまでiTunesで購入した楽曲や、CDなどから取り込んだ楽曲を聴くのは今後も可能で、
    あくまでなくなるのはiTunesでの単曲やアルバムの販売機能だけということになる。

    この動きの背景には、世界的にみてストリーミングサービスで音楽を聴くのが一般的になり、
    Apple MusicとSpotifyによる競争が今後より熾烈になっていくために、
    iTunesの音楽ダウンロードを廃止することでApple Musicのユーザー増を狙っているものと思われる。

    今後の続報にも注目が集まる。

    引用元: ・【Apple】iTunesの音楽ダウンロードをApple Musicゴリ押しの為に来年3月末に終了か

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523533059/ 【iTunesの音楽ダウンロードを来年3月末に終了か? Apple Musicゴリ押しの為!?】の続きを読む

    TB
    1: のおいちゃん ★ 2018/04/07(土) 23:58:35.66 ID:CAP_USER
     米国時間4月3日、音楽ストリーミング配信サービスのSpotifyが、ニューヨーク証券取引所に上場した。新たに株式を発行しない「直接上場」で、ロイター通信によれば、初値は事前に発表されていた参考価格の132ドルを大きく上回る、165.9ドル。終値は149.01ドルとなった。

    「これを機に、音楽のサブスク型の配信ビジネスへの注目度は高まり、有料ユーザーの新規獲得など競争はよりグローバル規模に広がり、激しくなる」と予測する。

    「約7年前にアメリカで上場したラジオ型の配信サービス『Pandora』の現在の企業価値が約12億ドル。Spotifyは約270億ドルですので、音楽サービスでも大きな差が出ています。Netflixが映像業界を変えたように、今後はメディアも市場も、Spotifyには音楽業界を変えるサブスクモデルのエコシステム構築と経済効果を期待し、注目していくはずです。またApple MusicやAmazon、Google、YouTubeのサブスクサービスへの注目も高まり、競争はグローバルに激化。サブスク型ストリーミングビジネス中心の音楽業界が成功できるか、レコード会社や音楽サービス企業にも、市場からシビアな目が向けられるはずです」

    「Spotifyは現状、赤字経営のため、利益率を上げるための戦略も必要で、今後は投資家やメディアから、有料ユーザーを増やすためのビジネスモデルが細かく評価されることになります「Spotify CEOのダニエル・エクは、配信のためのプラットフォームから、クリエイターとファンがクリエイティビティで繋がる壮大なグローバルネットワークというビジョンを描いています。これを実現するためには、Spotify一社では現実的に不可能で、アーティストやレコード会社、業界団体の連携が求められますし、音楽業界の既存構造が刷新される時期に来た」

    Spotifyの次なる一手はどんなものになるのか。市場の注目が集まっている。

    (文=リアルサウンド編集部) 20180404

    引用元: ・Spotify上場でサブスク型ストリーミング音楽業界が成功できるか

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1523113115/ 【Spotify上場でサブスク型ストリーミング音楽業界が成功できるか!】の続きを読む

    TB

    1: 風吹けば名無し 2018/03/21(水) 20:01:26.71 ID:IbtBMOhLa
    こっちは漫画に比べてアップロードが楽らしい

    引用元: ・漫画村に続いて「音楽村」制作中か?4月にも運営開始との噂

    http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1521630086/ 【漫画村に続いて「音楽村」制作中か?4月にも運営開始との噂】の続きを読む

    TB
    3

    1: ノチラ ★ 2018/03/18(日) 15:19:35.86 ID:CAP_USER
    アナログレコードの自社生産を復活させたソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は21日、29年ぶりとなる復活第1弾のレコード2タイトルを発売する。人気再燃を受け、SMEは今後ラインアップの拡充を図りレコード文化の復権を目指す。

     レコードはかつて音楽の主役だったが、昭和63年にCDの生産枚数がレコードを上回り、SMEも平成元年にレコードの自社生産を終了した。

     昨今はスマホなどを使いストリーミング再生で音楽を楽しむ定額制音楽配信サービスが浸透しつつあるが、その一方で、針を落として再生するアナログレコード特有の温かみある音質が見直されてきた。

     日本レコード協会によると、生産枚数が最も少なかった21年は約10万2千枚だったが29年には約106万3千枚と10倍以上伸びている。

     ジャケットデザインに魅力を感じ、「ジャケ買い」するファンも増加。プレーヤーがなくても中身の音楽は付属のQRコードを読み取ってダウンロードできるものも多い。アイドルグループもレコードを出しており、同協会は「昭和以来の愛好家に加えて、若いファンの増加で裾野が拡大している」と分析する。

     レコードを成長市場と見たSMEは自社生産の復活を決め、昨年から設備の導入を進めた。マスター音源を入力する「ラッカー盤」に溝を彫るカッティングマシンを手始めに、静岡県内の工場にはレコードの元になる円形の塩化ビニールに金型を押し当てるプレス機を設置した。

    SMEは自社生産態勢を整えたことで外部委託よりも新盤を素早く生産でき、ラインアップの充実も図れる。アナログレコードを出したいというアーティストの要望にも応えやすくなったメリットもあるという。

     SMEは自社生産復活第1弾として米国の人気歌手、ビリー・ジョエルのアルバム「ニューヨーク52番街」を発売。大ヒット曲「オネスティ」などを収録した。このほか大瀧詠一作品集も発売する。
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180317/bsb1803172146003-n1.htm

    引用元: ・【AV】アナログレコード人気再燃 ソニーが29年ぶり自社生産 2タイトルを21日発売

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1521353975/ 【いよいよソニーの自社生産レコード再開第1弾、3月2日に発売!】の続きを読む

    このページのトップヘ