s01_s (4)
スペックは、プリメインアンプ「RSA-BW7」を発表した。クラスD方式のアナログアンプで、価格は349,800円。

アナログ電子アッテネーターとアナログPWM方式のクラスD・パワー段を組み合わせており、パワー段の直前にアナログ電子アッテネーターを配置することで最大レベルで伝送されてくる音楽信号を、音量調整のコントロール信号を受けたアナログ電子アッテネーターで音量調整。パワー段の高効率FETで増幅している。この方式を「ピュア・ダイレクトシステム」と名付けている。

最大出力は100W×2(4Ω)、周波数特性は10Hz~30kHz(±1dB/6Ω/1W)。高周波歪率は0.02%(1kHz/80%出力時)。入力端子はバランス入力×1、RCAアンバランス×3。スピーカー端子は1系統。消費電力は最大出力時で150W(8Ω/100Hz)。外形寸法は350×375×95mm(幅×奥行き×高さ)、重量は7kg。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1456880.html



スポンサーリンク


▶ 【最大10,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく