エミライはFiiOの小型据置ヘッドホンアンプ「K5 Pro ESS」を1月14日に発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は26,400円前後。外形寸法は120146.5×55mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約480g。

従来モデル「K5 Pro」搭載していたDACチップ・旭化成エレクトロニクス「AK4493EQ」から、ESS Technologyのポータブル向けDACチップのフラッグシップモデル「ES9038Q2M」に変更したモデル。

DACチップの変更などに伴い、THD+Nを約50%向上、チャンネルセパレーションは最大8dB向上しているとしています。

入力端子はUSB、光デジタル、RCA同軸デジタル、RCAアナログを搭載。USB入力時、PCMでは最大768kHz/32bit、DSDでは最大DSD512(Native)のデコードが可能。

ヘッドホン出力は6.35mm。ゲイン調整は低、中、高の3段階。

可変RCA出力も備えており、アクティブスピーカーや外付けパワーアンプとも組み合わせられます。



スポンサーリンク


▶ 【最大10,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく