音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 音楽

    ZARDの全389曲を一斉サブスク解禁 ハイレゾは?3  2021年09月15日

    JASRAC「パブリックドメインになってたガーシュウィンの曲やけど、来年1月から金もらうで」3  2021年09月10日

    Apple、クラシック音楽ストリーミングサービスの「Primephonic」を買収  2021年09月01日

    「Nevermind」の赤ちゃん、ニルヴァーナを児童ポ〇ノで提訴1  2021年08月26日

    音楽サブスクで一番ええんのってなんや?  2021年08月22日

    TB
    3

    1: muffin ★ 2021/09/15(水) 00:10:23.35 ID:CAP_USER9
    https://natalie.mu/music/news/445204

    ZARDがこれまでに発表してきた楽曲の配信が、本日9月15日に各音楽サブスクリプションサービスでスタートした。

    各サブスクリプションサービスでは、ZARDのシングル45作、オリジナルアルバム11作、ベストアルバムとセレクションアルバム9作に収録されている楽曲のバージョン違いなども含めた全389曲の配信が一斉に解禁。「負けないで」「揺れる想い」「マイ フレンド」「Don't you see!」「運命のルーレット廻して」などのヒット曲はもちろん、これまでプレミアムボックスにしか収録されていなかった楽曲「約束のない恋」も楽しむことができる。

    なお本日9月15日、ZARDが過去に発表したオリジナルアルバム10作品のリマスター盤、9thアルバム「時間(とき)の翼」のリアレンジ盤が同時リリースされた。
    全文はソースをご覧ください

    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2021/0527/zard_art202105.jpg
    https://ogre.natalie.mu/media/news/music/2021/0914/ZARD_CAT.jpg


    引用元: ・【音楽】ZARDの全389曲を一斉サブスク解禁、アルバム未収録曲「約束のない恋」やバージョン違いなども網羅 [muffin★]

    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631632223

    【ZARDの全389曲を一斉サブスク解禁 ハイレゾは?】の続きを読む

    TB
    3

    1: ラルテグラビルカリウム(東京都) [EG] 2021/09/10(金) 06:37:16.74 ID:vDAWx9YY0 BE:279771991-2BP(1500)
    sssp://img.5ch.net/ico/tarako2.gif
    日本国内では自由に利用できる「パブリックドメイン」となっていたアメリカの作曲家、ジョージ・ガーシュウィンの作品のうち「サマータイム」など337曲が兄との共同著作物だと確認されたとして、JASRAC=日本音楽著作権協会は来年1月から著作権の管理を再開すると発表しました。

    ガーシュウィンは、38歳の若さで1937年に亡くなり、日本国内では1998年5月に著作権の保護期間が終了してすべての楽曲は、「パブリックドメイン」となっていました。

    ところが、JASRACによりますとこのうち337曲については、アメリカの著作権管理団体から提出された資料によって兄で作詞家のアイラ・ガーシュウィンとの共同著作物だと確認され、これにより、国内での著作権の保護期間は兄が亡くなった1983年が起点になったということです。

    337曲の中には、ジャズのスタンダード・ナンバーとして親しまれている「サマータイム」や「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー」などが含まれています。

    JASRACは、「これほど有名な作曲家で一度はパブリックドメインとなっていた楽曲の著作権管理を再開するケースは極めて珍しい」としています。

    著作権の管理は来年1月1日から再開され、少なくとも2053年まで続き、コンサートでの演奏やCD化などの際には使用料の支払いが必要になるということです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210910/k10013252191000.html

    引用元: ・JASRAC「パブリックドメインになってたガーシュインの曲やけど、1月から金もらうで」 [279771991]

    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1631223436/ 【JASRAC「パブリックドメインになってたガーシュウィンの曲やけど、来年1月から金もらうで」】の続きを読む

    TB
    8: John Appleseed 2021/08/21(土) 22:26:11.33 ID:y3J9K/Re
    月/980円は安いな普通にストアから月2万ほど購入してたわ


    9: John Appleseed 2021/08/21(土) 23:16:34.09 ID:6ZvfvBsp
    すげぇ時代になったもんだね


    引用元: ・Apple Music 51曲目

    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/apple2/1629531380/ 【Apple、クラシック音楽ストリーミングサービスの「Primephonic」を買収】の続きを読む

    TB
    1

    1: 湛然 ★ 2021/08/25(水) 18:44:50.29 ID:CAP_USER9
    『Nevermind』のカヴァー・ベイビー、ニルヴァーナを児童ポ〇ノで提訴
    2021/08/25 14:03掲載(Last Update:2021/08/25 17:39) amass
    https://amass.jp/150220/


    ニルヴァーナ(Nirvana)のメンバーと、カート・コバーン(Kurt Cobain)の遺産を管理するエステートは、アルバム『Nevermind』のジャケット・カヴァーに赤ん坊として登場したスペンサー・エルデンから訴えられたと報じられています。エルデンは、バンドが連邦児童ポ〇ノ法に違反し、児童の性的搾取を行ったと主張しています。TMZの報道後、PitchforkやVarietyが訴訟内容を確認しています。

    アルバム・カヴァーは、赤ちゃんが泳いでいる先にドル紙幣があることから、一般的には資本主義に対する皮肉として理解されています。性的描写のない乳幼児のヌード写真は、一般的に法律上、児童ポ〇ノとはみなされません。

    しかし、エルデンの弁護士であるロバート・Y・ルイスは、この写真が児童ポ〇ノの一線を越えていると主張。写真に通貨が含まれていることで赤ん坊が「セッ〇スワーカーのよう」に見えると書いています。

    カリフォルニア州中央地区の連邦地方裁判所に提出され、Varietyが入手した訴訟内容にはこう書かれています。

    「被告は意図的にスペンサーを撮影した商業用児童ポ〇ノを制作し、彼の衝撃的なイメージを利用して、彼を犠牲にして自分たちと自分たちの音楽を宣伝した」「被告は、音楽業界で一般的に行われている、注目を集めるためのレコードプロモーションのスキームの重要な要素として、スペンサーを描いた児童ポ〇ノを使用しました。アルバムカヴァーでは、悪評を得て売り上げを伸ばし、メディアの注目や批評を集めるために、子どもたちを性的に挑発するようなポーズをとっています」

    写真家のカーク・ウェドルやアルバムの発売元レーベルなども含めて訴えているエルデンは、「生涯にわたる損害」を被ったと主張し、それぞれに対して少なくとも15万ドルを要求しています。

    訴訟の文書には「スペンサーと法的保護者は、スペンサーの肖像や肖像の使用を許可する文書に署名したことはなく、スペンサーを描いた商業的な児童ポ〇ノにも署名したことはなかった」とも書かれており、また、エルデンが「18歳未満の時に商業的な性行為に従事させられた」という「性的人身売買の事業」についても訴えています。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    Nirvana / Nevermind
    https://content-jp.umgi.net/products/ui/uicy-25067_Voi_extralarge.jpg


    引用元: ・【音楽】『Nevermind』のカヴァー・ベイビー、ニルヴァーナを児童ポ〇ノで提訴 [湛然★]

    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629884690/ 【「Nevermind」の赤ちゃん、ニルヴァーナを児童ポ〇ノで提訴】の続きを読む

    TB
    1: 風吹けば名無し 2021/08/17(火) 17:20:31.22 ID:+JGOmHIB6
    なんや?

    引用元: ・音楽サブスクで一番ええんのって

    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1629188431 【音楽サブスクで一番ええんのってなんや?】の続きを読む

    このページのトップヘ