オーツェイドは、バランス接続に特化したintimeブランドのカナル型イヤフォンのフラグシップモデル「intime 翔 (Show) 」を9月中旬より発売。価格は税抜き6万円(受注生産・キャンセル不可)。




スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく

購入時に付属ケーブルのプラグ形状を2.5mm4極バランスと4.4mm4極バランスから選択します。Pentaconn EARを採用しており、リケーブルも可能。

ドライバーはチタンコートの10mm径ダイナミック型と、従来モデル「煌」や「轟」、「intime 碧ーTi3」にて実績のあるピエゾセラミックを2枚用いたVST2によるハイブリッド構成。

intime 翔に搭載するVST2は、セラミック材料の種々改善を進め、直線性、感度など高品位ツイーターとしてのパフォーマンスも大きく向上した第3世代のVST2としています。

さらに、intime 碧ーTi3で用いたHDSS技術やチタンコートウーファーとの組み合わせにより、高い解像度と、量感がありながらレスポンスのよいサウンドを両立したとしています。

筐体は軽量なチタン製。筐体の全ての内部配線用ケーブルには日本製の4N純銀撚り線と7N水準高純度無酸素銅撚り線のハイブリッド構成を採用しているのも特徴。

MMCXコネクタに比べて約1/4以下の接点抵抗を持ち、抜き差しによる接点抵抗のバラツキも低減するPentaconn Earを採用しているのも大きな特徴。付属ケーブルには日本ディックス製の高純度OFC銀コート・バランス接続ケーブルを採用。

再生周波数帯域は10Hz~55kHz。音圧レベルは100dB/mW。インピーダンスは22Ω。

アコースチューン製イヤピース「AET07」(S/M-/M/L)、本革キャリーケース、コードスライダー一式(専用ネジ×3、六角レンチ×1)、intimeミニポーチ、Pentaconnオリジナルコードリールなどが付属。

ブランドとしては最上位ですが、価格感覚が麻痺している業界にあっては、それほど高くないというのが実情。この価格で満足度が高い音が出せれば、かなりコスパの高いイヤホン、という評価を得られるとは思います。

少数派の規格ではありますが、リケーブルに対応しているのは同ブランドの愛好家にとってはうれしいポイントでしょう。(MMCX to PENTACONN EAR 変換ケーブルもあることにはあります)