TaoTronicsブランドから、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン“PURECORE”「TT-BH1003」が8月7日よりまずe☆イヤホンにて先行発売し、その後全国の販売店でも順次発売。税込9,980円前後での実売が想定されます。

AirPodsタイプ(いわゆるうどん形状)のカナル型デザインと騒音低減率25dBを謳うアクティブノイズキャンセリング機能(ANC)を搭載。

10mmの大型ダイナミックドライバーを搭載しており、低域は強く、中高域を癖のない聴きやすいサウンドにチューニングしたとしています。遮音性の高いカナル型デザインとANC機能により、音楽に深く没頭できるとしています。

BluetoothコーデックはAAC/SBCをサポート。連続再生時間はANCオン時で最大約5時間20分、ANCオフ時で最大約6時間。専用ケースでの充電を含めれば約20時間の連続利用が可能。その他、イヤホン本体はIPX4の防水仕様で、専用ケースの充電端子はUSB Type-Cを採用。イヤホン本体の質量は約6.5g(片側)。

先に発売されているMpowのX3 ANCや、同時発売のドン・キホーテ「UNNOISE T1」など、税込みで1万円を切るアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンが続々登場してきています。

本機のBluetoothチップはMpowのX3 ANCと同じ「RTL8773B」と推測されるので、ANCの性能は同様でしょう。そのほか、音質や装着感はメーカーごとの違いは出てくるでしょう。



スポンサーリンク


▶ 【最大5,000ポイント還元】 ポイントアップキャンペーン エントリーページ
▶ Amazonお買い物ガイド
▶ いろんな「はじめて」でポイントプレゼント
▶ 【置き配指定】もっと受け取りやすく