音響のまとめ

オーディオ、音響機器に関するニュース、情報をお伝えします!アナログからハイレゾまで!


    カテゴリ: 音楽

    ジェシー・ノーマン死去 74歳 ハイレゾ音源・SACDはある?1  2019年10月01日

    松任谷由実の全423曲のハイレゾ配信が9月18日に解禁!5  2019年09月18日

    「Apple Digital Masters」開始。24bitマスターでストリーミング高音質【ロスレスでもハイレゾでもありません】  2019年08月14日

    ブルーノ・ワルターの全ステレオ録音がSACD化!5  2019年08月10日

    「N国」に続く!?「JASRACから音楽を守る党」設立へ!【J音党】  2019年07月30日

    TB
    1


    20世紀終盤から現代を代表する世界的ソプラノ歌手であるジェシー・ノーマンさんが亡くなりました。74歳でした。

    力感に富んだスケール感の大きい表現力によって、とくに1980年代は世界的な人気と評価のあったソプラノ歌手です。

    当然、多数の録音があり、なかには最晩年のカラヤンと共演したDGへのライブ録音もありました(カラヤンがライブの正規録音を出すのは極めて珍しいこと。それだけ彼女を評価していた)。

    残念なのは、彼女(がメインの録音)のハイレゾ音源というのは配信、ハイレゾともにどうやら現時点では全くないようです。というのも、彼女の全盛期の有名録音はことごとく1980年代に集中しており(カラヤンとのライブも1987年)、ハイレゾ化の意味がないからかもしれません。

    実は1970年代のアナログ録音終期から録音はしていますが、世界的に有名になったのは、1982年録音の「R.シュトラウス:4つの最後の歌(伴奏:マズア指揮ゲヴァントハウス管弦楽団)からでした。所属レーベルが、現在ハイレゾ化どころかCD発売も少なくなっている、旧フィリップスであることも関係あるのかもしれません。

    となると、CD品位となりますが、CDを買うよりも、Amazon Music HDでCD品位の配信を聴けば、十分な音質で手軽に彼女の録音を堪能できます。クラシック音楽愛好家はもちろん、オーディオ愛好家のみなさんにもぜひ彼女の録音を聴いてみて欲しいと思います。

    【ジェシー・ノーマン死去 74歳 ハイレゾ音源・SACDはある?】の続きを読む

    TB
    1: 田杉山脈 ★ 2019/08/14(水) 17:32:35.71 ID:CAP_USER
    Appleは、iTunes向けに展開していた配信楽曲のマスタリングプログラム「Mastered for iTunes」を「Apple Digital Masters」にブランド変更し、順次Apple Musicで展開する。

    Mastered for iTunesは、iTunes専用のマスタリングにより「サウンドエンジニアの意図通りの音の再現」を目指したプログラム。iTunesのダウンロード楽曲向けに展開していたが、Apple Musicに拡大し、リブランドしたものが、「Apple Digital Masters」となる。

    Apple Musicのストリーミングやダウンロードの一部楽曲と、これまでの「Mastered for iTunes」全楽曲がApple Digital Mastersプログラムとなる。これに伴うApple Musicの料金変更などはない。

    楽曲形式はAACでビットレートは256kbpsと、従来のiTunesなどと変わらないが、Apple Digital Mastersの楽曲は、24bitのマスター音源を使ってエンコードされる点が特徴(通常のApple Music楽曲は最低16bit/44.1kHzのマスター)。

    また、Mastered for iTunesと同じプログラムの名称変更だが、Apple Digital Mastersではエンコーダーの性能が向上しているため、「Mastered for iTunesからの音質の向上はすべてApple Musicでのストリーミングで得られる」という。

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1201523.html

    引用元: ・【音楽】「Apple Digital Masters」開始。24bitマスターでストリーミング高音質

    http://egg.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1565771555/

    【「Apple Digital Masters」開始。24bitマスターでストリーミング高音質【ロスレスでもハイレゾでもありません】】の続きを読む

    TB
    5

    ブルーノ・ワルターの全ステレオ録音がついにSACD化されます。ワルターのステレオ録音の一部は、SACD発売時の1999年にある程度まとめてSACD化されましたが、ソニーによるハイレゾ化はそれっきり(HDTTによるハイレゾ化は一部あり)。

    また、SACD発売分もDSDでの配信もなく、1960年代にまとまって録音を残した大家にしてはさみしい状況でした。
    【ブルーノ・ワルターの全ステレオ録音がSACD化!】の続きを読む

    TB
    1: アンドロメダ ★ 2019/07/29(月) 01:45:35.44 ID:gA8IsWmu9
    「現在JASRACから音楽を守る党の設立準備を進めております」――。
    ツイッター上でこうつぶやいたアカウントが1万リツイート以上され話題を呼んだ。

    「JASRACの不当行為を是正するための政治団体」の設立に向けて動き始めている男。
    音大を卒業し、会社経営の傍ら、クラリネット奏者でもある工藤尚規(なおき)さん。
    彼は2019年7月26日、電話口で、その構想案をJ-CASTニュース編集部に明かした。

    発起人の工藤さんは音楽大学を卒業し、その後中古パソコンなどの買取・販売やアーティストマネジメントなどを行う合同会社「初音(はつね)」の代表である。
    アニメ・ゲームの演奏会の企画に加え、YouTuberとしての一面ももっている。

    自分の中で洗い出されている「問題点」はホームページに訴えていくつもりだ。
    工藤さんは口酸っぱく「JASRACの解体を目的にしている訳ではない」という。
    「JASRACの問題を法律改正により改善したいという想いがあります」と焦点は法改正のようだ。

    改善したい、是正しなくてはならない問題を3つあげた。
    (1)音楽教室の著作権料支払い問題
    (2)包括契約の問題
    (3)著作権料の支払いに関する問題

    ツイッターのアイコンは「J音党」。読み方はまだ決めていないという。
    アカウント名の「設立準備会」という表記について「本当に党として活動するときに外す」と述べた。

    資金が集まらなければ「素直に受け止めて、解散する」らしい。
    「長い時間をかけて国政選挙へ向けて準備」をしていくそうだ。

    ▽記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    no title

    https://www.j-cast.com/2019/07/26363676.html?p=all

    引用元: ・【音楽】「JASRACから音楽を守る党」が誕生 ツイッターで準備会が始動 発起人に話を聞いた

    http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564332335/ 【「N国」に続く!?「JASRACから音楽を守る党」設立へ!【J音党】】の続きを読む

    このページのトップヘ