音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 音楽

    YMOの初期3作品、ハイレゾ/アナログ2種/SACDで発売開始。再発プロジェクト「YMO40」第1弾3  2018年11月30日

    中谷美紀がウィーン・フィル団員ティロ・フェヒナー氏と結婚!3  2018年11月28日

    エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」よりアバド指揮 ブラームス:交響曲全集!3  2018年11月20日

    「空耳アワー」存続の危機か レンタルCD店閉店で音源入手困難に!  2018年11月19日

    「YouTube Music」日本でスタート。広告付き無料、有料版は980円から!  2018年11月16日

    TB
    3
    YELLOW MAGIC ORCHESTRAの結成40周年を記念した再発プロジェクト「YMO40」が始動。その一環としてハイレゾ配信およびアナログレコード、SACDの再発第1弾作品群が本日11月28日から発売された。第2弾が2019年2月27日発売予定であることも明らかになった。

    再発プロジェクト「YMO40」でリリースされる音源には、アメリカのエンジニア、ボブ・ラディックによるリマスターを実施。第一弾としてアルファレコード時代の初期3タイトル「イエロー・マジック・オーケストラ」「イエロー・マジック・オーケストラ<US版>」「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」のハイレゾ配信、およびアナログ盤とSACDが発売された。ハイレゾ配信はmoraやe-onkyo musicを始めとする各サービスで展開されている。

    アナログ盤はそれぞれ「Collector's Vinyl Edition」と「Standard Vinyl Edition」の2種類を用意。

    どちらも完全限定生産で、「Collector's Vinyl Edition」には特製外箱に45回転2枚組でカッティングしたディスクと共に、書き下ろしライナーノーツ、関係者インタビュー等を掲載した別冊ブックレット、当時の制作資料のレプリカ等を収納予定。価格は各9,000円(税抜)。

    一方の「Standard Vinyl Edition」は、オリジナル発売当時のフォーマット通りの33回転LP。帯、インナー、レーベルは当時の仕様を可能な限り忠実に復刻したという。なおカラーレコードではない。価格は3,700円(税抜)。

    SACDはハイブリッド仕様のため通常のCDプレーヤーでも再生可能。価格は各3,000円(税抜)。なおこれらの作品は初のSACDハイブリッド化となる。

    そのほか、アナログ盤2種とSACDともに、収録楽曲のデータをスマートフォン等で聴ける「プレイパス」サービスでのダウンロード用コードも付属。また、先着購入特典も用意している。

    第2弾は『パブリック・プレッシャー』『増殖』の2タイトルが2019年2月27日に発売。『増殖』はオリジナル発売時を再現した段ボールパッケージでの発売となり、「Collector's Vinyl Edition」は10インチ2枚組で米国編集盤『マルティプライズ』の復刻ジャケットも付属する。

    【YMOの初期3作品、ハイレゾ/アナログ2種/SACDで発売開始。再発プロジェクト「YMO40」第1弾】の続きを読む

    TB
    3

    500: 名無しの笛の踊り 2018/11/27(火) 03:12:50.76 ID:AK9k5tck
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811270000004.html
    中谷美紀結婚!8歳上ドイツ人ビオラ奏者と交際2年
    [2018年11月27日3時0分]

    女優中谷美紀(42)が、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の
    ドイツ人ビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏(50)と結婚することが24日、関係者への取材で分かった。
    近く正式に発表するとみられる。

    交際期間は約2年。2人が出会ったのは16年10月だった。
    小澤征爾氏らが指揮を務めたウィーン・フィルの来日公演に、フェヒナー氏が楽団員として同行した。

    クラシック好きの中谷が知人を介して、フェヒナー氏と知り合ったという。
    中谷は英語が堪能で、意思疎通も問題なく、意気投合。交際に発展するまで長い時間を要さなかった。
    翌11月に一部報道で交際が発覚した際、中谷の所属事務所もフェヒナー氏を「恋人です」と、交際の報告を受けている。

    お相手のフェヒナー氏はベルリンの音楽一家に生まれ、
    ベルリン芸術大学やニューヨークの名門、ジュリアード音楽院などで学んだエリート。
    甘いマスクの持ち主で女性ファンも多い。

    ウィーンフィルとベルリンフィルの精鋭で構成する
    管弦楽アンサンブル「フィルハーモニクス」のメンバーとしても活躍。
    欧米だけでなく、アジアでも演奏活動を行うなど、世界中を飛び回っている。

    中谷は今年4月期に主演したTBS系連続ドラマ「あなたには帰る家がある」以降、
    目立った仕事がなく、仕事をセーブして、結婚準備を進めていたとみられる。

    今年9月、中谷がフェヒナー氏の拠点、オーストリア・ザルツブルクで
    昨年9月ごろから家を借りて一緒に過ごすようになったと、週刊誌で報じられた。

    中谷も公式サイトの日記の中で、何度かザルツブルクでの生活について触れている。
    今年8月には「山の中で暮らしている」「我が家に引かれた水道は」と記しているほか、
    食材用に大葉やトマト、ルッコラなどを育てている様子などもつづっていた。

    引用元: ・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団22

    http://lavender.2ch.sc/test/read.cgi/classical/1535489395/ 【中谷美紀がウィーン・フィル団員ティロ・フェヒナー氏と結婚!】の続きを読む

    TB
    3


    エソテリックは、SACDハイブリッド盤「名盤復刻シリーズ」より、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルによる『ブラームス:交響曲全集』その他を収録する3枚組アルバムを、12月20日より発売。

    『ブラームス:交響曲全集 他』
    クラウディオ・アバド(指揮)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ・品番:ESSG-90192/94(3枚組)
    ・仕様:Super Audio CDハイブリッド
    ・定価:10,833円(税抜)

    本アルバムでは、アバド指揮ベルリン・フィルの演奏で、1988年から1991年にかけてデジタル録音された『ブラームス:交響曲全集』に、発売以来初めての本格的なDSDリマスタリングを施したというSACDハイブリッド盤。

    ブラームスの交響曲第1番から第4番に加え、『大学祝典序曲』『悲劇的序曲』『ハイドンの主題による変奏曲』も収録。

    またもデジタル録音初期の演奏をSACD化。この時期のDGだと4Dオーディオ録音(1992年開始)の直前のはずで、マスターも16bit/44.1kHzでしょう。それなら、かなり近い時期に行われたカラヤン指揮ベルリン・フィルによる全集ほか(1986年から1988年に録音)でも良かったかも。

    ハイビット録音以降の名演奏でというなら、ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団のものや、ラトル指揮ベルリン・フィルのものなどもありますが、このシリーズはどうもハイビット録音期以降のものは扱わないので、無理なのでしょう。あと、旧コロンビアの録音も使いませんね。

    なるほど、アナログ録音期も見てみても、なかなか4曲演奏の揃った全集は少ない気がします。個人的にはベーム指揮ウィーン・フィルの全集がハイレゾ化されて欲しいと思っています。

    …と思って調べてみたら、何とちょうど今、ベーム指揮ウィーン・フィルの全集がユニバーサルから初SACD化されるではないですか。
    https://tower.jp/article/feature_item/2018/11/15/1101?kid=psmcltw&sc_camp=64C5FF08E2C141F287F3D4140BE44AE5
    SACDシングルレイヤーということで、よりマニアックになりますが、クラシック音楽愛好家にはこちらも魅力的なアイテムとなりそう。両方買う人も少なくないのでしょうね…。

    【エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」よりアバド指揮 ブラームス:交響曲全集!】の続きを読む

    TB
    1: muffin ★ 2018/11/17(土) 19:05:30.71 ID:CAP_USER9
    https://www.narinari.com/Nd/20181152086.html
    2018/11/17 18:26

    11月16日に放送されたバラエティ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)で、人気コーナー「空耳アワー」のADに“衝撃の出来事”が起きたと紹介された。   

    それは今年8月末のこと。東京・神田神保町にあるレンタルCD店「ジャニス」が11月いっぱいで閉店するという情報が発表された。1981年以来、レコードやCD、DVDのレンタルを行い、“音の図書館”をコンセプトに廃盤や稀少盤など約8万枚を取り揃えていたという。  

    「空耳アワー」はコーナーが始まって以来、ジャニスから毎回80枚から100枚以上のCDを借りており、時にはそのレシートの長さは60センチ以上にもなったとのこと。ADらは「アフリカの音楽から東欧のロックまで揃えてあってジャニスさんで大部分カバーできた」「CDには歌詞が付いていて助かった」「閉店したらこれからどうやって音源を揃えればいいのか」といった声が上がる。

    ADらはジャニスに土下座して存続を願ったが、やはり無理であると言われてしまい、番組では「今後配信に頼るか……もしくはコーナーを止めるか」という声が上がっていた。

    no title

    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201811/17/20181117011.jpg

    引用元: ・【テレ朝】「タモリ倶楽部」に衝撃「空耳アワー」存続の危機か レンタルCD店閉店で音源入手困難に

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542449130/ 【「空耳アワー」存続の危機か レンタルCD店閉店で音源入手困難に!】の続きを読む

    TB
    YouTubePremium
    YouTubeは14日、音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」を日本で開始。広告付きの無料版と、広告無しでの音楽再生やオフライン再生などができる有料のPremium版も用意。月額はWebブラウザからの利用と、Android版が980円、iOS版が1,280円。

    広告付きの無料版と、月額980円からのYouTube Music Premiumを用意。Premiumでは広告無しでの再生や、楽曲のダウンロード機能、バックグラウンド再生も可能。

    スマートスピーカーのGoogle Home、Google Home Miniを購入すると、2019年4月8日までYouTube Music Premiumを無料で試せる特典も提供されます。

    Googleが展開している「Google Play Music」との連携も発表され、Google Play Musicのユーザーは自動的にYouTube Music Premiumも利用できる事、さらに、今後徐々にGoogle Play Musicは収束し、最終的にYouTube Musicへと統合する事も予告されています。

    また、14日から「YouTube Premium」という動画のYouTubeも含めた有料プランもスタート。月額利用料金はWebブラウザ、Android版が1,180円、iOS版が1,550円。このプランに加入すると、YouTube Music Premiumの機能が利用できるほか、動画のYouTubeも広告無しで再生、バックグラウンド動画再生、オフライン動画再生が可能。新たに日本で提供される「YouTube Originalsコンテンツ」の視聴も可能になります。

    【「YouTube Music」日本でスタート。広告付き無料、有料版は980円から!】の続きを読む

    このページのトップヘ